Dブロック元素

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Dブロック元素とは、鉄族銅族などの遷移元素の総称。DブロックのDは、英語のdiffuseに由来する。亜鉛族元素は典型元素であるが、このブロックに含まれている。d軌道にどのように電子が配置されるかがDブロック元素の物性を決定している。

スカンジウム (Sc) 、チタン (Ti) 、バナジウム (V) 、クロム (Cr) 、マンガン (Mn) 、 (Fe) 、コバルト (Co) 、ニッケル (Ni) 、 (Cu) 、亜鉛 (Zn)
イットリウム (Y) 、 ジルコニウム (Zr) 、ニオブ (Nb) 、モリブデン (Mo) 、テクネチウム (Tc) 、ルテニウム (Ru) 、ロジウム (Rh) 、パラジウム (Pd) 、 (Ag) 、 カドミウム (Cd)
ルテチウム (Lu) 、ハフニウム (Hf) 、タンタル (Ta) 、タングステン (W) 、レニウム (Re) 、オスミウム (Os) 、イリジウム (Ir) 、白金 (Pt) 、 (Au) 、水銀 (Hg)
ローレンシウム (Lr) 、ラザホージウム (Rf) 、ドブニウム (Db) 、シーボーギウム (Sg) 、ボーリウム (Bh) 、ハッシウム (Hs) 、マイトネリウム (Mt) 、ダームスタチウム (Ds) 、レントゲニウム (Rg) 、コペルニシウム (Cn)

関連項目[編集]