シアン酸カリウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シアン酸カリウム
識別情報
CAS登録番号 590-28-3
PubChem 11378442
EINECS 209-676-3
KEGG C19067
RTECS番号 GS6825000
特性
化学式 KOCN
モル質量 81.1151 g/mol
外観 白色の粉末
密度 2.056 g/cm3
融点

315℃

沸点

700℃以下で分解

への溶解度 75 g/100 ml
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

シアン酸カリウム(シアンさんカリウム、 Potassium cyanate)はカリウムシアン酸塩で、化学式KOCNで表される。

用途[編集]

尿素誘導体、セミカルバジドウレタンイソシアネートなどの有機合成原料や、除草剤原料として使われる。

生成[編集]

尿素炭酸カリウムを400℃に加熱して得られる。

2 OC(NH2)2 + K2CO3 → 2 KOCN + (NH4)2CO3

溶液には、ビウレットシアヌル酸、アロファン酸カリウムなどの不純物が生じる。未反応の尿素は、400℃では不安定になる。シアン酸ナトリウムに比べ、水溶性は低い。

安全性[編集]

ラットに経口投与した場合の半数致死量(LD50)は567mg/kg[1]と、シアン化カリウムに比べ毒性は低い。眼に対する刺激性があり、発赤や痛みを引き起こす場合がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]