ヘキサニトロコバルト(III)酸カリウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘキサニトロコバルト(III)酸カリウム
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 13782-01-9
PubChem 25022080
特性
化学式 K3[Co(NO2)6] (anhydrous)
K3[Co(NO2)6]·1.5H2O (セスキ水和物)
モル質量 452.26 g/mol (無水物)
479.284 g/mol (セスキ水和物)
外観 黄色 立方晶 結晶(セスキ水和物)
密度 2.6 g/cm3 (セスキ水和物)
への溶解度 水には僅かに溶ける (セスキ水和物)
溶解度 酸とは反応し、エタノールには溶けない(セスキ水和物)[1]
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ヘキサニトロコバルト(III)酸カリウム(potassium hexanitritocobaltate(III))は、化学式がK3[Co(NO2)6]の黄色錯体である。この錯体の陰イオンは三価コバルト中心に6個のニトロ配位子が結合している。にはほとんど溶けない。

1848年ブレスラウのN. W. Fischerにより初めて合成された[2]。黄色の顔料として使われ、オーレオリンと呼ばれる[3][4]

出典[編集]

  1. ^ Lide, David R. (1998). Handbook of Chemistry and Physics (87 ed.). Boca Raton, FL: CRC Press. pp. 4–54. ISBN 0-8493-0594-2 
  2. ^ Fischer, N. W. (1848). “Ueber die salpetrichtsauren Salze”. Annalen der Physik und Chemie 150 (5): 115–125. doi:10.1002/andp.18491500512. 
  3. ^ Gates, G. (1995). “A Note on the Artists' Pigment Aureolin”. Studies in Conservation 40 (3): 201–206. doi:10.2307/1506479. JSTOR 1506479. 
  4. ^ Gettens, Rutherford John; Stout, George Leslie (1966). Painting materials: A short encyclopaedia. pp. 109–110. ISBN 9780486215976. http://books.google.de/books?id=bdQVgKWl3f4C&pg=PA109. 

関連項目[編集]