ジェイコムウエスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ジュピターテレコム > ジェイコムウエスト
BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。
株式会社ジェイコムウエスト
J:COM West Co.,Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
540-0012
大阪府大阪市中央区谷町2丁目3番12号
マルイト谷町ビル7階
設立 1997年平成9年)2月3日
業種 情報・通信業
法人番号 2120001080845
事業内容 有線テレビジョン放送事業
有線ラジオ放送事業
電気通信事業
代表者 原 清(代表取締役社長)(2018年(平成30年)7月1日現在)
資本金 155億円(2018年(平成30年)7月1日現在)
主要株主 株式会社ジュピターテレコム
近鉄グループホールディングス株式会社
大阪府大阪市
朝日放送株式会社
株式会社読売新聞大阪本社
株式会社きんでん
株式会社毎日放送
株式会社OMこうべ
兵庫県神戸市
ナカバヤシ株式会社
外部リンク https://group-companies.jcom.co.jp/west/
テンプレートを表示

株式会社ジェイコムウエストは、大阪府大阪市中央区に本社を置き、放送法の規定する一般放送(有線一般放送)に基づく有線テレビジョン放送(ケーブルテレビ)18局(23施設)を運営し、放送テレビラジオ)、通信インターネットIP電話)を業務する、株式会社ジュピターテレコム(J:COM)の連結子会社である。会社呼称は「J:COM ウエスト」。

概要[編集]

株式会社ジュピターテレコムが全額出資する、関西地域の統括会社(MSO)として、1997年平成9年)2月3日株式会社ジュピター関西として設立された会社。

1999年(平成11年)1月1日に、株式会社ジュピター宝塚川西、株式会社ジュピターかわちおよび株式会社ジュピター和歌山を吸収合併し、その際に商号株式会社ジェイコム関西に変更し、2008年(平成20年)1月1日にはケーブルウエスト株式会社および北摂ケーブルネット株式会社を吸収合併し、その際に商号を株式会社ジェイコムウエストに変更した。

2008年(平成20年)1月の時点で総加入世帯数で約84万2,000世帯、ホームパスで約328万世帯となり日本国内最大のケーブルテレビ局となった。

沿革[編集]

  • 1996年(平成8年)
    • 1月25日
      • 「株式会社ジュピター宝塚川西」が設立。
    • 4月16日
      • 「北摂ケーブルネット株式会社」が設立。
    • 6月19日
      • 「株式会社ジュピターりんくう」が設立。
    • 7月1日
      • 「株式会社ジュピターかわち」が設立。
    • 9月2日
      • 「株式会社ジュピター和歌山」が設立。
  • 1997年(平成9年)
    • 2月3日
      • 株式会社ジュピター関西」として設立。
  • 1999年(平成11年)
    • 1月1日
      • 株式会社ジュピター宝塚川西、株式会社ジュピターかわち、および株式会社ジュピター和歌山を吸収合併
      • 商号を「株式会社ジェイコム関西」に変更。
    • 9月1日
      • 株式会社ジュピターりんくうを吸収合併。
  • 2001年(平成13年)
    • 1月1日
      • 堺ケーブルテレビ株式会社を吸収合併。
  • 2002年(平成14年)
    • 1月1日
      • 大阪ケーブルテレビ株式会社を吸収合併。
    • 11月1日
      • 和泉シーエーティヴィ株式会社を吸収合併。
  • 2004年(平成16年)
    • 8月1日
      • 泉大津ケーブルテレビ株式会社を吸収合併。
  • 2005年(平成17年)
  • 2008年(平成20年)
  • 2009年(平成21年)
    • 5月1日
      • 北河内ケーブルネット株式会社を吸収合併。
  • 2013年(平成25年)
    • 1月1日
      • 株式会社ケーブルネット神戸芦屋、吹田ケーブルテレビジョン株式会社、豊中・池田ケーブルネット株式会社、高槻ケーブルネットワーク株式会社、および東大阪ケーブルテレビ株式会社を吸収合併。

事業所[編集]

本社
  • 本社
    • 大阪市中央区谷町2丁目3番12号 マルイト谷町ビル
事務所
  • J:COM 宝塚・川西
  • J:COM かわち
  • J:COM 和歌山
  • J:COM りんくう
    • 大阪府泉佐野市りんくう往来南2-2 りんくうエルガビル4F
  • J:COM 堺
  • J:COM 大阪
  • J:COM 和泉・泉大津
  • J:COM 南大阪
  • J:COM 北摂
  • J:COM 大阪セントラル
  • J:COM 京都みやびじょん
  • J:COM 北河内
  • J:COM 吹田
    • 大阪府吹田市朝日町1-501 吹田さんくす壱番館
  • J:COM 豊中・池田
    • 大阪府豊中市岡上の町2-1-8 とよなかハートパレット2階
  • J:COM 高槻
  • J:COM 東大阪
  • J:COM 神戸・芦屋
  • J:COM 神戸・三木

提供区域内自治体[編集]

J:COM 宝塚・川西[編集]

J:COM かわち[編集]

J:COM 和歌山[編集]

J:COM りんくう[編集]

J:COM 堺[編集]

J:COM 大阪[編集]

J:COM 和泉・泉大津[編集]

J:COM 南大阪[編集]

J:COM 北摂[編集]

J:COM 大阪セントラル[編集]

J:COM 京都みやびじょん[編集]

J:COM 北河内[編集]

J:COM 吹田[編集]

J:COM 豊中・池田[編集]

J:COM 高槻[編集]

J:COM 東大阪[編集]

J:COM 神戸・芦屋[編集]

J:COM 神戸・三木[編集]

業務内容[編集]

統一サービス
  1. J:COM TVテレビ放送サービス[注 1]
    1. 双方向機能STBインターネット接続サービス)
    2. インタラクTV(STBテレビ向け情報サービス)
    3. ナビシェル(STB向けご案内画面サービス)
    4. J:COMオンデマンドVODサービス)
    5. リモート録画予約(番組録画予約)
    6. ジェイコム マガジン(番組ガイド誌)
    7. J:COMチャンネル番組ガイド(地域情報誌)
    8. J:COMチャンネル大阪(第一コミュニティチャンネル)
    9. J:COMチャンネル兵庫(第一コミュニティチャンネル)
    10. J:COMチャンネル和歌山(第一コミュニティチャンネル)
    11. J:COMチャンネル京都(第一コミュニティチャンネル)
    12. J:COMテレビ(第二コミュニティチャンネル)
  2. J:COM NET(インターネット接続サービス)
    1. ZAQインターネットサービスプロバイダ
    2. J:COM WiMAX 2+(4G(WiMAX)サービス[注 2]
  3. J:COM PHONE固定電話CATV電話)サービス)
    1. J:COM PHONEプラス(VoIP方式(プライマリ電話)サービス[注 3]
  4. J:COM 電力
  5. J:COM MOBILE4GLTE)サービス[注 4]
付加サービス

J:COM TV[編集]

地上デジタル放送・FMラジオ[編集]

  • J:COM 宝塚・川西
  • J:COM かわち
  • J:COM 和歌山
  • J:COM りんくう
  • J:COM 堺
  • J:COM 大阪
  • J:COM 和泉・泉大津
  • J:COM 南大阪
  • J:COM 北摂
  • J:COM 大阪セントラル
  • J:COM 京都みやびじょん
  • J:COM 北河内
  • J:COM 吹田
  • J:COM 豊中・池田
  • J:COM 高槻
  • J:COM 東大阪
  • J:COM 神戸・芦屋
  • J:COM 神戸・三木

BSデジタル放送・専門チャンネル[編集]

J:COM NET[編集]

主なサービス[編集]

J:COM PHONE[編集]

コミュニティチャンネル[編集]

  • J:COM 宝塚・川西
  • J:COM かわち
  • J:COM 和歌山
  • J:COM りんくう
  • J:COM 堺
  • J:COM 大阪
  • J:COM 和泉・泉大津
  • J:COM 南大阪
  • J:COM 北摂
  • J:COM 大阪セントラル
  • J:COM 京都みやびじょん
  • J:COM 北河内
  • J:COM 吹田
  • J:COM 豊中・池田
  • J:COM 高槻
  • J:COM 東大阪
  • J:COM 神戸・芦屋
  • J:COM 神戸・三木

放送番組[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 地上デジタル放送BSデジタル放送も視聴可能。
  2. ^ KDDIグループのUQコミュニケーションズのWiMAX回線にて、J:COMが仮想移動体通信事業を行っている。
  3. ^ 電話システムは、KDDIケーブルプラス電話を卸採用している。
  4. ^ KDDIまたはNTTドコモのLTE回線にて、J:COMが仮想移動体通信事業を行っている。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]