両性 (化学)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
両性酸化物から転送)
移動: 案内検索

化学において両性物質(りょうせいぶっしつ、amphoteric substance)とは、とも塩基とも反応する物質のことである[1]。多くの金属亜鉛スズアルミニウムベリリウムなど)と半金属は両性酸化物を作る。この他、アミノ基カルボキシル基の両方を持つアミノ酸自動イオン化(自己イオン化)化合物であるアンモニアも両性物質に含まれる。

[編集]

酸性条件: ZnO + 2H+ → Zn2+ + H2O
塩基性条件: ZnO + H2O + 2OH- → [Zn(OH)4]2-
この性質は異なるカチオンの分離(例:亜鉛とマンガン)に使うことができる。
  • はもっとも単純な両性物質の例である。
塩基 (プロトン受容): H2O + HCl → H3O+ + Cl
酸 (プロトン供与): H2O + NH3 → NH4+ + OH
酸との反応: Al(OH)3 + 3HCl → AlCl3 + 3H2O
塩基との反応: Al(OH)3 + NaOH → Na[Al(OH)4]
酸との反応:Be(OH)2 + 2HCl → BeCl2 + 2H2O
塩基との反応:Be(OH)2 + 2NaOH → Na2Be(OH)4
酸との反応:PbO + 2HCl → PbCl2 + H2O
塩基との反応:PbO + Ca(OH)2 +H2O → Ca2+[Pb(OH)4]2-
酸との反応:ZnO + 2HCl → ZnCl2 + H2O
塩基との反応:ZnO + 2NaOH + H2O → Na22+[Zn(OH)4]2-

この他、Si, Ti, V, Fe, Co, Ge, Zr, Ag, Sn, Auも両性酸化物を作ることができる[2]

脚注[編集]

  1. ^ IUPAC, Compendium of Chemical Terminology, 2nd ed. (the "Gold Book") (1997). オンライン版:  (2006-) "amphoteric".
  2. ^ CHEMIX School & Lab - Software for Chemistry Learning, by Arne Standnes (program download required)

関連項目[編集]