サマルスキー石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サマルスキー石
サマルスキー石の結晶。ノースカロライナ州ヤンシー郡産 (3.3 x 2.8 x 1.7 cm)
分類 酸化物鉱物英語版
シュツルンツ分類 04.DB.25
化学式 (YFe3+Fe2+U,Th,Ca)2(Nb,Ta)2O8
結晶系 斜方晶
対称 Orthorhombic dipyramidal (2/m 2/m 2/m)
単位格子 a = 5.687 Å, b = 4.925 Å, c = 5.21 Å; Z = 2
晶癖 細長く、末端が錐状となった結晶。一般にバルクは粒状
へき開 {010}、不明瞭
断口 貝殻状
粘靱性 脆い
モース硬度 5 - 6
光沢 ガラス光沢 - 樹脂光沢
黒色、もしくは透過光によって明褐色から暗褐色を呈することによる茶から黄褐色がかった黒色。
条痕 赤褐色
透明度 不透明。細い断片では透明。
密度 5.6 - 5.8, 平均 = 5.69
光学性 等方性
屈折率 n = 2.1–2.2
変質 メタミクト
その他の特性 放射性 (70 ベクレル / グラム 以上)
文献 [1][2][3]
プロジェクト:鉱物Portal:地球科学
テンプレートを表示

サマルスキー石放射性を有する希土類鉱石英語版のひとつであり、(YFe3+Fe2+U,Th,Ca)2(Nb,Ta)2O8の組成を有するイットリウムサマルスキー石[1]と(YbFe3+)2(Nb,Ta)2O8の組成を有するイッテルビウムサマルスキー石[4]が含まれる。イットリウムサマルスキー石はまた、(Y,Fe3+,U)(Nb,Ta)O4という組成のものも存在する[3]。このうちイッテルビウムサマルスキー石は希産であり、イットリウムサマルスキー石が最も普通であるため、通常こちらを指してサマルスキー石と呼ぶ。またサマルスカイトとも呼ばれる。

成分・種類[編集]

サマルスキー石の標本。新しい断面を露出させるために割られている。

サマルスキー石はずんぐりとした角柱状の黒から黄褐色を呈する斜方晶、双錐型の結晶として結晶化するが、通常は他形の塊として発見される。高濃度にウランを含有した試料は典型的なメタミクト鉱物英語版[註釈 1]であり、黄褐色の土皮に覆われて現れる。

サマルスキー石は希土類を含んだペグマタイト(巨晶花崗岩)中でコロンバイト英語版ジルコンモナズ石閃ウラン鉱エシキン石英語版磁鉄鉱曹長石トパーズベリルガーネット白雲母および黒雲母のような他の希少鉱物と共に存在する[3]

産出地[編集]

サマルスキー石はロシアウラル山脈南部に位置するイリメニ山脈のミアスで産出され、1847年に初めて記述された[2]元素サマリウムは、1879年にサマルスキー石から初めて単離された。サマルスキー石という名称は、ロシアの鉱山役人であったワシーリー・サマルスキー=ビホヴェッツ大佐 (1803–1870)に由来しており、サマリウムの元素名はサマルスキー石に由来する[2]

イッテルビウムサマルスキー石はアメリカのジェファーソン郡 (コロラド州)に流れる南プラット川英語版のペグマタイト地帯で産出され、2004年に初めて記述された[4][5]

脚注[編集]

註釈[編集]

  1. ^ メタミクトとは、放射線によって結晶構造が破壊されアモルファス化すること

出典[編集]

関連項目[編集]