岡田唯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
岡田 唯
生誕 (1987-12-28) 1987年12月28日(29歳)
出身地 日本の旗 日本大阪府八尾市
ジャンル J-POP
職業 歌手
タレント
担当楽器
活動期間 2004年 - 2010年
公式サイト 岡田唯のまったりブログ

岡田 唯(おかだ ゆい、1987年12月28日 - )は、日本の元歌手タレント。元ハロー!プロジェクトの一員で、美勇伝(びゆうでん)の元メンバー。大阪府八尾市出身。血液型はA型、身長は158.5cm。

略歴[編集]

  • 2004年6月、「ハロプロ エッグ オーディション2004」に合格する。
  • 2004年8月、当時モーニング娘。のメンバーだった石川梨華、「ハロー!プロジェクト 新ユニットオーディション」唯一の合格者である三好絵梨香と共に「美勇伝」を結成。
  • 2004年9月、美勇伝としてのデビュー曲「恋のヌケガラ」が発売される。
  • 2006年1月、キックベースボールチーム 「メトロラビッツH.P.」に入団。
  • 2006年2月、1stソロ写真集「I DOLL」発売。
  • 2006年3月、1stソロDVD「I DOLL」発売。
  • 2008年6月、美勇伝活動終了。以後は、グラビアやバラエティー番組を中心に活動していく、と発表される。
  • 2009年3月31日、ハロー!プロジェクトから卒業。これに先駆け2月にアップフロント本部(東京)からアップフロント関西(大阪)に移籍し、活動の拠点を関西中心に移す。
  • 2010年2月7日、Twitterを開始。
  • 2010年6月23日、芸能活動を一旦終了する旨発表[1][2]
  • 2010年6月30日、アップフロント関西とのタレント契約終了。
  • 2013年2月、ブログを開設。

人物[編集]

性格、身体[編集]

  • 愛称は唯ちゃんゆいやんおかやん等。松浦亜弥に憧れていた事から、自分のことをおややと名乗る事もある。
  • かなりのマイペースである。話すスピードは結構遅い。しかし、プライベートではかなり喋るらしい。天然ボケな面もあるが、本人は「天然ではないです」と言っている。大阪弁が抜けていない[3]。2006年9月開催の『スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ』公開記念イベントの際、深作健太監督より「標準語がしゃべれないと思った」と指摘されている[4]
  • 左利きである。握力が強く腕相撲に強い。石川梨華曰く「辻希美並みの腕力」。又描く絵はとても上手い[3]
  • ハロー!プロジェクト屈指の巨乳である。その為「岡パイ(π)」と呼ぶ人も多い(吉澤ひとみ三好絵梨香新垣里沙など)。ソロでの写真集・DVDが発売される等、グラビアアイドル的な売り出しもされている[3]ハロモニ。劇場に「ハロモニ。女子学園」バレー部員の役で出演する時、毎回必ずレシーブのポーズを自ら率先して取り、それと同時に「キュッ」と声を発していた。

趣味、嗜好[編集]

  • 仕事先に持ってくるカバンはとても大きく、その中にはいつも「お菓子」と「塩」が入っている[3]
  • 苦手な食べ物は豚肉イクラナスも上京して間もない頃までは嫌いだった[3]

家族、交友[編集]

  • 弟と妹がいる[3]
  • 三好絵梨香とは仲が良く、三好は良く岡田の家に遊びに来たり泊まったりしている。家のエアコンの掃除を三好にして貰った事がある。2人の時は、かなりはっちゃけてて面白いトークを繰り広げるという[3]
  • 道重さゆみとも仲がよく、道重も岡田の家に泊まりに行ったことがある[3]

エピソード[編集]

  • 勉強が苦手で、おバカタレントとしても有名。クイズ特番「おとなの学力検定スペシャル小学校教科書クイズ!」では珍回答を連発、2008年9月30日放送分、2009年1月3日放送分、2009年3月22日放送分と3回連続30人中最下位に終わり、同番組でのワースト記録を樹立した[5]
  • 芸能活動終了の理由は、ヘアメイクやスタイリストなどを一度本格的に勉強したいとのこと。

作品[編集]

映像作品[編集]

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • パパ -泥棒と少女は、親子になった?-(2009年8月、京橋花月

コンサート[編集]

  • 真野恵里菜デビューコンサート「プロローグ 〜乙女の祈り〜」(2009年6月14日、松下IMPホール)
  • TANOSINA STAGE Vol.2 〜なんやて!?梅田でライブやて!〜(2009年9月19日、梅田AKASO)
  • TANOSINA STAGE Vol.3 〜2009年歌い納め。梅田270⇒〜(2009年12月27日、梅田AKASO)
  • TANOSINA STAGE Vol.4 〜今年も梅田でやったるでぇー!〜(2010年1月24日、梅田AKASO)
  • TANOSINA STAGE Vol.5 〜花見は梅田でできるやん!〜(2010年3月22日、梅田AKASO)
  • TANOSINA STAGE Vol.6 〜ほな、梅田で。〜(2010年5月22日、梅田AKASO)

イベント[編集]

  • 4月度・9月度ハロー!プロジェクト ファンクラブ限定イベント(2005年4月1日、9月6日、13日、パシフィックヘブン
  • ファンクラブ限定 三好絵梨香&岡田唯 日帰りバスツアー in 相模湖(2008年10月12日)
  • 2008年12月度 三好絵梨香/岡田唯カジュアルディナーショー(2008年12月6日 大阪 フラミンゴ ジ アルーシャ・7日 東京 RESTAURANT For ETERNITY)
  • 第39回神戸まつり ラジオ関西おまつり広場(2009年7月19日)
  • 岡田唯&SI☆NA LUNCH TIME PARTY『n.』(2009年7月25日、ダイジェスト〈ナンバヒップス〉)
  • ハロー!プロジェクトオフィシャルショップ イオンモール伊丹テラス臨時店 岡田唯・SI☆NA来店イベント(2009年10月3-4日、イオンモール伊丹テラス)
  • 岡田唯&SI☆NA LUNCH TIME PARTY『しょうゆやないやろ、ソースやろぉ。』(2009年11月21日、ダイジェスト〈ナンバヒップス〉)
  • 2009年12月度 三好絵梨香/岡田唯カジュアルディナーショー(2009年12月20日 大阪 フラミンゴ ジ アルーシャ・23日 東京 Splash)

書籍[編集]

写真集[編集]

所属ユニット[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 岡田唯に関するお知らせ(2010年6月23日) Archived 2016年3月5日, at the Wayback Machine.
  2. ^ 元美勇伝、岡田唯が引退「美容の勉強を」(2010年6月23日サンケイスポーツ芸能欄より) Archived 2010年6月26日, at the Wayback Machine.
  3. ^ a b c d e f g h 月刊De☆View 2009年9月号 インタビュー
  4. ^ 2006年9月30日 日刊スポーツ 芸能面 他各紙面
  5. ^ エンタメ総合モバイルポータルサイト「元美勇伝・岡田唯、矢口真里も唖然のおバカぶり発揮で、ハロプロきっての注目株に!?」

関連項目[編集]

外部リンク[編集]