ヌープ硬度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ヌープ硬度 (ヌープこうど、Knoop hardness) は、工業材料の硬さを表す尺度の一つであり、押込み硬さの一種である。

モース硬度に比べると、数値の増加と硬さの増加とが、より連続的に対応するため、硬度の定量的指標として用いられる。

圧痕表面積で試験荷重を割って算出される。

項目:

L2 = 圧痕表面積(単位mm2
Cp = 補正係数 0.070279
P = 加重(単位kgf)

[編集]

材質 硬度
69
石英 820
炭化ケイ素 2480
高圧相窒化ホウ素 4700
ダイヤモンド 8000

関連項目[編集]