110

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
109 110 111
素因数分解 2×5×11
二進法 1101110
六進法 302
八進法 156
十二進法 92
十六進法 6E
二十進法 5A
ローマ数字 CX
漢数字 百十
大字 百拾
算木 Counting rod v1.pngCounting rod h1.pngCounting rod 0.png

110百十、ひゃくじゅう)は自然数、また整数において、109の次で111の前の数である。

性質[編集]

  • 110は合成数であり、約数1, 2, 5, 10, 11, 22, 55, 110 である。
  • 8番目の楔数である。1つ前は105、次は114
  • 110 = 10 × 11
    • 10番目の矩形数である。1つ前は90、次は132
    • 110 = 101 + 102 = 112 − 111
      • 10の自然数乗の和とみたとき1つ前は10、次は1110。
    • 110 = 2 + 4 + 6 + 8 + 10 + 12 + 14 + 16 + 18 + 20
  • 1102 + 1 = 12101 であり、n2 + 1 の形で素数を生む20番目の数である。1つ前は94、次は116
  • 110 = 52 + 62 + 72
    • 3連続整数の平方和で表せる5番目の数である。1つ前は77、次は149
    • n = 2 のときの 5n + 6n + 7n の値とみたとき1つ前は18、次は684。(オンライン整数列大辞典の数列 A074571)
    • 110 = 12 + 32 + 102 = 22 + 52 + 92 = 52 + 62 + 72
    • 110 = 32 + 42 + 62 + 72
      • n = 2 のときの 3n + 4n + 6n + 7n の値とみたとき1つ前は20、次は650
      • 110 = (5+1/2)2 + (7+1/2)2 + (11+1/2)2 + (13+1/2)2
  • 1/110 = 0.009… (下線部は循環節で長さは2)
  • 36番目のハーシャッド数である。1つ前は108、次は111
  • 位取り記数法において、110(n) を何進法で表記しても、110(n) は必ずハーシャッド数となる。これは、110(n) が何進法でも各位の和である2で割り切れるため。
  • 約数の和が110になる数は1個ある。(109) 約数の和1個で表せる27番目の数である。1つ前は102、次は112
  • 各位の和が2になる5番目の数である。1つ前は101、次は200

その他 110 に関連すること[編集]

関連項目[編集]