酸化クロム(II)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
酸化クロム(II)
識別情報
CAS登録番号 12018-00-7
特性
化学式 CrO
モル質量 67.996 g/mol
外観 黒色
融点

300 °C(分解)

構造
結晶構造 立方晶cF8
空間群 Fm3m, No. 225
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

酸化クロム(II)(さんかクロム に、: chromium(II) oxide)は、化学式が CrO で表されるクロム酸化物である[1]塩化ナトリウム型構造の黒色粉末である[2]ホスフィン酸酸化クロム(III)を酸化クロム(II)に還元する。

H3PO2 + 2 Cr2O3 → 4 CrO + H3PO4

空気中で容易に酸化されて酸化クロム(III)となる。

出典[編集]

  1. ^ Satish. Anand, Raj. Kumar (1989), Dictionary of Inorganic Chemistry, Anmol Publications, ISBN 9788170412366, ISBN 8170412366, http://books.google.com/?id=6yDA6nb5KCUC&pg=PA65&lpg=PA65&dq=%22Chromium(II)+oxide%22 
  2. ^ Egon Wiberg, Arnold Frederick Holleman (2001) Inorganic Chemistry, Elsevier ISBN 0123526515

関連項目[編集]