フッ化カリウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フッ化カリウム
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 7789-23-3 チェック
特性
化学式 KF
モル質量 58.0967 g mol−1
外観 無色結晶
密度 2.481 g cm−3, 固体(20 ℃)
融点

860 ℃

沸点

1505 ℃

への溶解度 92.3 g / 100g水(18℃)
構造
結晶構造 立方晶系
熱化学
標準生成熱 ΔfHo −567.27 kJ mol−1[1]
標準モルエントロピー So 66.57 J mol−1K−1
標準定圧モル比熱, Cpo 49.04 J mol−1K−1
危険性
EU分類 有毒 (T)
NFPA 704
NFPA 704.svg
0
3
1
Rフレーズ R23/24/25
Sフレーズ (S1/2), S26, S45
関連する物質
関連物質 フッ化リチウム
フッ化ナトリウム
フッ化ルビジウム
フッ化セシウム
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

フッ化カリウム(フッかカリウム、potassium fluoride)はカリウムフッ素からなる無機化合物で、化学式 KF と表される無色の固体。

製法[編集]

フッ化水素酸に炭酸カリウムを溶解し、水溶液を濃縮すると得られる[2]。17.7℃以下では四水和物、17.7〜40.2℃では二水和物、40.2℃以上では無水物が析出する[3]

化学的性質[編集]

水に易溶で潮解性を持ち、水溶液は弱アルカリ性を示しガラスを腐食する。水溶液中ではカリウムイオン (K+) とフッ化物イオン (F) に電離する。

液体アンモニアにも可溶であり、フッ化水素に溶けてフッ化水素カリウムを生成する。エタノールには難溶である。

結晶構造[編集]

結晶は塩化ナトリウム型構造であり、その格子定数はa = 5.34Å[4]、K−F結合距離は2.67Åである。

用途[編集]

コバルトクロム合金フラックス材料としてフッ化カリウムが利用されている。

参考文献[編集]

  1. ^ D.D. Wagman, W.H. Evans, V.B. Parker, R.H. Schumm, I. Halow, S.M. Bailey, K.L. Churney, R.I. Nuttal, K.L. Churney and R.I. Nuttal, The NBS tables of chemical thermodynamics properties, J. Phys. Chem. Ref. Data 11 Suppl. 2 (1982).
  2. ^ 日本化学会編 『新実験化学講座 無機化合物の合成II』 丸善、1977年
  3. ^ 日本化学会編 『化学便覧 基礎編 改訂4版』 丸善、1993年
  4. ^ 『化学大辞典』 共立出版、1993年

関連項目[編集]