過酸化カリウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
過酸化カリウム
識別情報
CAS登録番号 17014-71-0
特性
化学式 K2O2
モル質量 110.1954 g/mol
外観 オレンジ色粉末
密度 2.14 g/cm3
融点

490 ℃

沸点

分解

への溶解度 分解
構造
結晶構造 斜方晶系
熱化学
標準生成熱 ΔfHo −494.1 kJ mol−1[1]
標準モルエントロピー So 102.1 J mol−1K−1
危険性
主な危険性 酸化剤 (O)
NFPA 704
NFPA 704.svg
0
3
1
OX
Rフレーズ R8
引火点 不燃性
関連する物質
その他の陽イオン 過酸化セシウム;過酸化ルビジウム;過酸化ナトリウム;過酸化リチウム
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

過酸化カリウム(かさんかかりうむ、Potassium peroxide)はカリウム過酸化物で、化学式K2O2過酸化カリとも呼ばれる。


合成[編集]

−50℃で液体アンモニア中に溶解した金属カリウムに溶液が濃青色から無色になるまで酸素を吹き込み反応させると、オレンジ色沈殿として得られる[2][3]

物理的性質[編集]

化学的性質[編集]

日本の法令では消防法危険物第1類〈酸化性固体)に指定されている。

加熱で分解し酸素を発生。 と反応して水酸化カリウム酸素を発生する。大量の場合は爆発することもある。

イオン半径の大きなアルカリ金属イオンは結晶格子中で過酸化物イオンO22−を安定化させるため、周期が大きくなるにつれ酸化物よりも過酸化物あるいは超酸化物がより安定となる[3]

参考文献[編集]

  1. ^ D.D. Wagman, W.H. Evans, V.B. Parker, R.H. Schumm, I. Halow, S.M. Bailey, K.L. Churney, R.I. Nuttal, K.L. Churney and R.I. Nuttal, The NBS tables of chemical thermodynamics properties, J. Phys. Chem. Ref. Data 11 Suppl. 2 (1982).
  2. ^ 『化学大辞典』 共立出版、1993年
  3. ^ a b FA コットン, G. ウィルキンソン著, 中原 勝儼訳 『コットン・ウィルキンソン無機化学』 培風館、1987年

関連項目[編集]