崩壊モード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

崩壊モード(ほうかいもーど、decay mode[1])とは物理学放射性同位体や不安定な素粒子が崩壊する際、どのような崩壊をするかその様式を分別したものである[1]。単にモードという事もある[1]

原子核の崩壊モードには以下のようなものが挙げられる。

参考文献[編集]

  1. ^ a b c  小田稔ほか編、『理化学英和辞典』、研究社、1998年、項目「decay mode」より。ISBN 978-4-7674-3456-8

関連項目[編集]