りんね

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

りんね1981年2月6日 - )は、日本の元歌手であり、女性アイドルグループカントリー娘。の元メンバーである。元ハロー!プロジェクトメンバー。本名:戸田 鈴音[1]北海道札幌市生まれ。血液型はB型。

略歴[編集]

1999年4月、テレビ東京の番組「アイドルをさがせ!」内において、田中義剛発案の「半農半芸アイドル」のコンセプトを元に行われた「カントリー娘。オーディション」に参加し、最終選考の9名に選ばれた。その後花畑牧場での実習を経て合格者の3名に残り、デビューのきっかけをつかむ。同年7月、インディーズにて「二人の北海道」で、デビュー(7月23日)する[1]直前にメンバーの柳原尋美が北海道中札内村にて交通事故死(7月16日)。8月23日に、小林梓が心労を理由に脱退したことにより、戸田鈴音単独のソロユニットとなる[1]が、その後も花畑牧場に住み込み、ファームショー等を経験しながら「半農半芸」というコンセプトのアイドルとして活動[2]

2000年1月、カントリー娘。の誕生するきっかけとなった番組「アイドルをさがせ!」の司会者にモーニング娘。の飯田圭織と共に抜擢される。同年3月 - 5月、モーニング娘。のコンサート「SPRING CONCERT TOUR 2000 Dancing Love Site」に帯同。同年5月、あさみがカントリー娘。に加入。戸田鈴音の本名から「りんね」に改名。同年7月、初主演映画「カントリー・ガール 北海道牧場物語」が劇場公開される。

2001年4月18日、当時、モーニング娘。のメンバーだった石川梨華を迎え、「初めてのハッピーバースディ」でメジャーデビュー。オリコン初登場4位となる[1]。同年7月4日、シャッフルユニットの「10人祭」に参加。「ダンシング!夏祭り」をリリース。

2002年7月3日、シャッフルユニットの「おどる♥11」に参加。「幸せきょうりゅう音頭」をリリース。同年10月12・13日、本人が舞台の勉強をするため花畑牧場にて行われたファンクラブイベントを最後にカントリー娘。及びハロー!プロジェクトを卒業[3][2]。卒業理由は、モーニング娘。の後藤真希の卒業に影響されたカントリー娘。プロデューサーの田中義剛がりんねをソロ活動させるためだという[3][4]。しかし、卒業後の舞台活動として公式に報じられているのは後述の「草原の人」のみである。

その後は表立った情報は無かったが、2011年10月には札幌こどもミュージカル育成会の北海道功労賞受賞感謝の集いにOGとして出席しており、石垣島沖縄県石垣市)で実父が経営する民宿を手伝っていることが伝えられた[5]

作品[編集]

ソロ名義での活動はない。

出演[編集]

バラエティ[編集]

テレビドラマ[編集]

  • 美・少女日記 2 (2001年1月 - 3月30日、テレビ東京)
    リカ役。全編沖縄ロケ作品。バラエティ番組『少女日記』内のドラマ。

映画[編集]

ラジオ[編集]

舞台[編集]

書籍[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d りんねがカントリー娘。卒業、ソロ活動(nikkansorts.com)” (2002年10月3日). 2002年10月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年7月18日閲覧。
  2. ^ a b りんね、カントリー娘。卒業(デイリースポーツonline)” (2002年10月3日). 2003年2月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年7月18日閲覧。
  3. ^ a b 「カン娘」りんね卒業(スポニチアネックス)” (2002年10月3日). 2005年3月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年7月18日閲覧。
  4. ^ 「カントリー娘。」りんね13日卒業(スポーツ報知)” (2002年10月3日). 2002年10月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年7月18日閲覧。
  5. ^ 札幌こどもミュージカル育成会からのお知らせ” (2011年10月). 2015年11月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年8月26日閲覧。