笠原桃奈

半保護されたページ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

かさはら ももな
笠原 桃奈
プロフィール
別名義 MOMONA[1]
愛称 桃奈[2]
かっさー[3]
生年月日 2003年10月22日
現年齢 20歳
出身地 日本の旗 日本 神奈川県[4][5]
血液型 A型[4]
公称サイズ(2023年12月[4]時点)
身長 163 cm
活動
デビュー 2016年
ジャンル 歌手アイドル
所属グループ アンジュルム(2016年7月 - 2021年11月)[6][7]
ME:I(2023年12月 - )[8]
活動期間 2015年 - 2021年
2023年 -
他の活動 女優
事務所 アップフロントプロモーション(2015年 - 2021年)
LAPONEエンタテインメント(2023年 - 2024年)
株式会社LAPONE GIRLS(2024年 - )
レーベル hachama(2016年 - 2021年)
LAPONE GIRLS(2024年 - )
公式サイト プロフィール
アイドル: テンプレート - カテゴリ

笠原 桃奈(かさはら ももな、2003年平成15年〉10月22日 - )は、日本歌手アイドル女優であり、ガールズグループ・ME:Iのメンバーおよび同グループのリーダー[4][9]、女性アイドルグループ・アンジュルムの元メンバーである[5]。ME:Iでの活動名はMOMONA[1]神奈川県出身[4]。身長163cm[4]。所属事務所はLAPONE GIRLS

略歴

2003年(平成15年)10月22日に生まれる[4]。3歳の頃から9年間、バレエを経験した[5][10]。2013年から2回、モーニング娘。のオディションに応募するが、いずれも合格には至らなかった(後述[11]

2015年(平成27年)4月1日、ハロプロ研修生となる[11]

2016年(平成28年)5月5日に行われた『ハロプロ研修生 発表会2016 〜春の公開実力診断テスト〜』(中野サンプラザ)にて、モーニング娘。の「愛しく苦しいこの夜に」を披露し、ベストパフォーマンス賞を受賞した[12][13]。7月16日、日本特殊陶業市民会館にて行われた『Hello! Project 2016 SUMMER 〜Sunshine Parade〜 / 〜Rainbow Carnival〜』の初日公演において、アンジュルムに加入することが発表される[6][14]。同年10月19日、アンジュルムの22ndシングル『上手く言えない/愛のため今日まで進化してきた人間 愛のためすべて退化してきた人間/忘れてあげる』で、同グループの音楽作品に初めて参加した[15]

2021年(令和3年)6月21日、年内でアンジュルムならびにハロー!プロジェクトから卒業するとともに[16]、卒業後は一度芸能界を離れ、海外で歌とダンスの勉強を行う予定であることを発表した[16]。同年11月15日、日本武道館にて卒業公演『アンジュルムコンサート2021「桃源郷~笠原桃奈 卒業スペシャル~」』が開催された[17][7]。同公演をもってアンジュルムならびにハロー!プロジェクトを卒業し、アップフロントプロモーションとの専属契約を終了した[17][7]。同日、蒼井優菊池亜希子がダブル編集長を務めた自身のラストフォトブック『Dear sister』(オデッセー出版)が発売された[注 1][20]

2023年(令和5年)9月3日、サバイバルオーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN THE GIRLS』に101練習生として出演することが発表される[21]。同年10月5日より配信が開始された同番組内の「国民投票」と呼ばれる視聴者投票において[22][23]、第1回は1位、第2回は3位、第3回は1位を獲得する[24]。同年12月16日、TBS系列で生放送された同番組の最終回で最終順位が発表され、得票数111万6716票で1位を獲得し、ガールズグループ・ME:Iとしてのデビューが決定した[8][25]

2024年(令和6年)2月26日、ME:Iのリーダーに就任したことが発表される[9]。同年4月17日に発売されたME:Iの1stシングル『MIRAI』のA面「Click」で、センターポジションを担当した[26][27]

人物

愛称は、桃奈[2]かっさー[2]。アンジュルム時代は、「アンジュルムの大型犬」とも呼ばれていた[28][29]。三姉妹の長女で、妹が2人いる[30]歌手瑛人とは親戚の関係にあたる[31]

座右の銘は、「日の光を借りて照る大いなる月たらんよりは、自ら光を放つ小さな灯火たれ」[5][32]

2019年4月、伸ばしていた髪を切り、がん治療や脱毛症等で悩む人々の医療用ウィッグを作る活動「ヘアドネーション」に寄付したことを発表した[33]

憧れの人物は和田彩花[34]

交友関係

ハロプロ研修生の同期だった金津美月と仲が良く、金津からは「桃吉」と呼ばれている[35]

特技・趣味・嗜好

特技は、ダンス[5]アクロバット[36]、文章を書くこと[37]。ハロー!プロジェクトやアンジュルムのファンである女優の蒼井優は「言葉の選び方と感じ方が、本当に素晴らしい」と評価し[19]、ME:Iのメンバーとしては「ハンサムガールで毎回驚かせてくれるのに安心してついていける」と評価している[38]

趣味として、フィルムカメラ[39]、読書[40]、音楽鑑賞[3]、映画鑑賞[41]、サイクリング[42]を挙げている。

好きな音楽のジャンルは、ジャズ[37]クラシック[5]で、1番好きな楽曲はBTSの「EPILOGUE : Young Forever」[37][43]

好きな食べ物は、[42]チョコレート[36]

好きな動物は、で、オカメインコを飼っている[44]。また、深海魚が好き[45]。小学6年の頃は飼育委員長を務めていた[46]

ハロー!プロジェクト

アンジュルム時代の公式ニックネームはかっさー[5]メンバーカラー    ホットピンク[6]

2013年、『モーニング娘。12期メンバー「未来少女」オーディション』に応募するが、募集時点で10歳になっていなかったため、選考対象から外された[11][47]2014年には、『モーニング娘。'14 <黄金(ゴールデン)>オーディション』に応募するも落選していた[47]。その後、ハロプロ研修生のオーディションに応募して合格する[11]

2018年、当時14歳だった笠原がアンジュルムの先輩のメンバーたちに憧れて赤リップを塗ったところ、子供らしさを求める一部のファンから「メイクが濃い」との批判を受けた[48]。しかし、当時のグループリーダーだった和田彩花が、ライブのMCで「アイドルには良いとされる型があるわけではなく、そこに嵌まることが正しいことでもない」「桃奈にはまた赤いリップをつけてほしい」などコメント[48][49][50]。このエピソードは、しばしば「赤リップ事件」と呼ばれる[48][49][50]

好きな先輩として、元モーニング娘。工藤遥佐藤優樹を挙げている[42]。また、元モーニング娘。の亀井絵里のファンである[51]

ME:I」としてデビューが決まった『PRODUCE 101 JAPAN THE GIRLS』最終回の生放送終了後、アンジュルムのメンバーだけでなく、OGも含めた多くのハロプロメンバーから祝福の声が寄せられた[52]

ME:I

『PRODUCE 101 JAPAN THE GIRLS』で付けられたキャッチフレーズは、「天下無敵のチャレンジャー」[53]。同番組放送前、笠原が映る映像が公開されると、「笠原桃奈」、「かっさー」の名前がXのトレンドに入るなど、注目を集めていた[54][55]

作品

シングル

アルバム

PRODUCE 101 JAPAN THE GIRLS
  • PRODUCE 101 JAPAN THE GIRLS(2024年2月7日、YRCS-95117)- EAN 4571487594666

出演

ドラマ

情報・バラエティ

ラジオ

舞台

書籍

写真集

脚注

注釈

  1. ^ 笠原の卒業を受けて蒼井、菊池の2人がアップフロントプロモーションに自ら企画書を送ったことで実現した[18][19]
  2. ^ 最終回はTBS系列で生放送[8]

出典

  1. ^ a b 【ME:I 笠原桃奈&加藤心】慈愛に満ちた2人が語る「経験者」だからこそ救われてた部分とは?」『vivi』講談社、2024年3月22日。2024年4月20日閲覧
  2. ^ a b c :⊹˚₊ ME:I QUESTION #笠原桃奈 ⊹ #高見文寧 #ME_I #ミーアイ #미아이 #ME_I_QandA #shorts」『ME:I』LAPONE GIRLS、2024年1月8日。YouTubeより2024年4月21日閲覧
  3. ^ a b アンジュルム笠原桃奈が“20問20答”でハロプロ愛を語る!【ハロプロ誕生20周年記念連載】」『WEBザテレビジョン』KADOKAWA、2017年12月8日。2024年4月20日閲覧
  4. ^ a b c d e f g MOMONA」『ME:I OFFICIAL SITE』LAPONE GIRLS。2024年4月20日閲覧
  5. ^ a b c d e f g アンジュルム 笠原桃奈 プロフィール」『ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト』アップフロントプロモーション、2021年11月15日。2021年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月15日閲覧
  6. ^ a b c アンジュルム、12歳の新メンバー笠原桃奈が加入「ハロプロ史上最強の新人」目指す」『ORICON NEWS』oricon ME、2016年7月17日。2017年6月6日閲覧
  7. ^ a b c アンジュルム笠原桃奈「愛情を胸に強く」涙のハロプロ卒業 今後は海外へ」『日刊スポーツ』日刊スポーツNEWS、2021年11月16日。2024年4月20日閲覧
  8. ^ a b c 「日プ女子」笠原桃奈、2位と“約40万票差”圧倒的票数でデビュー「強すぎる」「主人公」と反響」『モデルプレス』ネットネイティブ、2023年12月16日。2024年1月27日閲覧
  9. ^ a b ME:I、リーダー&サブリーダー発表」『モデルプレス』ネットネイティブ、2024年2月27日。2024年2月27日閲覧
  10. ^ 笠原桃奈「アンジュルムメンバー『皆さんへ 笠原桃奈』」『アンジュルム メンバーブログ by Ameba』2021年6月21日。2024年4月21日閲覧
  11. ^ a b c d 【ハロプロ】アンジュルム・笠原桃奈ロングインタビュー!激動の1年間~これからを語る【撮り下ろし】」『ウレぴあ総研』ぴあ、2017年6月21日。2019年9月21日閲覧
  12. ^ 【イベントレポート】嗣永桃子、ハロプロ研修生の<春の公開実力診断テスト>に「“桃”って付く娘って無敵なんだな」」『BARKS』ジャパンミュージックネットワーク、2016年5月6日。2019年7月10日閲覧
  13. ^ ハロプロ研修生が実力診断 ベストパフォーマンスに12歳と11歳の“桃”コンビ」『ORICON NEWS』oricon ME、2016年5月5日。2024年4月20日閲覧
  14. ^ ピーチッピチの12歳♪笠原桃奈、ハロプロ最年少昇格でアンジュルム加入」『サンケイスポーツ』産業経済新聞社、2016年7月17日。2023年9月11日閲覧
  15. ^ 新体制アンジュルム、打倒モー娘。宣言「ハロプロで1番に」」『ORICON NEWS』oricon ME、2016年10月20日。2024年4月20日閲覧
  16. ^ a b アンジュルム・笠原桃奈、年内での卒業発表「海外に身を置き歌やダンスを学びます」【コメント全文】」『ORICON NEWS』oricon ME、2021年6月21日。2024年4月20日閲覧
  17. ^ a b アンジュルム笠原桃奈が武道館で卒業「自立することを選びました」【手紙全文】」『ORICON NEWS』oricon ME、2021年11月15日。2021年11月15日閲覧
  18. ^ "カルチャートーク:推薦図書月刊「アンジュルム・笠原桃奈フォトブック 『Dear Sister』/オデッセー出版」by 女優・蒼井優、菊池亜希子". カルチャートーク. 2021年11月18日. Spotify. 2023年9月20日閲覧
  19. ^ a b 蒼井優&菊池亜希子が語り合う、アンジュルム笠原桃奈への思い 最後の写真集に「どうしよう、もう泣きそう」」『Real Sound』blueprint、2021年11月14日。2023年9月11日閲覧
  20. ^ 「アンジュルム」卒業の笠原桃奈がフォトブック「Dear sister」11月15日出版 蒼井優と菊池亜希子が編集長」『中日スポーツ』中日新聞社、2021年10月29日。2024年4月20日閲覧
  21. ^ a b 「日プ女子」元アンジュルム・笠原桃奈、元HKT・水上凜巳花ら96人の練習生を公開」『サンスポ』産業経済新聞社、2023年9月3日。2024年4月20日閲覧
  22. ^ 「PRODUCE 101 JAPAN THE GIRLS(日プ女子)」がスタート! チッケムで見る注目練習生BEST10」『ELLE』ハースト婦人画報社、2023年10月5日。2024年4月20日閲覧
  23. ^ PRODUCE 101 JAPAN THE GIRLS「国民投票」サイトオープン」『PRODUCE 101 JAPAN OFFICIAL SITE』NTTドコモ、2023年9月28日。2024年4月20日閲覧
  24. ^ 日プ・衝撃の第3回順位発表、再び笠原桃奈が1位に…村上璃杏が17位から3位にランクアップ」『ENTAME next』徳間書店、2023年12月12日。2024年4月20日閲覧
  25. ^ 【日プガールズ】元アンジュルム・笠原桃奈が1位「誇れる自分であることを約束します」 新グループ「ME:I」で〝再デビュー〟」『サンケイスポーツ』産業経済新聞社、2023年12月16日。2024年1月26日閲覧
  26. ^ JO1&INIの妹分「ME:I」、初のミュージックビデオ公開 センターは元アンジュルムの笠原桃奈」『デイリースポーツ online』デイリースポーツ、2024年3月25日。2024年4月20日閲覧
  27. ^ ME:I DEBUT SINGLE「MIRAI」」『ME:I OFFICIAL SITE』LAPONE GIRLS。2024年4月20日閲覧
  28. ^ アンジュルム・笠原桃奈に教わる「白モチ肌×韓国っぽメイク」のポイントとは?」『S Cawaii!』イマジカインフォス、2020年1月8日。2023年9月20日閲覧
  29. ^ 蒼井優&菊池亜希子がW編集長!アンジュルム・笠原桃奈さんの卒業写真集に込めた思い&制作秘話」『MEN'S NON-NO WEB』集英社、2021年11月12日。2024年1月26日閲覧
  30. ^ 笠原桃奈「そそそそらくん 笠原桃奈」『アンジュルム メンバーブログ by Abema』サイバーエージェント、2016年12月19日。2017年6月6日閲覧
  31. ^ ME:I MOMONA&RAN「仰天ニュース」登場!…」『日本テレビ』日本テレビ、2024年4月22日。2024年4月23日閲覧
  32. ^ 知りたい!推したい!Hi!ME:I♡」『Popteen 2024年5月号』Popteen。2024年4月12日閲覧
  33. ^ ヘアドネーション 笠原桃奈」『アンジュルム メンバーブログ by Abema』サイバーエージェント、2019年4月21日。2023年9月11日閲覧
  34. ^ 『PRODUCE 101 JAPAN THE GIRLS FAN BOOK』ワニブックス、2023年12月14日。ISBN 9784847073984
  35. ^ 笠原桃奈「京都~!!! 笠原桃奈」『アンジュルム メンバーブログ by Abema』サイバーエージェント、2016年9月24日。2017年6月6日閲覧
  36. ^ a b 【世界初】ME:I(ミーアイ)が表紙のViVi撮影裏に潜入!Q&Aでメンバーの魅力を深掘りします♡|SUB」『ViVi Channel』講談社、2024年3月1日。YouTubeより2024年3月4日閲覧
  37. ^ a b c PRODUCE 101 JAPAN THE GIRLS [@produce101jp_]「101プロフノート *໒꒱⋆┊✧ 笠原桃奈 ( #KASAHARAMOMONA ) ✧┊推しの練習生をもっと知りたい!!」2023年9月4日。X(旧Twitter)より2024年4月20日閲覧
  38. ^ “ガチファン”のME:Iが『DayDay.』出演 蒼井優、夫・山里亮太にメンバーの魅力まとめた紹介文寄せる【一覧あり】」『ORICON MUSIC』オリコン株式会社、2024年4月17日。2024年4月23日閲覧
  39. ^ PRODUCE 101 JAPAN OFFICIAL SITE」『PRODUCE 101 JAPAN OFFICIAL SITE』NTTドコモ。2024年4月20日閲覧
  40. ^ 笠原桃奈「周南チキータ! 笠原桃奈」『アンジュルム メンバーブログ by Abema』サイバーエージェント、2016年10月29日。2023年9月11日閲覧
  41. ^ テレタビーズ? 笠原桃奈」『アンジュルム メンバーブログ by Abema』サイバーエージェント、2021年5月31日。2024年4月21日閲覧
  42. ^ a b c ハロプロ研修生 メンバー紹介 笠原桃奈(かさはらももな)」『ハロプロ研修生』アップフロントプロモーション、2015年6月20日。YouTubeより2024年4月20日閲覧
  43. ^ 【ME:I(ミーアイ)】メンバーの年齢や、身長、MBTI、出身地などプロフィールを紹介!」『MORE』集英社、2023年12月16日。2024年2月1日閲覧
  44. ^ 1分PR┊✧ 笠原桃奈(KASAHARA MOMONA)✧┊ PRODUCE 101 JAPAN THE GIRLS」『PRODUCE 101 JAPAN THE GIRLS』NTTドコモ、2023年9月4日。YouTubeより2024年4月20日閲覧
  45. ^ アンジュルム・りなぷ~、ファンの反応に戸惑う!!」『WEB ザテレビジョン』KADOKAWA、2016年10月20日。2023年9月20日閲覧
  46. ^ 笠原桃奈「こんばんは 笠原桃奈」『アンジュルム メンバーブログ by Abema』サイバーエージェント、2016年8月7日。2023年9月23日閲覧
  47. ^ a b 『Top Yell Neo 2016-2017』竹書房、2016年12月28日。ISBN 978-4801909700
  48. ^ a b c PRODUCE 101 JAPAN「世界のテッペンを取る」注目度No.1・元アンジュルム笠原桃奈ってこんな子」『モデルプレス』ネットネイティブ、2023年9月26日。2024年4月20日閲覧
  49. ^ a b 和田彩花は女でありアイドルだ。アイドルとして女性のあり方を問う覚悟」『She is』CINRA。2024年1月31日閲覧
  50. ^ a b 和田彩花とアイドルの自由意思を考える」『音楽ナタリー』ナターシャ、2021年2月6日。2024年1月31日閲覧
  51. ^ 楽しかった! 笠原桃奈」『アンジュルム メンバーブログ by Abema』サイバーエージェント、2017年3月25日。2024年4月21日閲覧
  52. ^ 元アンジュルム・笠原桃奈「日プ女子」から誕生“ME:I”1位デビューにハロプロメンバー・OGから祝福の声殺到」『モデルプレス』ネットネイティブ、2023年12月17日。2024年1月26日閲覧
  53. ^ 『PRODUCE 101 JAPAN THE GIRLS』(日プ女子/日プガールズ)発「ME:I(ミーアイ)」デビューメンバー11人紹介【最終順位&プロフィール】」『ORICON NEWS』oricon ME、2023年12月13日。2024年4月20日閲覧
  54. ^ 元アンジュルム笠原桃奈がトレンド入り 日プ女子動画で発見 ファン感激「手震えてる」」『デイリースポーツ online』デイリースポーツ、2023年9月2日。2024年1月26日閲覧
  55. ^ 笠原桃奈、“日プガールズ”参加に集まる熱視線 ハロプロ、アンジュルム時代に磨かれた歌とダンスの総合的な実力」『Real Sound』blueprint、2023年9月10日。2024年1月26日閲覧
  56. ^ アンジュルムの笠原桃奈と伊勢鈴蘭がドラマに初挑戦!!「ほぼ日の怪談。は夏にぴったり!」」『WEBザテレビジョン』KADOKAWA、2020年8月30日。2024年4月20日閲覧
  57. ^ ほぼ日の怪談。 ほぼ日の怪談。 怪・その三「高笑いする女」(ドラマ)」『WEBザテレビジョン』KADOKAWA。2024年4月20日閲覧
  58. ^ モード」『演劇女子部』アップフロントプロモーション。2024年4月20日閲覧
  59. ^ 笠原桃奈「かよ、バイバイ 笠原桃奈」『アンジュルム メンバーオフィシャルブログ by Ameba』サイバーエージェント、2016年10月10日。2024年4月20日閲覧
  60. ^ 夢見るテレビジョン」『演劇女子部』アップフロントプロモーション。2024年4月20日閲覧
  61. ^ 笠原桃奈「夢見るテレビジョン 笠原桃奈」『アンジュルム メンバーオフィシャルブログ by Ameba』サイバーエージェント、2017年10月15日。2024年4月20日閲覧
  62. ^ アタックNo.1」『演劇女子部』アップフロントプロモーション。2024年4月20日閲覧
  63. ^ 笠原桃奈「アンジュルムメンバー『小幡すずめです! 笠原桃奈』」『アンジュルム メンバーオフィシャルブログ by Ameba』2018年12月10日。2024年4月20日閲覧
  64. ^ 笠原桃奈(アンジュルム)ファーストビジュアルフォトブック「Momona」」『オデッセー出版』オデッセー出版。2020年4月28日閲覧
  65. ^ アンジュルム笠原桃奈 フォトブック「Dear sister」」『オデッセー出版』オデッセー出版。2021年10月29日閲覧

外部リンク