笠原桃奈

半保護されたページ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

笠原 桃奈
基本情報
愛称 かっさー[1]
出生日 (2003-10-22) 2003年10月22日(18歳)[1]
血液型 A型[1]
出生・出身地 日本の旗 日本 神奈川県[2]
ジャンル J-POP
職業 歌手
活動期間 2015年 - 2021年
レーベル hachama
事務所 アップフロントプロモーション(2015年 - 2021年)
グループ/
ユニット等
アンジュルム
ハロプロ研修生
公式サイト 笠原桃奈プロフィール(2021年9月27日時点のアーカイブ)
テンプレートを表示

笠原 桃奈(かさはら ももな、2003年10月22日 - )は、日本の元歌手、元アイドルで、ハロー!プロジェクト女性アイドルグループアンジュルムの元メンバー(5期)。公式ニックネームはかっさー[1]。アンジュルム時代のメンバーカラーホットピンク

神奈川県出身[1]。血液型A型[1]。身長160cm(2016年7月時点)[3][注 1]。ハロー!プロジェクト在籍時の所属事務所はアップフロントプロモーション

略歴

  • 2013年、「モーニング娘。12期メンバー「未来少女」オーディション」に応募するが、募集時点で10歳になっていなかったため、選考対象から外される[5][6]
  • 2014年、「モーニング娘。'14 <黄金(ゴールデン)>オーディション」に応募するが落選[5]。その後、ハロプロ研修生のオーディションに応募して合格する。
  • 2015年4月1日、ハロプロ研修生に加入。
  • 2015年5月4日、中野サンプラザで行われた『ハロプロ研修生 発表会2015 〜春の公開実力診断テスト〜』にて初お披露目。
  • 2016年5月5日、中野サンプラザで行われた『ハロプロ研修生 発表会2016 〜春の公開実力診断テスト〜』にてモーニング娘。の「愛しく苦しいこの夜に」を披露し、『ベストパフォーマンス賞』を受賞[7]
  • 2016年7月16日、日本特殊陶業市民会館・フォレストホールで行われたハロコンの初日公演で、アンジュルムの新メンバーに選出されたことが発表された[2][3]
  • 2021年6月21日、年内をもってアンジュルム及びハロー!プロジェクトを卒業することを発表[8]。卒業後は一度芸能界を離れ、海外で歌とダンスの勉強を行う予定。
  • 9月13日、11月15日の日本武道館公演をもってアンジュルムおよびハロー!プロジェクトを卒業することが正式に決定したこと、さらにそれ以降に開催されるハロー!プロジェクトのコンサートツアー「続・花鳥風月」5公演については欠席することを発表[9]
  • 11月15日、日本武道館で行われた卒業公演を以ってアンジュルム、およびハロー!プロジェクトを卒業、更にアップフロントプロモーションとの専属契約を終了[10]

人物

  • 亀井絵里のファンで、公開実力診断テストでは、2年続けて、亀井メイン曲の歌唱をしている。
    • ハロプロ研修生の公開実力診断テストにおける、ベストパフォーマンス賞受賞者としては、はじめて正規メンバーに昇格している。
  • 好きな先輩は、同メンバーの佐々木莉佳子同様で、元モーニング娘。10期メンバーの工藤遥である[4]
  • アンジュルムのメンバーで好きな先輩は相川茉穂。理由は、3歳の頃からバレエを習っていたこともあり、同じくバレエをやっていた相川に親近感を覚えたため。なお、公式ニックネームの「かっさー」は、相川の命名である。
  • アンジュルム加入は、当時、YouTube番組としてアップフロントグループ各社の制作で放送されていた『UP-FRONT CHANNEL Recommend』に、和田彩花とともにMCとして出演すると知らされて(実際には、アンジュルム加入伝達の様子を撮影するための偽収録であるため、同番組としては配信されない)、収録中に伝達された。笠原は、この時のことを、「悪質なドッキリ」と発言している[2]
  • 7期メンバーの伊勢鈴蘭が加入するまでは、アンジュルムのメンバーとしては最年少のメンバーだった。

趣味・嗜好

好物は、マカロン

小学6年の頃は飼育委員長を務めていた[11]

家族・交友

  • 父親が兵庫県出身[12]
  • 妹が2人いる[13]
  • ハロプロ研修生の同期だった金津美月と仲が良く、金津からは「桃吉」と呼ばれている[14]

作品

配信楽曲

発売日 タイトル 備考
2021年11月16日 地球は今日も愛を育む

出演

テレビ

ラジオ

舞台

  • 演劇女子部「MODE」(2016年10月1日 - 2016年10月10日、全労済ホール スペース・ゼロ) - 岬かよ 役
  • 演劇女子部「夢見るテレビジョン」(2017年10月5日 - 2017年10月15日、全労済ホール スペース・ゼロ) - 新田千代 役
  • 演劇女子部 全労済ホール/スペース・ゼロ提携公演「アタックNo.1」(2018年11月29日 - 12月9日、全労済ホール スペース・ゼロ) - 小幡すずめ 役

イベント

書籍

写真集

参加ユニット

脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 研修生時代の2015年は155.8cmだった[4]

出典

  1. ^ a b c d e f アンジュルム 笠原桃奈プロフィール”. ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト (2021年11月15日). 2021年9月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年11月15日閲覧。
  2. ^ a b c アンジュルムに新しくメンバーとして入りました。笠原桃奈(かさはら ももな)です!!!”. アンジュルム新メンバーブログ. CyberAgent (2016年7月16日). 2017年6月6日閲覧。
  3. ^ a b “アンジュルム、12歳の新メンバー笠原桃奈が加入「ハロプロ史上最強の新人」目指す”. ORICON NEWS (オリコン). (2016年7月17日). https://www.oricon.co.jp/news/2075290/full/ 2017年6月6日閲覧。 
  4. ^ a b ハロプロ研修生 メンバー紹介「笠原桃奈」 - YouTube(2015年6月19日)
  5. ^ a b 『Top Yell Neo 2016-2017』
  6. ^ “【ハロプロ】アンジュルム・笠原桃奈ロングインタビュー!激動の1年間~これからを語る【撮り下ろし】”. ウレぴあ総研. (2017年6月21日). http://ure.pia.co.jp/articles/-/75414 2019年9月21日閲覧。 
  7. ^ 【イベントレポート】嗣永桃子、ハロプロ研修生の<春の公開実力診断テスト>に「“桃”って付く娘って無敵なんだな」”. BARKS (2016年5月6日). 2019年7月10日閲覧。
  8. ^ アンジュルム 笠原桃奈の卒業に関するお知らせ”. ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト. DC FACTORY (2021年6月21日). 2021年6月21日閲覧。
  9. ^ アンジュルム笠原桃奈「続・花鳥風月」5公演欠席のお知らせ”. ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト. DC FACTORY (2021年6月21日). 2021年9月13日閲覧。
  10. ^ “アンジュルム笠原桃奈が武道館で卒業「自立することを選びました」【手紙全文】”. ORICON NEWS. (2021年11月15日). https://www.oricon.co.jp/news/2214011/amp/ 2021年11月15日閲覧。 
  11. ^ こんばんは 笠原桃奈”. アンジュルム新メンバーブログ. CyberAgent (2016年8月7日). 2017年6月6日閲覧。
  12. ^ ヘア 笠原桃奈”. アンジュルム新メンバーブログ. CyberAgent (2017年1月30日). 2017年6月6日閲覧。
  13. ^ そそそそらくん 笠原桃奈”. アンジュルム新メンバーブログ. CyberAgent (2016年12月19日). 2017年6月6日閲覧。
  14. ^ 京都~!!! 笠原桃奈”. アンジュルム新メンバーブログ. CyberAgent (2016年9月24日). 2017年6月6日閲覧。
  15. ^ “アンジュルム 笠原桃奈、伊勢鈴蘭、BEYOOOOONDS 高瀬くるみ、西田汐里らが主演 ドラマ『ほぼ日の怪談。』8月スタート”. GirlsNews. (2020年7月13日). https://girlsnews.tv/hello/357929 2010年7月13日閲覧。 
  16. ^ 上々軍団「さわやか五郎38thバースデーイベント~ようこそ 五郎ハウスへ~」ゲスト出演決定!”. ハロー!プロジェクト オフィシャルサイト (2020年9月25日). 2020年10月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年10月25日閲覧。
  17. ^ 笠原桃奈(アンジュルム)ファーストビジュアルフォトブック「Momona」”. オデッセー出版. 2020年4月28日閲覧。
  18. ^ アンジュルム笠原桃奈 フォトブック「Dear sister」”. オデッセー出版. 2021年10月29日閲覧。

外部リンク