四酸化三コバルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
四酸化三コバルト
識別情報
CAS登録番号 1308-06-1
RTECS番号 GG2500000
特性
化学式 Co3O4
モル質量 240.80 g mol-1
外観 黒色の固体
密度 6.11 g cm-3 at 25 °C
融点

895 °C(分解)

危険性
Rフレーズ R40 R41 R42 R43
Sフレーズ S36/37
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

四酸化三コバルト(しさんかさんコバルト、: tricobalt tetroxide)は、化学式が Co3O4 と表されるコバルト酸化物である。黒色の固体で、コバルト(II)とコバルト(III)の両方を含む混合原子価化合物である。形式的には CoIICoIII2O4 と書くことができる[1]

構造[編集]

Co3O4 は、酸化物イオンの立方最密充填単位格子の八面体間隙に Co3+ イオン、四面体間隙に Co2+ イオンが配置したスピネル型構造をとる[1]

合成[編集]

酸化コバルト(II)を空気中で600-700 °C付近に熱すると生じる。900 °C以上にすると酸化コバルト(II)のほうが安定化する[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Greenwood, Norman N.; Earnshaw, Alan. (1997), Chemistry of the Elements (2 ed.), Oxford: Butterworth-Heinemann, ISBN 0080379419  p. 1118

関連項目[編集]