ジェイコム東京

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジュピターテレコム > ジュピターテレコム ケーブルTV事業部門 > ジェイコム東京
BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。
株式会社ジェイコム東京
J:COM Tokyo Co., Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
177-0033
東京都練馬区高野台5丁目22番1号
設立 1987年昭和62年)5月19日
業種 情報・通信業
事業内容 有線テレビジョン放送事業
有線ラジオ放送事業
電気通信事業
代表者 國分 孝夫(代表取締役社長
2016年(平成28年)10月1日現在)
資本金 75億2400万円
(2016年(平成28年)10月1日現在)
主要株主 株式会社ジュピターテレコム
KDDI株式会社
京王電鉄株式会社
パイオニア株式会社
東京都練馬区
東京都杉並区
東京都墨田区
東京都台東区
東京都小金井市
東京都国分寺市
東京都府中市 ほか
外部リンク http://group-companies.jcom.co.jp/tokyo.html
テンプレートを表示

株式会社ジェイコム東京(ジェイコムとうきょう)は、東京都練馬区に本社を置き、放送法の定義する一般放送(有線一般放送)に基づく有線テレビジョン放送(ケーブルテレビ)4局(5施設)を運営し、放送テレビラジオ)、通信インターネットIP電話)を業務する、株式会社ジュピターテレコム(J:COM)の連結子会社である。会社呼称は「J:COM 東京」。

概要[編集]

ジュピターテレコムが最初にMSO業務を(東・西・南エリアで)開始した会社である。

2008年(平成20年)1月31日に、電気通信役務利用放送法に基づき、電気通信役務利用放送事業者に登録。 翌日(2月1日)より、電気通信役務利用放送法による有線役務利用放送に移行し業務開始。

沿革[編集]

事業所[編集]

本社・事務所

提供区域内自治体[編集]

J:COM 東京[編集]

J:COM すみだ・台東[編集]

業務内容[編集]

統一サービス
  1. J:COM TVテレビ放送サービス[備考 2]
    1. 双方向機能STBインターネット接続サービス)
    2. インタラクTV(STBテレビ向け情報サービス)
    3. ナビシェル(STB向けご案内画面サービス)
    4. J:COMオンデマンドVODサービス)
    5. リモート録画予約(番組録画予約)
    6. ジェイコム マガジン(番組ガイド誌)
    7. J:COMチャンネル番組ガイド(地域情報誌)
    8. J:COMチャンネル東京(第一コミュニティチャンネル)
    9. J:COMテレビ(第二コミュニティチャンネル)
  2. J:COM NET(インターネット接続サービス)
    1. ZAQインターネットサービスプロバイダ
    2. J:COM WiMAX 2+(4G(WiMAX)サービス[備考 3]
  3. J:COM PHONE固定電話CATV電話)サービス)
    1. J:COM PHONE回線交換方式サービス)
    2. J:COM PHONE-iVoIP方式プライマリ電話)サービス)
    3. J:COM PHONEプラス(VoIP方式(プライマリ電話)サービス[備考 4]
  4. J:COM 電力
  5. J:COM MOBILE4GLTE)サービス[備考 5]
付加サービス

J:COM TV[編集]

地上デジタル放送・FMラジオ[編集]

  • J:COM 東京
  • J:COM すみだ・台東

BSデジタル放送・専門チャンネル[編集]

J:COM NET[編集]

主なサービス[編集]

J:COM PHONE[編集]

コミュニティチャンネル[編集]

  • J:COM 東京
  • J:COM すみだ・台東

放送番組[編集]

備考・脚注[編集]

[ヘルプ]

脚注[編集]

  1. ^ 連結子会社の合併に関するお知らせ (PDF)”. 株式会社ジュピターテレコム (2008年7月1日). 2016年1月26日閲覧。[リンク切れ]
  2. ^ 連結子会社の合併に関するお知らせ”. 株式会社ジュピターテレコム (2010年7月30日). 2016年1月26日閲覧。
  3. ^ J:COM NETの新ISPブランド 「ZAQ(ザック)(ずっと、安心のクオリティ)」〜サービスキャラクターとして「ざっくぅ」が登場〜”. 株式会社ジュピターテレコム (2011年10月18日). 2016年1月27日閲覧。

備考[編集]

  1. ^ 当初は3月17日に稼働予定だったが東日本大震災の影響により延期。
  2. ^ 地上デジタル放送BSデジタル放送も視聴可能。
  3. ^ KDDIグループのUQコミュニケーションズのWiMAX回線にて、J:COMが仮想移動体通信事業を行っている。
  4. ^ 電話システムは、KDDIケーブルプラス電話を卸採用している。
  5. ^ KDDIまたはNTTドコモのLTE回線にて、J:COMが仮想移動体通信事業を行っている。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]