ハインリヒ・ローゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Heinrich Rose

ハインリヒ・ローゼHeinrich Rose1795年8月6日1864年1月27日)はドイツ鉱物学者分析化学者である。1846年に新元素ニオブを再発見し、ギリシャ神話タンタロスの娘ニオベーにちなんでニオブと命名した。

経歴[編集]

薬学者 Valentin Rose (1762–1807) の息子としてベルリンに生まれた。鉱物学者のグスタフ・ローゼ(en:Gustav Rose)は弟である。1823年からベルリン大学の教授を務めた。

ニオブの発見[編集]

1846年に化学的性質がタンタルと似ている新しい元素を発見し、タンタルと異なる元素であることを証明し、ニオブと命名した。1801年にチャールズ・ハチェットが発見し、コロンビウムと命名されたが(ローゼはハチェットの発見については知らなかった)、一旦はタンタルに統合された元素がニオブと同一であることが1846年に確認されたため、米英ではコロンビウム、日本を含む他の国ではニオブと呼ばれることとなった。1949年に IUPACにより名称がニオブに統一された。