タンタル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハフニウム タンタル タングステン
Nb

Ta

Db
Element 1: 水素 (H),
Element 2: ヘリウム (He),
Element 3: リチウム (Li),
Element 4: ベリリウム (Be),
Element 5: ホウ素 (B),
Element 6: 炭素 (C),
Element 7: 窒素 (N),
Element 8: 酸素 (O),
Element 9: フッ素 (F),
Element 10: ネオン (Ne),
Element 11: ナトリウム (Na),
Element 12: マグネシウム (Mg),
Element 13: アルミニウム (Al),
Element 14: ケイ素 (Si),
Element 15: リン (P),
Element 16: 硫黄 (S),
Element 17: 塩素 (Cl),
Element 18: アルゴン (Ar),
Element 19: カリウム (K),
Element 20: カルシウム (Ca),
Element 21: スカンジウム (Sc),
Element 22: チタン (Ti),
Element 23: バナジウム (V),
Element 24: クロム (Cr),
Element 25: マンガン (Mn),
Element 26: 鉄 (Fe),
Element 27: コバルト (Co),
Element 28: ニッケル (Ni),
Element 29: 銅 (Cu),
Element 30: 亜鉛 (Zn),
Element 31: ガリウム (Ga),
Element 32: ゲルマニウム (Ge),
Element 33: ヒ素 (As),
Element 34: セレン (Se),
Element 35: 臭素 (Br),
Element 36: クリプトン (Kr),
Element 37: ルビジウム (Rb),
Element 38: ストロンチウム (Sr),
Element 39: イットリウム (Y),
Element 40: ジルコニウム (Zr),
Element 41: ニオブ (Nb),
Element 42: モリブデン (Mo),
Element 43: テクネチウム (Tc),
Element 44: ルテニウム (Ru),
Element 45: ロジウム (Rh),
Element 46: パラジウム (Pd),
Element 47: 銀 (Ag),
Element 48: カドミウム (Cd),
Element 49: インジウム (In),
Element 50: スズ (Sn),
Element 51: アンチモン (Sb),
Element 52: テルル (Te),
Element 53: ヨウ素 (I),
Element 54: キセノン (Xe),
Element 55: セシウム (Cs),
Element 56: バリウム (Ba),
Element 57: ランタン (La),
Element 58: セリウム (Ce),
Element 59: プラセオジム (Pr),
Element 60: ネオジム (Nd),
Element 61: プロメチウム (Pm),
Element 62: サマリウム (Sm),
Element 63: ユウロピウム (Eu),
Element 64: ガドリニウム (Gd),
Element 65: テルビウム (Tb),
Element 66: ジスプロシウム (Dy),
Element 67: ホルミウム (Ho),
Element 68: エルビウム (Er),
Element 69: ツリウム (Tm),
Element 70: イッテルビウム (Yb),
Element 71: ルテチウム (Lu),
Element 72: ハフニウム (Hf),
Element 73: タンタル (Ta),
Element 74: タングステン (W),
Element 75: レニウム (Re),
Element 76: オスミウム (Os),
Element 77: イリジウム (Ir),
Element 78: 白金 (Pt),
Element 79: 金 (Au),
Element 80: 水銀 (Hg),
Element 81: タリウム (Tl),
Element 82: 鉛 (Pb),
Element 83: ビスマス (Bi),
Element 84: ポロニウム (Po),
Element 85: アスタチン (At),
Element 86: ラドン (Rn),
Element 87: フランシウム (Fr),
Element 88: ラジウム (Ra),
Element 89: アクチニウム (Ac),
Element 90: トリウム (Th),
Element 91: プロトアクチニウム (Pa),
Element 92: ウラン (U),
Element 93: ネプツニウム (Np),
Element 94: プルトニウム (Pu),
Element 95: アメリシウム (Am),
Element 96: キュリウム (Cm),
Element 97: バークリウム (Bk),
Element 98: カリホルニウム (Cf),
Element 99: アインスタイニウム (Es),
Element 100: フェルミウム (Fm),
Element 101: メンデレビウム (Md),
Element 102: ノーベリウム (No),
Element 103: ローレンシウム (Lr),
Element 104: ラザホージウム (Rf),
Element 105: ドブニウム (Db),
Element 106: シーボーギウム (Sg),
Element 107: ボーリウム (Bh),
Element 108: ハッシウム (Hs),
Element 109: マイトネリウム (Mt),
Element 110: ダームスタチウム (Ds),
Element 111: レントゲニウム (Rg),
Element 112: コペルニシウム (Cn),
Element 113: ニホニウム (Nh),
Element 114: フレロビウム (Fl),
Element 115: モスコビウム (Mc),
Element 116: リバモリウム (Lv),
Element 117: テネシン (Ts),
Element 118: オガネソン (Og),
Tantalum has a body-centered cubic crystal structure
73Ta
外見
銀灰色
Tantalum single crystal and 1cm3 cube.jpg
一般特性
名称, 記号, 番号 タンタル, Ta, 73
分類 遷移金属
, 周期, ブロック 5, 6, d
原子量 180.94788
電子配置 [Xe] 4f14 5d3 6s2
電子殻 2, 8, 18, 32, 11, 2(画像
物理特性
固体
密度室温付近) 16.69 g/cm3
融点での液体密度 15 g/cm3
融点 3290 K, 3017 °C, 5463 °F
沸点 5731 K, 5458 °C, 9856 °F
融解熱 36.57 kJ/mol
蒸発熱 732.8 kJ/mol
熱容量 (25 °C) 25.36 J/(mol·K)
蒸気圧
圧力 (Pa) 1 10 100 1 k 10 k 100 k
温度 (K) 3297 3597 3957 4395 4939 5634
原子特性
酸化数 5, 4, 3, 2, -1(弱酸性酸化物
電気陰性度 1.5(ポーリングの値)
イオン化エネルギー 第1: 761 kJ/mol
第2: 1500 kJ/mol
原子半径 146 pm
共有結合半径 170±8 pm
その他
結晶構造 α-Ta: 体心立方構造
β-Ta: 正方晶系[1]
磁性 常磁性[2]
電気抵抗率 (20 °C) 131 nΩ·m
熱伝導率 (300 K) 57.5 W/(m·K)
熱膨張率 (25 °C) 6.3 µm/(m·K)
音の伝わる速さ
(微細ロッド)
(20 °C) 3400 m/s
ヤング率 186 GPa
剛性率 69 GPa
体積弾性率 200 GPa
ポアソン比 0.34
モース硬度 6.5
ビッカース硬度 873 MPa
ブリネル硬度 800 MPa
CAS登録番号 7440-25-7
主な同位体
詳細はタンタルの同位体を参照
同位体 NA 半減期 DM DE (MeV) DP
177Ta syn 56.56 h ε 1.166 177Hf
178Ta syn 2.36 h ε 1.910 178Hf
179Ta syn 1.82 y ε 0.110 179Hf
180Ta syn 8.125 h ε 0.854 180Hf
β- 0.708 180W
180mTa 0.012% > 1.2×1015 y
(未確認)
ε 0.929 180Hf
β- 0.783 180W
IT 0.075 180Ta
181Ta 99.988% 中性子108個で安定
182Ta syn 114.43 d β- 1.814 182W
183Ta syn 5.1 d β- 1.070 183W

タンタル: Tantal [ˈtantal]: tantalum [ˈtæntələm])は原子番号73の元素元素記号Ta。名前はギリシア神話に出てくるタンタロスに由来する。タンタルは硬く、銀白色を呈し、光沢があって腐食耐性の高い遷移金属である。レアメタルの一種であり、耐火金属英語版の一種で、合金の微量成分として広く用いられている。化学的に不活性な特性から、実験用設備の材料や白金の代替品として有用である。今日におけるタンタルの主な用途は、携帯電話DVDプレーヤーゲーム機パーソナルコンピュータといった電子機器に用いられるタンタル電解コンデンサである。タンタルは、タンタル石コルンブ石あるいはコルタン(タンタル石とコルンブ石の混合物であるとされ独立した鉱物とみなされていない)といった鉱物に含まれ、化学的に類似するニオブとともに産出する[3]

歴史[編集]

タンタルは、1802年にスウェーデンにおいてアンデシュ・エーケベリによって発見された[4][5]。その前年にチャールズ・ハチェットがコロンビウム(現在のニオブ)を発見しており[6]、1809年にイングランドの化学者ウイリアム・ウォラストンがニオブの酸化物コルンブ石の密度を5.918 g/cm3、タンタルの酸化物タンタル石の密度を7.935 g/cm3と測定して比較した。ウォラストンは測定された密度が異なるにもかかわらず、両者は同じであるものと結論付け、タンタルの方の名前を残すことにした[7]フリードリヒ・ヴェーラーがこの結論を確認したことから、これ以降コロンビウムとタンタルは同じ元素であるとされてきた。しかし1846年にドイツの化学者ハインリヒ・ローゼが、タンタル石にはさらに2種類の元素が含まれていると主張し、ギリシア神話でタンタロスの子とされている名前にちなんで、ニオブ(ニオベーから)とペロピウム(ペロプスから)と名付けた[8][9]。ここで想定されていたペロピウムという元素は、後にタンタルとニオブの混合物であると確認され、またニオブは1801年にハチェットが発見していたコロンビウムと同一のものであると確認された。

タンタルとニオブが違うものであることは、クリスチャン・ヴィルヘルム・ブロムストラントスウェーデン語版[10]アンリ・サント=クレール・ドビーユフランス語版が1864年にはっきりと示し、またルイ・ジョゼフ・トローストフランス語版も1865年にいくつかの化合物の実験式を示した[10][11]スイスの化学者ジャン・マリニャックもさらなる確認を行い[12]、1866年に2種類の元素のみが含まれていることを証明した。しかしこうした発見があったにもかかわらず、1871年までイルメニウム英語版という実在しない元素に関して科学者たちが文献を出していた[13]。マリニャックはまた、1864年にタンタルの塩化物を水素雰囲気中で熱して還元することで、タンタルの金属形態を初めて得た[14]。初期には不純なタンタルしか得ることができなかったが、1903年にヴェルナー・フォン・ボルトンドイツ語版シャルロッテンブルク英語版において、かなり純粋で延性のある金属タンタルを得ることに成功した。金属タンタルから作られた線は、タングステン製のものに置き換えられるまで、電球のフィラメントとして用いられていた[15]

タンタルという名前は、ギリシア神話ニオベーの父とされているタンタロスから取られている。神話においては、タンタロスは死後、あごまで届くほどの深さの水の中に立たされ、頭上には果物が豊かに実っているが、どちらも永遠に彼には手に入らずじらされるという罰を受ける(水を飲もうとすると、届かないくらい水位が下がり、果物に手を伸ばそうとすると、枝が手の届く範囲から遠ざかる、英語でtantalizeという単語はじらして苦しめるという意味がある)。アンデシュ・エーケベリは、「私がタンタルと呼ぶこの金属、酸に浸しても何かを吸収したり飽和したりする能力がほとんどないということを部分的に暗示する名前である」と書いている[16]

何十年もの間、ニオブからタンタルを分離する商業的な技術は、ジャン・マリニャックが1866年に発見した、フッ化タンタル酸カリウム英語版分別晶析によりフッ化ニオブ酸カリウムから分離するという方法であった。この方法は、フッ化物含有のタンタル水溶液を溶媒抽出するという方法に置き換えられている[11]

性質[編集]

物理的性質[編集]

タンタルは銀灰色で[17]、密度や延性が高く、非常に固いが加工はしやすい。熱や電気の伝導度が高く、酸による腐食にも強い。金属を侵す能力の高い王水であっても、摂氏150度以下ではタンタルはまったく溶けない。フッ化水素酸フッ化物三酸化硫黄を含む酸性溶液、水酸化カリウムには溶ける。タンタルの融点は摂氏3,017度(沸点は摂氏5,458度)と高く、これを上回る元素はタングステンレニウムオスミウム炭素だけである。

タンタルにはαとβの2種類の結晶構造が存在する。α-Taは比較的やわらかく、展延性がある。体心立方格子構造を持ち(空間群はlm3m、格子定数はa=0.33058nm)、ヌープ硬度は200 - 400 HN、電気抵抗は15 - 60 µΩ・cmである。β-Taは硬いがもろく、結晶構造は正方晶系を持ち(空間群はP42/mnm、格子定数はa=1.0194nm,c=0.5313nm)、ヌープ硬度は1000 - 1300 HN、電気抵抗は比較的高く170 - 210 µΩ・cmである。β構造は準安定で、摂氏750 - 775度に加熱することでα構造に転移する。大量のタンタルはほぼすべてα構造であり、通常β構造は、溶融塩共晶からマグネトロンスパッタリング化学気相成長あるいは電気化学析出で得られる薄膜として存在する[18]

タンタルの単体は、超伝導の研究が始まって間もない1930年頃までには、臨界温度4.5 Kで超伝導となることが発見されている[19]。一方、タンタル酸カリウム単結晶の表面付近が0.005 K未満で超伝導になる現象も2011年に発見されている[20]

同位体[編集]

天然のタンタルは、180mTa (0.012 %) と181Ta (99.988 %)という2つの同位体で構成されている。181Taは安定同位体である。180mTaは核異性体で、基底状態の180Taへの核異性体転移180Wへのベータ崩壊電子捕獲によって180Hfへの崩壊の3種類の崩壊をすると予測されている。しかし、この核異性体の放射性崩壊は1度も観測されたことがなく、最低でも半減期2.0 × 1016年(2京年)を持つと、半減期の下限値を示されているに過ぎない[21]。基底状態である180Taは、わずか8時間の半減期である。放射性壊変によって生じる、あるいは宇宙線生成による短寿命の核種を除けば、180mTaは自然界に存在する唯一の核異性体である。これもまた放射性壊変によって生じる、あるいは宇宙線生成による短寿命の核種を除けば、180mTaはタンタルの元素存在比および天然同位体構成比を考慮すれば、宇宙でもっとも希少な同位体である[22]

タンタルは、核兵器に「加塩」(放射性物質の放出量を増強する)する材料として理論的に検討されてきた(コバルトの方が加塩材料として良く知られている)。仮説上、核兵器が爆発するときに出る強力な高エネルギー中性子線が外殻の181Taに放射線を浴びせる。これによってタンタルを半減期114.4日の放射性同位体である182Taに変化させ、これが112万電子ボルトのエネルギーを持つガンマ線を出し、核爆発で生じた放射性降下物の放射能を数か月にわたって大幅に強化することになる。こうした加塩された核兵器は、少なくとも公的に知られている限りでは実際に作られたことも試験されたこともなく、実際に兵器として使用されたことは1度もない[23]

タンタルは、陽子線を当てて8Li80Rb、and 160Ybといった様々な短寿命放射性同位体を作るためのターゲット材として用いられる[24]

化合物[編集]

タンタルは酸化数+2, +3, +4, +5の化合物を形成する。酸化数+5がもっともよくみられる[25]。なかでも酸化物が安定で、タンタルの鉱物はすべて酸化鉱物である。酸化数が3より小さい無機化合物は、タンタル原子間の化学結合を特徴とする[26]。炭素原子がタンタル原子と化学結合している有機タンタル化合物では、+1, 0, −1などのさらに低い酸化数も取る。

タンタルとニオブの化学的特性はよく似ている。同じ第5族元素バナジウムと似ているところもあるが、バナジウムでよくみられる酸化数+2, +3の化合物はタンタルとニオブでは少ない[27]

酸化物[編集]

ヘキサタンタル酸イオン [Ta6O19]8−

五酸化タンタル英語版 (Ta2O5) は、実用上の観点からはもっとも重要な化合物である。4価の酸化物 (TaO2)不定比化合物で、ルチル構造を取る。3価の酸化物 (Ta2O3) は知られていない[28]

タンタル酸塩と呼ばれる化合物は、実際には複酸化物であることがほとんどで、孤立したタンタル酸イオンを含む化合物はまれである[29]。前者の例として、イルメナイト類似構造を取るタンタル酸リチウム (LiTaO3) や、ペロブスカイト構造を取るタンタル酸カリウム (KTaO3) が挙げられる。これらの結晶ではタンタル原子が6個の酸素原子に囲まれており、孤立した [TaO3] イオンは存在しない。タンタル酸イットリウム (YTaO4) は後者の例で、灰重石に似た構造を持つ結晶には、孤立した四面体状のタンタル(V)酸イオン [TaO4]3− が含まれる[30]

五酸化タンタルと水酸化アルカリを溶融し、生成物を水で処理すると、水溶性のイソポリ酸塩が得られる[26]。カリウムイオン (K+) とヘキサタンタル酸イオン [Ta6O19]8− からなる K8[Ta6O19]⋅16H2O がよく知られている。[Ta6O19]8−は、6個のTaO6八面体が稜共有でつながった構造をしており、タングステンのイソポリ酸イオン [W6O19]2− と同じ形である。25個の原子からなる大きなイオンであるが、水溶液中でもこのままの形で存在する[27]

窒化物・炭化物・ホウ化物[編集]

他の耐火金属英語版と同様に、発見されているタンタル化合物の中でもっとも硬いのは、ホウ化物や炭化物である。炭化タンタル (TaC) は、同様の用途で用いられている炭化タングステンと同様、硬いセラミックスで、切削工具に使われる。窒化タンタルは、マイクロエレクトロニクスの分野において薄膜絶縁体として用いられる[31]

硫化物[編集]

もっとも研究されているタンタルのカルコゲン化物は硫化タンタル(IV) (TaS2) であり、他の遷移金属ジカルコゲナイドに見られるように、層状半導体である。タンタルとテルルの合金は準結晶を形成する[32]

ハロゲン化物[編集]

タンタルのハロゲン化物の酸化数は+5、+4、+3を取る。フッ化タンタル(V)英語版 (TaF5) は融点が摂氏97.0度の白い固体である。気相の孤立TaF5分子は三方両錐形分子構造を取るが、固体中ではTaF6八面体が頂点共有した四量体として存在する。ヘプタフルオロタンタル(V)酸イオン [TaF7]2− は、タンタルをニオブから分離する際に用いられる[33]塩化タンタル(V)臭化タンタル(V)ヨウ化タンタル(V) (TaCl5, TaBr5, TaI5) は、固体中ではTaX6八面体が稜共有した二量体として存在し、水にあうと加水分解してハロゲン化酸化物となる[34]。塩化タンタル(V)は、有機タンタル化合物の合成において出発物質として用いられる[35]

フッ化タンタル(IV) (TaF4) は知られていない。他のハロゲン化タンタル(IV) (TaX4) も不安定で、空気中で容易に酸化されてハロゲン化酸化物を与える。また加熱により酸化数+5のハロゲン化物 (TaX5) と酸化数+3のハロゲン化物 (TaX3)不均化する[26]

見かけの酸化数が+2.5または+2.33となる塩化物、臭化物、ヨウ化物が知られている。これらのハロゲン化物では、6個のタンタル原子が正八面体状に並んだ、[Ta6X12]3+または[Ta6X12]2+が構成単位として認められる。この構成単位に含まれるハロゲン原子はタンタル原子がつくる八面体の外側に位置しており、化合物内の金属原子の間に化学結合が存在していること示している[26][28]

有機タンタル化合物[編集]

ペンタメチルタンタル (Ta(CH3)5)

有機タンタル化合物としては、ペンタメチルタンタル英語版、塩化アルキルタンタル、水素化アルキルタンタル、およびカルベン錯体シクロペンタジエニル錯体などがある[36][37]金属カルボニルは、ヘキサカルボニルタンタル(−I)酸イオン [Ta(CO)6] や関連するイソシアニドについて、多様な塩や置換誘導体が知られている。

存在[編集]

タンタルの宇宙における存在度は重量比では0.08 ppb程度[38]、原子数では全原子数の8×10-9パーセント程度とされ、原子数では安定元素として宇宙でもっとも希少である[39]。宇宙において鉄より重い元素のほとんどは、超新星爆発恒星内部での中性子捕獲反応によって生成される[40]。中性子捕獲による元素生成では、鉄が中性子捕獲により質量数が大きな鉄の同位体になり、ベータ崩壊によって原子番号の1つ大きな元素となる反応を繰り返して、各種の同位体が生成されるが、中性子捕獲やベータ崩壊の起きやすさによって、どの同位体が多くなるかが決定され、この結果タンタルは希少なものとなっている[41]

タンタルには、180Ta (0.012 %) と181Ta (99.988 %) の2種類の天然同位体が存在し、このうち180Taは全核種の中でもっとも少ない。従来の超新星爆発や中性子捕獲による機構では、この180Taの少なさを説明できずにいたが、超新星爆発の際に放出されるニュートリノ180Hf181Taと弱い相互作用を起こして180Taを生成するモデルが新たに提案された。180Taは基底状態で半減期8.15時間のものと、半減期1015年以上の準安定な核異性体があり、弱い相互作用によって生成される180Taの基底状態と核異性体のうち、基底状態のものはすべて放射性壊変により消滅するため、半減期の長い核異性体のみが残り、基底状態と核異性体の生成比率の理論計算値から求めた核異性体の推定量が実在量と一致することから、180Taの生成起源が説明され、またその希少さの理由も説明されることになった[40]

タンタルは、地球の地殻に重量比で1 ppm[42]から2 ppm[43]程度含まれていると推計されている。

タンタルを含む鉱物はたくさんあるが、工業的に原材料として利用されているのはそのごく一部だけである。タンタル石(鉄タンタル石、マンガンタンタル石、マグネシウムタンタル石などで構成される)、マイクロ石ウォッジナイト英語版ユークセン石英語版(より正確にはイットリウムユークセン石)、ポリクレース石英語版(より正確にはイットリウムポリクレース石)といった鉱物がある[3]。タンタル抽出の観点では、タンタル石 (Fe, Mn)Ta2O6 がもっとも重要である。タンタル石とコルンブ石 (Fe, Mn) (Ta, Nb)2O6 と同じ鉱石構造をしている。ニオブよりタンタルが多いものをタンタル石と呼び、タンタルよりニオブが多いものをコルンブ石(あるいはニオブ石)と呼ぶ。タンタル石やそのほかタンタル含有鉱物は密度が高いため、選鉱には重力選鉱英語版が最良の手段である。他にサマルスキー石フェルグソン石といった鉱物がタンタルを含むことがある。

こうした鉱石類の鉱床は、古い時代に起きた、大陸地殻内部の物質が溶融してマグマが生じ、結晶分化作用によって濃集したことによるものや、化学的風化作用によって難溶性の鉱物のみが残って形成される風化残留鉱床によるものなどで形成されている。その生成の由来から、古い地殻にのみ存在する鉱床であるとされている[44]

また、スズの原料鉱石である錫石の微量成分としてもタンタルが含まれることがある。錫石の鉱床も、花崗岩質マグマや熱水鉱液に由来し、風化・流出して地表水や海水により重力選別を受けて形成される[44]

生産[編集]

オーストラリア・ピルバラ産のタンタル石
2012年までのタンタル生産量の変化[45]

タンタルの生産は、スズの精錬に際して出てくる鉱滓(スラグ)に含まれるものから抽出するものと、タンタル鉱石を採掘して生産するものがある[46]。タンタルの精錬は、冶金工業においても要求の厳しい分野である。精錬上の主な問題は、タンタルの鉱石にはかなりの量のニオブが含まれており、その化学的性質がタンタルとほとんど同じという点にある。この問題を解決するために多くの方式が開発されてきた。現代では、この分離は湿式精錬によって実施されている[47]

精錬[編集]

スズスラグを起点としてタンタルを抽出する場合、電気炉中でスラグをコークスと反応させて炭化物とし、これを精製してアルカリ処理してタンタル分を濃縮して精鉱を得る。これ以降は、タンタル鉱石を起点としてタンタルを抽出する場合と同じである[46]

タンタル鉱石を起点とする場合、鉱石は砕かれて、重力選鉱により選別される。一般的にこの処理は、鉱山の近くで実施される。

フッ化水素酸硫酸または塩酸を使って、鉱石の浸出英語版を行うところから抽出が始まる。これにより鉱石に含まれる多くの非金属不純物からタンタルとニオブを分離することができる。タンタルは様々な形態で鉱石に含まれるが、こうした条件下ではほとんどのタンタルの5価の酸化物は同じようにふるまうので、五酸化物を代表として取り扱うことができる。この抽出を簡単な式で示せば以下の通りとなる。

これとほぼ同じ反応がニオブ側の成分にも起きるが、この抽出条件においては六フッ化物が主に得られる。

この式は単純化されたものである。硫酸および塩酸を使った際に、それぞれ硫酸水素イオン (HSO4) および塩化物イオンがニオブ(V)イオンとタンタル(V)イオンの配位子として競合すると推測されている[47]。タンタルのフッ化物とニオブのフッ化物の錯体が、水溶液からシクロヘキサノンオクタノールメチルイソブチルケトンといった有機溶媒液液抽出によって抽出される。この単純な操作によって、鉄、マンガンチタンジルコニウムといったほとんどの金属含有不純物が水溶液にフッ化物やそのほかの錯体として残り、取り除くことができる。

タンタルをニオブから分離する操作は、混合された酸のイオン強度を下げていくことによって、ニオブが水溶液に溶け出すことで行われる。この条件では、オキシフッ化物 H2[NbOF5] が形成されると見られている。ニオブの除去後、精製された H2[TaF7] の溶液はアンモニア水溶液によって中和され、酸化タンタルの水和物が固体として得られ、これを煆焼して五酸化タンタル (Ta2O5) を得る[48]

あるいは、ニオブ除去後のH2[TaF7] の溶液を加水分解する代わりに、フッ化カリウムで処理してヘプタフルオロタンタル(V)酸カリウム英語版(フッ化タンタル酸カリウム)を得ることもできる。H2[TaF7] と異なりカリウム塩は容易に結晶化し、固体として取り扱うことができる。

マリニャック法と呼ばれる古い手段では、H2[TaF7]H2[NbOF5] の混合物を K2[TaF7]K2[NbOF5] の混合物に変化させ、これを水への溶解度の差を利用する分別晶析法により分離していた。

金属タンタルの製造[編集]

精錬によって得られたフッ化タンタル酸カリウムあるいは五酸化タンタルは、その後フッ化タンタル酸カリウムのナトリウム還元あるいは五酸化タンタルの溶融塩電解、炭素還元、フッ化物・塩化物・酸化物などの水素還元といった方法で金属タンタルにする[49]。工業的に用いられる方法は、ナトリウム還元法または溶融塩電解である[46]

フッ化タンタル酸カリウムのナトリウム還元は、反応るつぼに原料のフッ化タンタル酸カリウムを積み重ね、アルゴンなどの不活性ガスで満たし、ヒーターで加熱しながら金属ナトリウムを導入する。ナトリウムの沸点である摂氏883度に達するとナトリウムが蒸発してフッ化タンタル酸カリウムの表面に達し、これによって還元反応が進行する[49]。還元後、温水やメタノールで洗浄することでタンタルの粗金属が得られる[46]

溶融塩電解法は、ホール・エルー法を改良したものを用いる。タンタル溶融塩電解では、入力として酸化物、出力として金属の、どちらも液体を利用するのではなく、粉末状の酸化物を用いて実行される。この手法の最初の発見は1997年のことで、ケンブリッジ大学の研究者がある種の酸化物の小さなサンプルを溶融塩に浸し、電流によりこの酸化物を還元したことによる。陰極には金属酸化物の粉末を使っていた。陽極は炭素製であった。摂氏約1,000度の溶融塩が電解質として用いられた。この方法の最初の精錬装置は、全世界の年間需要の3 - 4パーセント程度を供給できる能力を持っている[50]

こうした方法で得られるタンタルは、真空熱処理によって脱水素を行ったり、電子ビーム溶解によってインゴット化したりする。タンタルをさらに高純度化するためには、電子ビーム帯域溶解法を用いる[46]

タンタルの加工[編集]

タンタルの溶接は、大気中の気体による汚染を防ぐためにアルゴンヘリウムなどの不活性気体の中で行わなければならない。タンタルははんだ付け不能である。タンタルを切削加工するのは難しく、特に焼なましをしたタンタルについては難しい。焼きなましをした状態では、タンタルは非常に展延性が高く、簡単に金属板に加工することができる[51]

生産国および生産量[編集]

2015年時点のタンタル生産国、ルワンダが首位
2006年時点のタンタル生産国、オーストラリアが首位

21世紀初頭の時点では、オーストラリアおよびブラジルが主なタンタル生産国であったが、それ以降はタンタル生産の大きな地理的変化が進んでいる。2007年から2014年にかけて、鉱山からのタンタル生産はコンゴ民主共和国ルワンダやその他アフリカ諸国へと大規模に移っている[52]。2017年のタンタル生産国上位は、1位がルワンダで390トン、2位がコンゴ民主共和国で370トン、3位がナイジェリアで190トン、4位がブラジルで100トン、5位が中華人民共和国で95トンの順となっている[53]。将来的なタンタル供給源は、推計されている埋蔵量順に、サウジアラビアエジプトグリーンランド中華人民共和国モザンビークカナダオーストラリアアメリカ合衆国フィンランドブラジルである[54][55]

長らくタンタルの最大生産国であったオーストラリアでは、最大生産者のタリソン・ミネラルズ英語版西オーストラリア州の南西部のグリーンブッシュおよびピルバラ地区のウドギナという2か所で鉱山を操業している。世界的な金融危機のために、ウドギナ鉱山は2008年末に操業を中止していたが、2011年1月に再開された[56]。再開から1年経たないうちに、タリソン・ミネラルズは「タンタル需要の軟化」とその他の原因を理由として、2012年2月末にタンタル採掘を中断することを発表した[57]。ウドギナではタンタルの鉱物を採掘し、グリーンブッシュにおいてさらに精製が行われてから顧客に売却されている[58]。ニオブの大規模生産国はブラジルカナダであるが、そうした場所で生産される鉱物からも少ないがタンタルが得られる。他に、中華人民共和国エチオピアモザンビークといった場所の鉱山がタンタルの比率の高い鉱物を産出し、世界のタンタル生産量の上位を占めている。また、タイマレーシアスズ生産の副産物としてもタンタルが得られる。砂鉱床英語版からの鉱石を重力選鉱する際に、錫石 (SnO2) だけではなく、少ない比率ではあるがタンタル石も含まれてくる。この結果、スズ溶鉱炉から出てくる鉱滓には、経済的に有用な量のタンタルが含まれている[11][59]

タンタルの年間生産量は、1997年から2001年にかけては純タンタル換算で1,478トンから2,257トン程度であった[44]。現状の生産量で考えれば、タンタルの残存埋蔵量は50年以下であると見積もられており、リサイクルの必要性が高まっていることを示している[60]

タンタルはコモディティとして市場で取引される商品ではなく、また金属単体での取引も基本的に行われていない。鉱石の形態で、売り手と買い手の直接交渉により値段が決定されている[61]。タンタルの価格は、30パーセントTa2O5の鉱石ベースにして、1ポンド(約454グラム)あたりの価格が雑誌等で掲載されている。1980年代から1990年代にかけて長らく20 - 30ドル程度で推移していたが、2000年以降はIT需要の拡大により高騰と、IT不況による停滞がたびたびあり、2007年末時点では35ドル程度となっている[46]。その後は高騰し、2011年から2012年にかけては1ポンド当たりに換算して120ドルを超える高値で取引されていた[61]

紛争資源として[編集]

タンタルは紛争資源英語版(紛争鉱物)の1種であるとされる。コルンブ石とタンタル石の産業上の名称であるコルタンからはニオブとタンタルが抽出されるが[62]中部アフリカでも採掘される鉱石であり、コンゴ民主共和国(かつてのザイール)における第二次コンゴ戦争とタンタルが関わってくる理由となっている。2003年10月23日の国連報告によれば[63]、密輸も含めたコルタンの輸出が、第二次世界大戦以来最悪の死者数記録となる、1998年以降だけで約540万人が死んだコンゴにおける戦争を助長しているとされる[64]。コンゴ盆地の武力紛争地帯においてコルタンのような資源を収奪することに伴う、責任ある企業行動、人権、野生生物の危機といった倫理上の問題が問われるようになっている[65][66][67][68]。しかし、コルタンの採掘はコンゴの地域経済にとっては重要であるが、世界のタンタル供給に占める割合は通常は小さい。アメリカ地質調査所の年鑑は、この地域のタンタル生産量は、2002年から2006年にかけての世界のタンタル生産量の1パーセント未満で、2000年と2008年に10パーセントに達したのが最高であるとしている[59]

「ソリューションズ・フォー・ホープ・タンタルプロジェクト」の目的は、「コンゴ民主共和国から紛争と関係しないタンタルを供給する」ことであるとされている[69]

用途[編集]

電気・電子機器[編集]

各種のタンタル電解コンデンサ、左がリード型、右がチップ型、大きさの比較としてマッチ棒を示す

タンタルの主な用途は、電子機器の製造であり、主にコンデンサ(キャパシタ)や高出力抵抗器などに金属粉末の形態で用いられる。タンタル電解コンデンサ英語版は、タンタルが表面に保護酸化被膜を形成する性質を利用し、タンタルの粉末をペレット状の形態に焼き固めたものを一方の極板とし、酸化物 (Ta2O5) を誘電体とし、電解液または伝導性のある固体をもう一方の極板としたものである。誘電体の層が非常に薄くなる(同様のアルミニウム電解コンデンサなどに比べてもかなり薄い)ことから、小容量でも大きな静電容量を実現できる。大きさと重量の利点から、携帯電話パーソナルコンピュータ自動車エレクトロニクス英語版カメラといった用途に適する[70]

また、表面弾性波フィルター(SAWフィルター)の材料としても用いられる。これは特定の信号波のみを選択的に通すフィルターであり、携帯電話などにおいて決められた送受信周波数以外の周波数成分をカットするために用いられる。電気信号を圧電効果を利用して一旦機械的な振動に変換し、固体表面を伝搬する弾性表面波とした上で、その圧電結晶基盤の上に形成されたパターンの構造により選択的に周波数フィルターを適用し、再び電気信号に変換する仕組みとなっている。このための圧電単結晶としてタンタル酸リチウム (LiTaO3) またはニオブ酸リチウム (LiNbO3) が用いられている[71]

スパッタリングによって薄膜を形成する際に、ターゲット材(薄膜材料)としてタンタル(五酸化タンタル)を用いることがある[72]。これによって高誘電率・高絶縁耐圧の薄膜形成が行われる[73]

かつて白熱電球のフィラメントの製造にタンタルが利用されていたことがある。フィラメントは当初炭素(カーボン)のものが使用されていたが、その性能を向上させるために様々な金属フィラメントの開発が行われ、1902年にドイツジーメンス・ウント・ハルスケの技術者ヴェルナー・フォン・ボルトンドイツ語版がタンタルを利用したフィラメントを開発した。この電球は効率が良く明るく白い光を出すことから好評であった。アメリカのゼネラル・エレクトリックはライセンス生産の権利を買って1910年まで生産しており、ジーメンス自体は1913年まで生産していたが、1904年に発明され1906年に商品化されたタングステンフィラメントを利用した電球がより効率が高く寿命が長かったことから、タンタル電球は時代遅れとなった[74][75][76]

合金[編集]

タンタルは、高い融点や強度、展延性などを持つ様々な種類の合金を製造するために用いられる。他の金属と合金とすることで、金属加工用の超硬工具を製作したり、ジェットエンジン部品、化学処理装置、原子炉、ミサイル部品、熱交換器、タンクや容器向けの超合金の生産といった目的で用いられる[77][70][78]。展延性が高いことから、細いワイヤやフィラメントをタンタルから作って、アルミニウムのような金属の蒸着処理に用いられる。

タンタルはほとんどの酸に対して不活性であるが、フッ化水素酸、熱硫酸、熱アルカリ水溶液などはタンタルを腐食する。この性質のため、化学反応を行う容器や腐食性流体の配管などに有用な金属である。塩酸を蒸気で熱するための熱交換材はタンタルで作られる[79]。タンタルは無線送信機の極超短波真空管の製造に広く用いられている。タンタルは、窒化物や酸化物を形成して窒素や酸素を捕獲できるので、グリッドやプレートといった真空管内部の部品に使って、真空管内に必要な高い真空度を維持することができる[33][79]

融点が高く酸化耐性があることから、真空炉英語版の部品の生産にタンタルが使われる。タンタルは不活性であることから、サーモウェル英語版、バルブ本体、タンタル製締結部品などの腐食耐性のある様々な部品の製造に用いられる。

その他[編集]

カザフスタン銀行発行のバイメタル貨、周辺のリングが銀で、中央がタンタルである

密度の高さから、成型炸薬自己鍛造弾の内張りがタンタルで作られる[80]。タンタルはその高い密度と融点から、成形炸薬弾の装甲貫徹能力を大いに増進する[81][82]

またときには、オーデマ・ピゲウブロモンブランオメガオフィチーネ・パネライといった高級腕時計の製造にも用いられる。

タンタルは体液に耐え、生体に対して不活性で刺激性が少ないため、外科用医療用具や人体埋め込み材(インプラント材)などの製作に広く用いられる。たとえば、タンタルは硬組織に直接接着する能力が高いことから、多孔性のタンタルコーティングが整形外科用の埋め込み物の製作に用いられる[83][84]。タンタルは剛性が高いため、応力遮蔽英語版を避けるために、多孔質発泡体や低い剛性の骨格の形態で人工股関節置換術に用いられる[85]。タンタルは非鉄・非磁性の金属であるので、こうしたインプラント材を埋め込まれた患者も核磁気共鳴画像法 (MRI) の検査を受けられるとされている[86]

またタンタル酸化物は、カメラのレンズ用に特別に高い屈折率のガラスを作るために用いられる[87]

環境問題[編集]

タンタルは地球科学からの関心に比べて、環境分野ではほとんど関心を持たれていない。上部地殻でのタンタル濃度や地殻あるいは鉱物におけるニオブ/タンタル比率の計測は地球化学的な道具として有用であるため、値が計測されている[88]。2008年時点で最新の上部地殻でのタンタル濃度は0.92 ppmで、ニオブ/タンタル比は12.7である[89]

環境中の様々な場所におけるタンタルの濃度に関する情報はあまりなく、特に自然の海水や淡水に溶けているタンタルの濃度に関する信頼性のあるデータが得られたことはない[90]。海水中に溶けているタンタルの濃度に関する値がいくつか発表されているが、それらには矛盾がある。淡水中の値に関しても海水の測定値に比べいくらかましであるにすぎないが、しかし自然の水中における溶解濃度は現在の分析能力の限界未満であることから、おそらく1リットル当たり1ナノグラムを下回っていると考えられている[91]。分析には予備濃縮法を用いる必要があるが、今のところは一貫性のある結果とならない。そしていずれにせよ、タンタルは自然界の水の中では溶けているというよりはほぼ微粒子の状態で存在しているものと思われる[90]

土壌、河床堆積物、大気エーロゾルなどに含まれる濃度の値はより容易に入手できる[90]。土壌中の濃度はほぼ1 ppmであり、地殻中のタンタル濃度である。これは砕岩質に由来することを示唆している。大気エーロゾルに含まれる値はさまざまであり、また限られている。タンタルの濃縮が観測される場合は、雲の中のエーロゾルの水により溶ける物質が失われたことによるものであろう[92]

人間がタンタルを利用していることに伴う汚染が発見されたことはない[93]。生物地球化学的にはタンタルは非常に変化の少ないものだと思われるが、その循環や反応性についてはいまだ完全に理解されているとは言えない。

人体への危険性[編集]

タンタルは生物適合性英語版が高く[84]、体内インプラント材やコーティング剤などとして使われるため、注意は他の元素や化合物の物理的性質にむけられる[94]

職場においては、吸入、皮膚への接触、眼球への接触といった形でタンタルに人体が暴露される可能性がある。アメリカの労働安全衛生局英語版は、職場におけるタンタル暴露の法的限界(許容暴露限界英語版)を1日8時間労働に対して5 mg/m3と設定している。アメリカ国立労働安全衛生研究所英語版では、推奨される暴露限度英語版として、1日8時間労働に対しては5 mg/m3、短期限界として10 mg/m3を設定している。2,500 mg/m3に達すると、タンタルは生命または健康に対する差し迫った危険英語版であるとされる[95]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ doi:10.1107/S0567740873004140
    これはおそらく他の言語版からコピーされた出典です。日本語版では副テンプレートはまだ作成されていません。テンプレートページを開いて該当言語版からコピーする必要があります。通常英語版ページ
  2. ^ Magnetic susceptibility of the elements and inorganic compounds Archived 2004年3月24日, at the Wayback Machine., in Handbook of Chemistry and Physics 81st edition, CRC press.
  3. ^ a b http://www.mindat.org
  4. ^ Ekeberg, Anders (1802年). “Of the Properties of the Earth Yttria, compared with those of Glucine; of Fossils, in which the first of these Earths in contained; and of the Discovery of a metallic Nature (Tantalium)”. Journal of Natural Philosophy, Chemistry, and the Arts 3: 251–255. https://www.biodiversitylibrary.org/item/15589#page/265/mode/1up. 
  5. ^ Ekeberg, Anders (1802年). “Uplysning om Ytterjorden egenskaper, i synnerhet i aemforelse med Berylljorden:om de Fossilier, havari förstnemnde jord innehales, samt om en ny uptäckt kropp af metallik natur”. Kungliga Svenska vetenskapsakademiens handlingar 23: 68–83. https://archive.org/details/kungligasvenskav2231kung. 
  6. ^ Griffith, William P.; Morris, Peter J. T. (2003年). “Charles Hatchett FRS (1765–1847), Chemist and Discoverer of Niobium”. Notes and Records of the Royal Society of London 57 (3): 299. doi:10.1098/rsnr.2003.0216. JSTOR 3557720. 
  7. ^ Wollaston, William Hyde (1809年). “On the Identity of Columbium and Tantalum”. Philosophical Transactions of the Royal Society of London 99: 246–252. doi:10.1098/rstl.1809.0017. JSTOR 107264. 
  8. ^ Rose, Heinrich (1844年). “Ueber die Zusammensetzung der Tantalite und ein im Tantalite von Baiern enthaltenes neues Metall” (German). Annalen der Physik 139 (10): 317–341. Bibcode 1844AnP...139..317R. doi:10.1002/andp.18441391006. http://gallica.bnf.fr/ark:/12148/bpt6k15148n/f327.table. 
  9. ^ Rose, Heinrich (1847年). “Ueber die Säure im Columbit von Nordamérika” (German). Annalen der Physik 146 (4): 572–577. Bibcode 1847AnP...146..572R. doi:10.1002/andp.18471460410. http://gallica.bnf.fr/ark:/12148/bpt6k15155x/f586.table. 
  10. ^ a b Marignac, Blomstrand; H. Deville; L. Troost; R. Hermann (1866年). “Tantalsäure, Niobsäure, (Ilmensäure) und Titansäure”. Fresenius' Journal of Analytical Chemistry 5 (1): 384–389. doi:10.1007/BF01302537. 
  11. ^ a b c Gupta, C. K.; Suri, A. K. (1994). Extractive Metallurgy of Niobium. CRC Press. ISBN 0-8493-6071-4. 
  12. ^ Marignac, M. C. (1866年). “Recherches sur les combinaisons du niobium” (French). Annales de chimie et de physique 4 (8): 7–75. http://gallica.bnf.fr/ark:/12148/bpt6k34818t/f4.table. 
  13. ^ Hermann, R. (1871年). “Fortgesetzte Untersuchungen über die Verbindungen von Ilmenium und Niobium, sowie über die Zusammensetzung der Niobmineralien (Further research about the compounds of ilmenium and niobium, as well as the composition of niobium minerals)” (German). Journal für Praktische Chemie 3 (1): 373–427. doi:10.1002/prac.18710030137. 
  14. ^ Niobium”. Universidade de Coimbra. 2008年9月5日閲覧。
  15. ^ Bowers, B. (2001年). “Scanning Our Past from London The Filament Lamp and New Materials”. Proceedings of the IEEE 89 (3): 413. doi:10.1109/5.915382. 
  16. ^ Greenwood, Norman N.; Earnshaw, Alan. (1997), Chemistry of the Elements (2 ed.), Oxford: Butterworth-Heinemann, p. 1138, ISBN 0080379419 
  17. ^ Colakis, Marianthe; Masello, Mary Joan (2007-06-30). “Tantalum”. Classical Mythology & More: A Reader Workbook. ISBN 978-0-86516-573-1. https://books.google.com/?id=5o3Lr2Swz8sC&pg=PA204. 
  18. ^ Lee, S.; Doxbeck, M.; Mueller, J.; Cipollo, M.; Cote, P. (2004年). “Texture, structure and phase transformation in sputter beta tantalum coating”. Surface and Coatings Technology 177–178: 44. doi:10.1016/j.surfcoat.2003.06.008. 
  19. ^ 足立 吟也、南 努 『現代無機材料科学』 化学同人、2007年1月1日、179 - 180頁。ISBN 978-4759810745
  20. ^ 絶対零度付近で初の超伝導”. Nature Japan K.K. (2011年5月23日). 2018年10月3日閲覧。
  21. ^ Hult, Mikael; Wieslander, J. S. Elisabeth; Marissens, Gerd; Gasparro, Joël; Wätjen, Uwe; Misiaszek, Marcin (2009年). “Search for the radioactivity of 180mTa using an underground HPGe sandwich spectrometer”. Applied Radiation and Isotopes 67 (5): 918–921. doi:10.1016/j.apradiso.2009.01.057. http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0969804309000657 2014年9月23日閲覧。. 
  22. ^ Georges, Audi; Bersillon, O.; Blachot, J.; Wapstra, A. H. (2003年). “The NUBASE Evaluation of Nuclear and Decay Properties”. Nuclear Physics A (Atomic Mass Data Center) 729: 3–128. Bibcode 2003NuPhA.729....3A. doi:10.1016/j.nuclphysa.2003.11.001. http://hal.in2p3.fr/in2p3-00014184. 
  23. ^ Win, David Tin; Al Masum, Mohammed (2003年). “Weapons of Mass Destruction” (PDF). Assumption University Journal of Technology 6 (4): 199–219. http://www.journal.au.edu/au_techno/2003/apr2003/aujt6-4_article07.pdf. 
  24. ^ https://mis.triumf.ca/science/planning/yield/target/Ta
  25. ^ Tantalum”. Encyclopædia Britannica. 2018年9月30日閲覧。
  26. ^ a b c d Housecroft, Catherine E.、Sharpe, A. G 『ハウスクロフト無機化学』(下)、巽 和行、西原 寛、穐田 宗隆、酒井 健 監訳、東京化学同人、2012年、原著第3版、741-746頁。ISBN 978-4-8079-0778-6
  27. ^ a b 新村 陽一 『無機化学』 朝倉書店、1984年、187-189頁。ISBN 4-254-14025-8
  28. ^ a b Greenwood, Norman N.; Earnshaw, Alan. (1997), Chemistry of the Elements (2 ed.), Oxford: Butterworth-Heinemann, pp. 976–1001, ISBN 0080379419 
  29. ^ 「タンタル酸塩」『標準化学用語辞典』 日本化学会 編、丸善出版、2005年、第2版。ISBN 978-4-621-07531-9
  30. ^ 宮脇 律郎「新種鉱物の記載と結晶構造」、『日本結晶学会誌』第53巻第1号、2011年、 58-63頁、 doi:10.5940/jcrsj.53.58
  31. ^ Tsukimoto, S.; Moriyama, M.; Murakami, Masanori (1961年). “Microstructure of amorphous tantalum nitride thin films”. Thin Solid Films 460 (1–2): 222–226. Bibcode 2004TSF...460..222T. doi:10.1016/j.tsf.2004.01.073. 
  32. ^ Holleman, A. F.; Wiberg, E.; Wiberg, N. (2007) (German). Lehrbuch der Anorganischen Chemie (102nd ed.). de Gruyter. ISBN 978-3-11-017770-1. 
  33. ^ a b Soisson, Donald J.; McLafferty, J. J.; Pierret, James A. (1961年). “Staff-Industry Collaborative Report: Tantalum and Niobium”. Ind. Eng. Chem. 53 (11): 861–868. doi:10.1021/ie50623a016. 
  34. ^ 「タンタル化合物」『岩波理化学辞典』 岩波書店、1999年、第5版CD-ROM版。ISBN 4-00-130102-4
  35. ^ 「有機タンタル錯体」『有機金属化合物・超分子錯体』21、日本化学会 編、丸善出版〈実験化学講座〉、2004年、第5版、99-107頁。ISBN 4621073206
  36. ^ Schrock, Richard R. (1979年3月1日). “Alkylidene complexes of niobium and tantalum”. Accounts of Chemical Research 12 (3): 98–104. doi:10.1021/ar50135a004. ISSN 0001-4842. https://doi.org/10.1021/ar50135a004. 
  37. ^ Morse, P. M.; Shelby, Q. D.; Kim, D. Y.; Girolami, G. S. (2008年). “Ethylene Complexes of the Early Transition Metals: Crystal Structures of [HfEt4(C2H4)2−] and the Negative-Oxidation-State Species [TaHEt(C2H4)3−
    3
    ]
    and [WH(C2H4)3−
    4
    ]
    ”. Organometallics 27 (5): 984. doi:10.1021/om701189e.
     
  38. ^ WebElements Periodic Table Tantalum”. WebElements. 2018年9月30日閲覧。
  39. ^ Abundance in the Universe of the elements”. periodictable.com. 2018年9月30日閲覧。
  40. ^ a b 梶野敏貴、早川岳人、千葉敏「太陽系で最も希少な同位体タンタル180の起源は超新星爆発のニュートリノ (PDF) 」 、『国立天文台ニュース』第204号、2010年7月、 3 - 5頁、2018年9月30日閲覧。
  41. ^ Why is tantalum the least abundant stable element in the universe?”. Quora. 2018年9月30日閲覧。
  42. ^ Emsley, John (2001). “Tantalum”. Nature's Building Blocks: An A-Z Guide to the Elements. Oxford, England, UK: Oxford University Press. p. 420. ISBN 0-19-850340-7. 
  43. ^ Agulyansky, Anatoly (2004). The Chemistry of Tantalum and Niobium Fluoride Compounds. Elsevier. ISBN 978-0-444-51604-6. https://books.google.com/?id=Z-4QXNB5Hp8C 2008年9月2日閲覧。. 
  44. ^ a b c 石原 舜三「タンタル資源とオーストラリアのグリーンブッシュ ペグマタイト見学記 (PDF) 」 、『地質ニュース』第658号、産業技術総合研究所、2009年6月、 72 - 80頁、2018年9月30日閲覧。
  45. ^ U.S. Geological Survey Archived 2013-06-04 at the Wayback Machine.
  46. ^ a b c d e f 南 博志「タンタルの需要・供給・価格動向等 (PDF) 」 、『金属資源レポート』、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構、2008年1月、 79 - 84頁、2018年9月30日閲覧。
  47. ^ a b Zhaowu Zhu; Chu Yong Cheng (2011年). “Solvent extraction technology for the separation and purification of niobium and tantalum: A review”. Hydrometallurgy 107: 1–12. doi:10.1016/j.hydromet.2010.12.015. 
  48. ^ Agulyanski, Anatoly (2004). Chemistry of Tantalum and Niobium Fluoride Compounds (1st ed.). Burlington: Elsevier. ISBN 9780080529028. 
  49. ^ a b 門 智「ニオブ・タンタルの製錬・用途およびその開発状況 (PDF) 」 、『日本鉱業会誌』第100巻第1152号、資源・素材学会、1984年2月、 28 - 38頁。
  50. ^ “Manufacturing metals: A tantalising prospect”. The Economist. (2013年2月16日). https://www.economist.com/news/science-and-technology/21571847-exotic-useful-metals-such-tantalum-and-titanium-are-about-become-cheap 2013年4月17日閲覧。 
  51. ^ NFPA 484 – Standard for Combustible Metals, Metal Powders, and Metal Dusts – 2002 Edition”. National Fire Protection Association. NFPA (2002年8月13日). 2016年2月12日閲覧。
  52. ^ Shift in Global Tantalum Mine Production, 2000–2014”. U.S. Geological Survey (2015年). 2018年9月30日閲覧。
  53. ^ Minerals commodity survey 2018 Tantalum (PDF)”. United States Geological Survey (2018年). 2018年10月3日閲覧。
  54. ^ M. J. (2007年11月). “Tantalum supplement” (PDF). Mining Journal. http://www.noventa.net/pdf/presentations/tanatalumSCR_presentation.pdf 2008年6月3日閲覧。. 
  55. ^ “International tantalum resources — exploration and mining” (PDF). GSWA Mineral Resources Bulletin 22 (10). オリジナルの2007-09-26時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070926195547/http://www.doir.wa.gov.au/documents/gswa/gsdMRB_22_chap10.pdf. 
  56. ^ “Talison Tantalum eyes mid-2011 Wodgina restart 2010-06-09”. Reuters. (2010年6月9日). https://af.reuters.com/article/drcNews/idAFLDE6530TW20100609 2010年8月27日閲覧。 
  57. ^ Emery, Kate (2012年1月24日). “GAM closes Wodgina tantalum mine”. The West Australian. オリジナル2012年12月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121204055041/http://au.news.yahoo.com/thewest/business/a/-/business/12702333/gam-closes-wodgina-tantalum-mine/ 2012年3月20日閲覧. "Worldwide softening tantalum demand and delays in receiving Governmental approval for installation of necessary crushing equipment are among contributing factors in this decision" 
  58. ^ Wodgina Operations”. Global Advanced Metals (2008年). 2011年3月28日閲覧。
  59. ^ a b Papp, John F. (2006年). “2006 Minerals Yearbook Nb & Ta”. US Geological Survey. 2008年6月3日閲覧。
  60. ^ How much is left?”. 2013年1月13日閲覧。
  61. ^ a b Tantalum Price - Metalary”. Metalary. 2018年10月2日閲覧。
  62. ^ Tantalum-Niobium International Study Center: Coltan Retrieved 2008-01-27
  63. ^ S/2003/1027” (2003年10月26日). 2008年4月19日閲覧。
  64. ^ Special Report: Congo”. International Rescue Committee. 2008年4月19日閲覧。
  65. ^ Hayes, Karen; Burge, Richard. Coltan Mining in the Democratic Republic of Congo: How tantalum-using industries can commit to the reconstruction of the DRC. 1–64. ISBN 1-903703-10-7. 
  66. ^ Dizolele, Mvemba Phezo (2011年1月6日). “Congo's Bloody Coltan”. Pulitzer Center on Crisis Reporting. 2009年8月8日閲覧。
  67. ^ Congo War and the Role of Coltan”. 2009年7月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年8月8日閲覧。
  68. ^ Coltan mining in the Congo River Basin”. 2009年3月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年8月8日閲覧。
  69. ^ ‘Solutions for Hope’ Tantalum Project Offers Solutions and Brings Hope to the People of the DRC”. Solutions Network. 2014年9月18日閲覧。
  70. ^ a b Commodity Report 2008: Tantalum (PDF)”. United States Geological Survey. 2008年10月24日閲覧。
  71. ^ SAWフィルター (PDF) 」 、『セラミックス』第41巻第8号、日本セラミックス協会、2006年8月、 627 - 628頁。
  72. ^ スパッタリングターゲット材”. 2018年10月4日閲覧。
  73. ^ 藤川久喜、野田浩司、多賀康訓「Ta2O5系高誘電率絶縁膜の作成 (PDF) 」 、『豊田中央研究所R&Dレビュー』第30巻第4号、1995年12月、 13 - 23頁。
  74. ^ 石﨑 有義 (2011年). “白熱電球の技術の系統化調査 (PDF)”. 産業技術史資料情報センター. 2018年10月1日閲覧。
  75. ^ GE Tantalum Filament 25W of American Design”. Museum of Electric Lamp Technology. 2018年10月1日閲覧。
  76. ^ Incandescent - Tantalum Filament”. Museum of Electric Lamp Technology. 2018年10月1日閲覧。
  77. ^ “Tantalum Products: Tantalum Sheet & Plate | Admat Inc” (英語). Admat Inc.. https://www.admatinc.com/tantalum/sheetplate/ 2018年8月28日閲覧。 
  78. ^ Buckman Jr., R. W. (2000年). “New applications for tantalum and tantalum alloys”. JOM Journal of the Minerals, Metals and Materials Society 52 (3): 40. Bibcode 2000JOM....52c..40B. doi:10.1007/s11837-000-0100-6. 
  79. ^ a b Balke, Clarence W. (1935年). “Columbium and Tantalum”. Industrial and Engineering Chemistry 20 (10): 1166. doi:10.1021/ie50310a022. 
  80. ^ Nemat-Nasser, Sia; Isaacs, Jon B.; Liu, Mingqi (1998年). “Microstructure of high-strain, high-strain-rate deformed tantalum”. Acta Materialia 46 (4): 1307. doi:10.1016/S1359-6454(97)00746-5. 
  81. ^ Walters, William; Cooch, William; Burkins, Matthew; Burkins, Matthew (2001年). “The penetration resistance of a titanium alloy against jets from tantalum shaped charge liners”. International Journal of Impact Engineering 26: 823. doi:10.1016/S0734-743X(01)00135-X. 
  82. ^ Russell, Alan M.; Lee, Kok Loong (2005). Structure-property relations in nonferrous metals. Hoboken, NJ: Wiley-Interscience. p. 218. ISBN 978-0-471-64952-6. https://books.google.com/?id=fIu58uZTE-gC&pg=PA129&lpg=PP128#PPA218. 
  83. ^ Cohen, R.; Della Valle, C. J.; Jacobs, J. J. (2006年). “Applications of porous tantalum in total hip arthroplasty”. Journal of the American Academy of Orthopaedic Surgeons 14 (12): 646–55. PMID 17077337. 
  84. ^ a b Gerald L. Burke (1940年). “The Corrosion of Metals in Tissues; and An Introduction to Tantalum”. Canadian Medical Association Journal 43. 
  85. ^ Black, J. (1994年). “Biological performance of tantalum”. Clinical Materials 16 (3): 167–173. doi:10.1016/0267-6605(94)90113-9. PMID 10172264. 
  86. ^ Paganias, Christos G.; Tsakotos, George A.; Koutsostathis, Stephanos D.; Macheras, George A. (2012年). “Osseous integration in porous tantalum implants”. Indian Journal of Orthopaedics 46 (5): 505. doi:10.4103/0019-5413.101032. ISSN 0019-5413. PMID 23162141. 
  87. ^ Musikant, Solomon (1985). “Optical Glass Composition”. Optical Materials: An Introduction to Selection and Application. CRC Press. p. 28. ISBN 978-0-8247-7309-0. https://books.google.com/?id=iJEXMF3JBtQC&pg=PA28. 
  88. ^ Green, TH. (1995年). “Significance of Nb/Ta as an indicator of geochemical processes in the crust-mantle system”. Chemical Geology 120: 347. Bibcode 1995ChGeo.120..347G. doi:10.1016/0009-2541(94)00145-X. https://doi.org/10.1016/0009-2541(94)00145-X. 
  89. ^ Hu, Z.; Gao, S. (2008年). “Upper crustal abundances of trace elements: a revision and update”. Chemical Geology 253: 205. Bibcode 2008ChGeo.253..205H. doi:10.1016/j.chemgeo.2008.05.010. https://doi.org/10.1016/j.chemgeo.2008.05.010. 
  90. ^ a b c Filella, M. (2017年). “Tantalum in the environment”. Earth-Science Reviews 173: 122. https://doi.org/10.1016/j.earscirev.2017.07.002. 
  91. ^ Filella, M.; Rodushkin, I. (2018年). “A concise guide for the determination of less-studied technology-critical elements (Nb, Ta, Ga, In, Ge, Te) by inductively coupled plasma mass spectrometry in environmental samples”. Spectrochimica Acta Part B 141: 80. https://doi.org/10.1016/j.sab.2018.01.004. 
  92. ^ Vlastelic, I.; Suchorski, K.; Sellegri, K.; Colomb, A.; Nauret, F.; Bouvier, L.; Piro, J-L. (2015年). “The high field strength element budget of atmospheric aerosols (puy de Dôme, France)”. Geochimica et Cosmochimica Acta 167: 253. Bibcode 2015GeCoA.167..253V. doi:10.1016/j.gca.2015.07.006. https://doi.org/10.1016/j.gca.2015.07.006. 
  93. ^ Filella, M.; Rodríguez-Murillo, JC. (2017年). “Less-studied TCE: are their environmental concentrations increasing due to their use in new technologies?”. Chemosphere 182: 605. https://doi.org/10.1016/j.chemosphere.2017.05.024. 
  94. ^ Matsuno H; Yokoyama A; Watari F; Uo M; Kawasaki T. (2001年). “Biocompatibility and osteogenesis of refractory metal implants, titanium, hafnium, niobium, tantalum and rhenium. Biocompatibility of tantalum.”. Biomaterials 22 (11): 1253–62. doi:10.1016/S0142-9612(00)00275-1. PMID 11336297. 
  95. ^ CDC – NIOSH Pocket Guide to Chemical Hazards – Tantalum (metal and oxide dust, as Ta)”. www.cdc.gov. 2015年11月24日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]