フッ化コバルト(II)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フッ化コバルト(II)
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 10026-17-2
特性
化学式 CoF2
モル質量 96.93 g/mol
外観 桃色の結晶
密度 4.46 g/cm3
融点

1200 °C, 1473 K, 2192 °F

沸点

1400 °C, 1673 K, 2552 °F

への溶解度 1.415g / 100g水
構造
結晶構造 正方晶系
熱化学
標準生成熱 ΔfHo −662.0 kJ mol−1[1]
標準モルエントロピー So 81.96 J mol−1K−1
標準定圧モル比熱, Cpo 68.78 J mol−1K−1
危険性
NFPA 704
NFPA 704.svg
0
3
2
引火点 不燃性
関連する物質
その他の陽イオン フッ化鉄(II);フッ化ニッケル(II)
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

フッ化コバルト(II)(フッかコバルト に、cobalt(II) fluoride)は、桃色の結晶性固体で[2][3]金属生産のような酸素に敏感な場で使われる。には難溶である[4]

製法[編集]

無水物

無水塩化コバルト(II)フッ化水素気流中で300℃で加熱すると得られる。

CoCl2 + 2 HF → CoF2 + 2 HCl
水和物

水酸化コバルト(II)または炭酸コバルト(II)を過剰のフッ化水素酸に溶解し、濃縮すると温度などの条件により、二水和物、三水和物あるいは四水和物が析出する[5]

Co(OH)2 + 2 HF → CoF2 + 2 H2O
CoCO3 + 2 HF → CoF2 + CO2 + H2O

性質[編集]

無水物はバラ色の結晶で、正方晶系ルチル型構造をとり、格子定数はa = 4.695Å、c = 3.193Åである[6]。Co−F結合距離は2.06Åである。

各種水和物もバラ色の結晶で、二水和物は単斜晶系、四水和物は2種の多形が知られ、α型は斜方晶系、β型はフッ化ニッケル(II)と同型である。

脚注・参考文献[編集]

  1. ^ D.D. Wagman, W.H. Evans, V.B. Parker, R.H. Schumm, I. Halow, S.M. Bailey, K.L. Churney, R.I. Nuttal, K.L. Churney and R.I. Nuttal, The NBS tables of chemical thermodynamics properties, J. Phys. Chem. Ref. Data 11 Suppl. 2 (1982).
  2. ^ Pradyot Patnaik (2002), Handbook of Inorganic Chemicals, McGraw-Hill Professional, ISBN 0070494398, http://books.google.com/books?vid=ISBN0070494398&id=Xqj-TTzkvTEC&pg=PA241&lpg=PA241&ots=Xr2K9FF6j5&dq=%22Cobalt(II)+fluoride%22&ie=ISO-8859-1&output=html&sig=PP5-t-tVSMjIy03k3Qs8Z3uH5nw 
  3. ^ Pashkevich, D. S. Radchenko, S. M. Mukhortov, D. A., “Article title Heat Exchange between Cobalt(II) Fluoride Powder and the Wall of Rotating Cylinder”, Russian Journal of Applied Chemistry (Consultants Bureau), ISSN 1070-4272, http://www.maik.rssi.ru/abstract/rjapchem/97/rjapchem1447_abstract.pdf 
  4. ^ American Elements: Cobalt(II) Fluoride Supplier & Tech Info
  5. ^ 日本化学会編 『新実験化学講座 無機化合物の合成II』 丸善、1977年
  6. ^ 『化学大辞典』 共立出版、1993年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]