ZAQ (インターネット接続サービス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ZAQ(ザック)は、ジュピターテレコムが展開するケーブルテレビインターネット接続サービスのブランド名。「ZAQ」は「Zone Access & Quality」の略だが、2013年現在は「ずっと、安心のクオリティ」(Zutto、Anshin、Quality)のキャッチコピーを使用している。

概要[編集]

1998年4月に関西電力ジュピターテレコム(J:COM)・住友商事・松下電器産業(現パナソニック)などが中心となって関西マルチメディアサービス株式会社(KMS)を設立、同年11月サービス提供を開始。

2006年1月にジュピターテレコムが関西電力グループ・住友商事からKMS株式を取得、連結子会社化。のちにJ:COMの完全子会社としている。

2011年4月、同じくJ:COM子会社のテクノロジーネットワークスがKMSを合併(存続会社はテクノロジーネットワークス)。同社は関西地区以外では「@NetHome」のブランド名でサービスを提供していたが、関西地区では引き続き「ZAQ」のブランドを使用。2011年10月からは、関西地区以外でもJ:COMのインターネットサービスのブランド名として展開している。

2014年7月にジュピターテレコム(J:COM)がテクノロジーネットワークスを吸収合併し、ジュピターテレコムのサービスブランドとなった。

沿革[編集]

提携CATV局[編集]

対象エリア一覧を参照。

マスコット[編集]

マスコットキャラクターとして、目と口が「Z、A、Q」の文字で構成された「ざっくぅ」がある。2003年3月9日生まれで、種類は「もののけ」。身長90mm、体重3グラム[4]。表情は「めあき(ZAQ)」「めとじ(-A-)」の2種類しかないが、行動で喜怒哀楽を表現する。

2010年に『リビング新聞』(サンケイリビング新聞社)と同紙ウェブサイト「えるこみ」で実施した「大阪・兵庫発 企業きゃら選手権2010」で、ざっくぅがグランプリを受賞した[5][6]

関西地区以外でも、2010年11月3日にはJ sports 2(現J SPORTS 2)でCMが大量オンエアされたほか、「E.N.G.」、「Foot!」などの番組でざっくぅがスタジオに飾られた[7]

ZAQの全国展開に伴い、ざっくぅもJ:COM NETのキャラクターとして起用されている。

グッズも存在し、東京ソラマチ5階の「J:COM Wonder Studio」併設のショップ「ZAQ STORE」、ジェイコムショップ等系列店舗の一部、「ざっくぅオンラインショップ: ZAQ STORE」等で販売されている。 LINEスタンプにも登場している。

大阪モノレール山陽バスの一部路線では、J:COM広告として、ざっくうのラッピング車両が走っている。

出典[編集]

外部リンク[編集]