安定の島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
推測される安定元素の位置

安定の島(あんていのしま、Island of stability)とは、原子核物理学で理論上予測される安定な超重核の分布のこと。グレン・シーボーグによって唱えられた仮説。

天然に存在しない重い原子核は非常に不安定で、人工的に作ってもすぐに崩壊してしまう。しかし、陽子中性子がともに魔法数の場合、特異的に安定する可能性がある。これは、核図表上でこれまでに知られている天然元素や人工元素の連なりから隔絶した、島状の分布を持つと考えられている。 これらの元素は「安定元素」である確率は皆無に等しいが、半減期が他の超アクチノイド元素に比べると何倍も長いことが予想される。

現在、安定の島で中心を占めると考えられているのがハッシウム292、フレロビウム298、ウンビニリウム304及びウンビヘキシウム310であり、重い原子核同士を衝突させてひとつにする粒子加速器の実験が試みられている。

関連項目[編集]