アジ化カリウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アジ化カリウム
識別情報
CAS登録番号 20762-60-1
PubChem 10290740
特性
化学式 KN3
モル質量 81.1184 g/mol
外観 Colorless crystals[1]
密度 2.04 g/cm3
[1]
融点

350 °C (in vacuum)[1]

沸点

decomposes

への溶解度 50.8 g/100g H2O at 20 °C[1]
危険性
主な危険性 Toxic, explosive if strongly heated
NFPA 704
NFPA 704.svg
3
3
3
関連する物質
その他の陽イオン アジ化ナトリウム, アジ化銅(II), アジ化鉛, アジ化銀
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

アジ化カリウム(Potassium azide)は、KN3の化学式を持つ化合物である。アジ化水素カリウム塩であり、結晶は正方晶を作る[2]。水酸化カリウムとアジ化水素との反応によって得られ[3]、熱するか紫外線を照射するとカリウムと窒素ガスに分解する[4][5]重金属のアジ化物とは異なり、衝撃には敏感ではないが、急速に加熱すると爆発する[6]

土壌の硝化阻害剤として働くことが知られている[7]。また、加熱分解によって金属カリウムと窒素に分解することから、純粋なカリウムを製造するために利用される[3]

出典[編集]

  1. ^ a b c d Dale L. Perry; Sidney L. Phillips (1995), Handbook of inorganic compounds, CRC Press, p. 301, ISBN 0849386713 
  2. ^ Khilji, M. Y.; Sherman, W. F.; Wilkinson, G. R. (1982年). “Variable temperature and pressure Raman spectra of potassium azide KN3”. Journal of Raman Spectroscopy 12 (3): 300–303. doi:10.1002/jrs.1250120319. ISSN 03770486. 
  3. ^ a b 宮川誠之助 『化学大辞典』1、化学大辞典編集委員会(編)、共立、1981年10月、縮刷版第26版、60頁。
  4. ^ Tompkins, F. C.; Young, D. A. (1982), “The Photochemical and Thermal Formation of Colour Centres in Potassium Azide Crystals”, Proceedings of the Royal Society of London, Series A, Mathematical and Physical Sciences 236 (1204): 10–23 
  5. ^ Pradyot Patnaik (2003). Handbook of inorganic chemicals. McGraw-Hill Professional. p. 734. ISBN 0070494398. 
  6. ^ Pradyot Patnaik (2007), A comprehensive guide to the hazardous properties of chemical substances (第3 ed.), Wiley-Interscience, p. 615, ISBN 0471714585 
  7. ^ T. D. Hughes; L. F. Welch (1970), “Potassium Azide as a Nitrification Inhibitor”, Agronomy Journal (American Society of Agronomy) 62: 595–599