天然存在比

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

天然存在比てんねんそんざいひ: Natural abundance)はある元素について、同位体の種類ごとに自然界に存在する割合である[1]。通常、周期表では元素の重量について、同位体を含んだ加重平均の値が記されている。

脚注[編集]

  1. ^ 天然存在比 - ATOMICA -”. 2023年1月19日閲覧。

関連項目[編集]