オクタクロロ二モリブデン(II)酸カリウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
オクタクロロ二モリブデン(II)酸カリウム
特性
化学式 Cl8K4Mo2
モル質量 631.9 g/mol
外観 赤色結晶
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

オクタクロロ二モリブデン(II)酸カリウム (オクタクロロにモリブデン に さんカリウム、: potassium octachlorodimolybdate(II)) は、化学式が K4[Mo2Cl8] と表される無機化合物である。この赤色のカリウムイオンとオクタクロロ二モリブデン(II)酸イオン (Mo2Cl84-) から構成される。このアニオンは初めて四重結合が説明された化学種であるため、歴史的に興味深い。この塩はふつう二水和物として得られる。

合成[編集]

Mo-Mo 四重結合を含む、オクタクロロ二モリブデン(II)酸イオン [Mo2Cl8]4-

この化合物はヘキサカルボニルモリブデンから2つのステップで作られる[1][2]

酢酸と塩酸との反応では最初、三モリブデン化合物ができるとされていたが[3]、その後の結晶分析で生成物に D4h 対称の [Mo2Cl4−
8
] アニオンが含まれていることが確認された。Mo-Mo 間の距離は2.14 Åである[4]

出典[編集]

  1. ^ A. B. Brignole, F. A. Cotton, Z. Dori, "Rhenium and Molybdenum Compounds Containing Quadruple Bonds" Inorganic Syntheses, 1972 Volume 13, pp. 81-89. doi:10.1002/9780470132449
  2. ^ Girolami, G. S.; Rauchfuss, T. B. and Angelici, R. J. (1999), Synthesis and Technique in Inorganic Chemistry, Mill Valley, CA: University Science Books, ISBN 0935702482 
  3. ^ G.B. Allison, I.R. Anderson, and J.C. Sheldon "The Preparation of Halogenotrimolybdate(II) Compounds" Australian Journal of Chemistry 1967, Volume 20, pp. 869-876. doi:10.1071/CH9670869
  4. ^ Jurij V. Brencic and F. Albert Cotton "Octachlorodimolybdate(II) Ion. Species with a Quadruple Metal-Metal Bond" Inorganic Chemistry 1969, volume 8, pp 7-10 doi:10.1021/ic50071a002.