イオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プラズマイオン化した気体である

電荷を帯びた原子、または原子団をイオン英語: ion)という。電離層などのプラズマ電解質水溶液イオン結晶などのイオン結合性を持つ物質内などに存在する。

陰極や陽極に引かれて動くことからギリシャ語のion(移動)の名が付けられた。

イオンの種類[編集]

電荷による種類[編集]

陽イオン[編集]

電子を放出して正の電荷を帯びた原子、または原子団を陽イオン(ようイオン、: positive ion)、あるいはカチオン (cation) と呼ぶ。金属イオンはすべて陽イオンである。

陰イオン[編集]

電子を受け取って負の電荷を帯びた原子、または原子団を陰イオン(いんイオン、negative ion)、あるいはアニオン (anion) と呼ぶ。ハロゲンはすべて陰イオンとなる。

気相のイオン[編集]

物理学化学物理学の分野では、気相のイオンに対して、陽イオンの代わりに正イオン(せいイオン、: positive ion、カチオン)、陰イオンの代わりに負イオン(ふイオン、negative ion、アニオン)が多く用いられる。大気電気学では、気相のイオンを大気イオン(たいきイオン、atmospheric ion)と呼ぶ。

「マイナスイオン」に関する注意[編集]

マイナスイオンという用語は、1922年に空気中の陰イオンの訳語として紹介された和製英語である[1]。一部では負イオン(負の大気イオン)の意味でマイナスイオンが使われる場合があり、2002年前後を中心に国内の学会で日本の多くの研究者が使用した実態があった。またマスコミ等では陰イオンをマイナスイオンと誤って報道する事例もある。流行語にもなったが、この文脈では定まった科学的定義がないために科学用語として認められないとする批判がある。

構成による種類[編集]

単原子イオン[編集]

一つの原子からなるイオン。単原子イオンを参照。

多原子イオン[編集]

複数の原子団からなるイオン。多原子イオンを参照。

錯イオン[編集]

電子を放出したり、受け取ったりして正または負の電荷を帯びた錯体錯イオン(さくイオン、: complex ion)と呼ぶ。

クラスターイオン[編集]

同種の原子、あるいは分子が、相互作用によって複数個結合した物体が電荷を帯びたものをクラスターイオンcluster ion)と呼ぶ。

イオンの表し方[編集]

化学式の右肩に価数を記す。ただし、1価の場合は符号のみ記す。

  • 水素イオン(1価の陽イオン) - H+
  • 硫酸イオン(2価の陰イオン) - SO42−

イオンの名称は、陽イオンについては「元素名+イオン」(例:水素イオン)、陰イオンについては「元素名 − 「素」 + 化物イオン」(例:硫化物イオン)と表す。ただし、どちらも例外が多い。原子1個のイオンを単原子イオン、複数の原子で構成されるイオンを多原子イオンと呼ぶ。

また、主なイオンの名称とイオン式を覚えておけば、物質名から化学式がある程度推測できる。

主なイオン[編集]

おもな陽イオン
価数 イオン名 イオン式
1 単原子イオン
水素イオン H+
リチウムイオン Li+
ナトリウムイオン Na+
カリウムイオン K+
銀イオン Ag+
銅(I) イオン Cu+
水銀(I) イオン Hg22+
多原子イオン
オキソニウムイオン H3O+
アンモニウムイオン NH4+
錯イオン
ジアンミン銀イオン [Ag(NH3)2]+
ビオレオ [CoCl2(NH3)4]+
2 単原子イオン
マグネシウムイオン Mg2+
カルシウムイオン Ca2+
ストロンチウムイオン Sr2+
バリウムイオン Ba2+
カドミウムイオン Cd2+
ニッケル(II) イオン Ni2+
亜鉛イオン Zn2+
銅(II) イオン Cu2+
水銀(II) イオン Hg2+
鉄(II) イオン Fe2+
コバルト(II) イオン Co2+
スズ(II) イオン Sn2+
鉛(II) イオン Pb2+
マンガン(II) イオン Mn2+
錯イオン
テトラアンミン亜鉛(II) イオン [Zn(NH3)4]2+
テトラアンミン銅(II) イオン [Cu(NH3)4]2+
テトラアクア銅(II) イオン [Cu(H2O)4]2+
チオシアニド鉄(III) イオン [Fe(SCN)]2+
ヘキサアンミンニッケル(II) イオン [Ni(NH3)6]2+
プルプレオ [CoCl(NH3)5]2+
3 単原子イオン
アルミニウムイオン Al3+
鉄(III) イオン Fe3+
クロム(III) イオン Cr3+
錯イオン
ヘキサアンミンコバルト(III) イオン [Co(NH3)6]3+
ヘキサアクアコバルト(III) イオン [Co(H2O)6]3+
ヘキサアンミンクロム(III) イオン [Cr(NH3)6]3+
ローゼオ [Co(NH3)4(H2O)2]3+
4 単原子イオン
スズ(IV) イオン Sn4+
おもな陰イオン
価数 イオン名 イオン式
1 単原子イオン
水素化物イオン H
フッ化物イオン F
塩化物イオン Cl
臭化物イオン Br
ヨウ化物イオン I
多原子イオン
水酸化物イオン OH
シアン化物イオン CN
硝酸イオン NO3
亜硝酸イオン NO2
次亜塩素酸イオン ClO
亜塩素酸イオン ClO2
塩素酸イオン ClO3
過塩素酸イオン ClO4
過マンガン酸イオン MnO4
酢酸イオン CH3COO
炭酸水素イオン HCO3
リン酸二水素イオン H2PO4
硫酸水素イオン HSO4
硫化水素イオン HS
チオシアン酸イオン SCN
錯イオン
テトラヒドロキシドアルミン酸イオン [Al(OH)4]
[Al(OH)4(H2O)2]
ジシアニド銀(I) 酸イオン [Ag(CN)2]
テトラヒドロキシドクロム(III) 酸イオン [Cr(OH)4]
テトラクロリド金(III) 酸イオン [AuCl4]
2 単原子イオン
酸化物イオン O2-
硫化物イオン S2-
多原子イオン
過酸化物イオン O22-
硫酸イオン SO42-
亜硫酸イオン SO32-
チオ硫酸イオン S2O32-
炭酸イオン CO32-
クロム酸イオン CrO42-
二クロム酸イオン Cr2O72-
リン酸一水素イオン HPO42-
錯イオン
テトラヒドロキシド亜鉛(II) 酸イオン [Zn(OH)4]2-
テトラシアニド亜鉛(II) 酸イオン [Zn(CN)4]2-
テトラクロリド銅(II) 酸イオン [CuCl4]2-
3 多原子イオン
リン酸イオン PO43-
錯イオン
ヘキサシアニド鉄(III) 酸イオン [Fe(CN)6]3-
ビス(チオスルファト)銀(I) 酸イオン [Ag(S2O3)2]3-
4 錯イオン
ヘキサシアニド鉄(II) 酸イオン [Fe(CN)6]4-

脚注[編集]

  1. ^ 西川義方、西川一郎『内科診療の実際』南山堂、1922年(絶版)。(書籍情報

関連項目[編集]