三酸化キセノン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
三酸化キセノン

Ball-and-stick model of xenon oxytetrafluoride
{{{画像alt1}}}
Xenon trioxide
識別情報
CAS登録番号 13776-58-4
特性
化学式 XeO3
モル質量 179.288 g/mol
外観 無色固体
密度 4.55 g/cm3, 固体
融点

25℃ 激しく分解

への溶解度 加水分解
構造
分子の形 三角錐
熱化学
標準生成熱 ΔfHo 402 kJ/mol
危険性
EU分類 リストなし
NFPA 704
NFPA 704.svg
0
4
4
OX
関連する物質
関連物質 過キセノン酸
四酸化キセノン
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

三酸化キセノン(さんさんかキセノン、Xenon trioxide)は、化学式が XeO3 と表されるキセノン酸化物。キセノンの酸化数は +6 で、非常に強力な酸化剤で、と反応するとゆっくり分解して酸素キセノンを放出する。この反応は太陽光への暴露によって速められる。有機物と接触すると爆発する。

六フッ化キセノン (XeF6) やオキシ四フッ化キセノン (XeOF4) の加水分解によって発生する。Smith によって 1963年に化合物の外見やX線構造などの報告がなされている[1][2]。XeO3 を得るための加水分解には水のほか、ジフルオロリン酸 (F2P(O)OH) も用いられる[3]

XeO3水酸化ナトリウムの水溶液中を1~2週間放置すると過キセノン酸ナトリウム (Na4XeO6) の結晶を生じる[3]

参考文献[編集]

  1. ^ Smith, D. F. J. Am. Chem. Soc. 1963, 85, 816-817.
  2. ^ Smith, D. F. Science 1963, 140, 899-900.
  3. ^ a b Foropoulos, J., Jr.; DesMarteau, D. D. Inorg. Chem. 1982, 21, 2503-2504.

関連項目[編集]