立方晶系

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

立方晶系(りっぽうしょうけい、: cubic crystal system, cubic system)は、7つの結晶系の1つ。対応するブラベー格子は、単純立方格子・体心立方格子・面心立方格子の3種類。等軸晶系とも呼ばれる。

単位胞の軸と角は a1 = a2 = a3 = a かつ α = β = γ = 90° となる。すなわち、3つの軸は長さが互いに等しく、また互いに直交している。立方晶系は最も対称性の高い結晶系である。

ブラベー格子[編集]

立方晶系をとるブラベー格子は次の3種である。

単純立方格子(sc) 体心立方格子(bcc) 面心立方格子(fcc)
単純立方格子 体心立方格子 面心立方格子

立方晶系に該当する代表的な結晶構造と国際表記による空間群を下表に示す。

結晶構造 番号 国際表記
ダイヤモンド構造 227
閃亜鉛鉱構造 216
ペロブスカイト構造 221
塩化ナトリウム型構造 225
蛍石型構造 225

関連項目[編集]