硫化スズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

硫化スズ(りゅうか—)はスズ硫化物である。スズの原子価が異なる硫化スズ(II) SnS と硫化スズ(IV) SnS2 が存在する。

硫化スズ(II)[編集]

灰黒色の固体で、密度は 5.22 g/cm3CAS登録番号 1314-95-0。太陽光を吸収する能力が高いため太陽電池の材料として期待されている。また、ブレーキパッドの摩擦材料では硫化アンチモンに代わる材料として期待されている。

硫化スズ(IV)[編集]

金色の化合物である。 顔料として用いられる場合は 偽金(ぎきん)とよばれることもある。

関連項目[編集]