桐生正幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

桐生 正幸(きりう まさゆき、1960年4月23日[1] - )は日本心理学者博士(学術))。専門は、犯罪心理学、生理心理学、社会心理学。東洋大学社会学部教授。山形県米沢市出身。山形県立米沢興譲館高等学校。文教大学人間科学部、大学評価・学位授与機構より学士 (文学)。東亜大学大学院総合学術研究科生命科学専攻より博士(学術)、学位論文「犯罪捜査場面における虚偽検出検査の研究 : GKT検出理論への記憶と不安からのアプローチ」(北大路書房)。山形県科学捜査研究室主任研究官、関西国際大学人間科学部教授を経て、現在に至る。社会心理学科および社会学研究科社会心理学専攻の教授として研究、教育活動を行っている。聖心女子大学、神戸学院大学の非常勤講師を兼任。日本犯罪心理学会常任理事、日本心理学会評議員、日本応用心理学会常任理事などの学会活動や、兵庫県まちづくり審議員、尼崎市防犯アドバイザーなどの社会貢献を実施。また、日本カスタマーハラスメント対応協会を立ち上げ、心理学の社会実装も行っている。

来歴[編集]

・自律神経系の生理指標を用いた記憶、感情の分析(CIT検査、特殊詐欺など)や、多変量解析推計統計学などを用いた犯罪行動分析(犯罪者プロファイリング)など、犯罪心理全般に関する研究を行っている。また、地域防犯活動やSNSを介した性犯罪被害などに関して、フィールドワークや質問紙調査などを用いた探索的な犯罪事象の分析も行っている。

・主な著書に『テキスト司法・犯罪心理学』(北大路書房)、『悪いヤツらは何を考えているのか』(SBビジュアル新書)など。犯罪心理学に関する単著、共編著、分担執筆などの著書20冊以上、犯罪心理学に関する学術論文など80本以上あり。

・心理学の社会実装について。大学教員として、民事事件への意見書、殺人事件などへの捜査協力など多数あり。研究業績により警察庁長官賞を、捜査協力において警察から感謝状などを、また保険金詐欺に関する基礎研究などについては、日本応用心理学会大会にて優秀賞を、それぞれ受賞している。

・犯罪心理学の社会発信について。国内外のTV、新聞、ネット記事などに対し、事件分析などの取材協力、またクローズアップ現代+などTV報道番組に出演多数。犯罪に関わる映画やドラマ監修、解説なども行う。

業績[編集]

研究業績[編集]

 桐生 正幸 (Masayuki Kiriu) - マイポータル - researchmap

 https://researchmap.jp/40434964

研究情報

 桐生正幸研究室(犯罪心理学) | Facebook

 https://www.facebook.com/kiriutoyo

著書

 https://www.amazon.co.jp/kindle-dbs/entity/author/B004LSYYXG?_encoding=UTF8&node=465392&offset=0&pageSize=12&searchAlias=stripbooks&sort=author-sidecar-rank&page=1&langFilter=default#formatSelectorHeader

脚注[編集]

[脚注の使い方]

  東洋大学 トップページ | Toyo University

  TOYO people:新任教員インタビュー(社会心理学科 桐生正幸教授) | 東洋大学

  “元少年A” 手記出版の波紋 - NHK クローズアップ現代 全記録

  東洋大学学部長・研究科長 | Toyo University

  悪質クレーム大国・日本には「カスハラ規制法が必要だ」 犯罪心理学者が「加害者」千人調査 - 弁護士ドットコム (bengo4.com)

  COMPANY | 株式会社Singular Perturbations (singular-perturbations.com)

 (一社)社会行動研究会 | 理事のご紹介 (shakouken.org)

  Kassensturz - Sorglosigkeit im Alltag: Ehrlichkeit «made in Japan» - Play SRF

  Inside the mind of a mass murderer: Japan's killers increasingly seek notoriety | The Japan Times

  桐生 正幸 | 研究者情報 | J-GLOBAL 科学技術総合リンクセンター (jst.go.jp)

  TikTok、「第8回 TikTok Japan セーフティパートナーカウンシル」を開催~SNSを起因とする性被害の防止のために〜対策編〜 | TikTok ニュースルーム

  協会について | 日本カスタマーハラスメント対応協会 (customer-harassment.or.jp)

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.313

関連項目[編集]

  • 犯罪心理学 
  • 東洋大学
  • クローズアップ現代+
  • 犯罪心理学者
  • 犯罪精神医学