エボリューション (全日本プロレス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

エボリューションEvolution)は、プロレスタッグ・チームユニットである。全日本プロレスで活動する。2013年7月発足。ラスト・レボリューション(L/R)を母体としている。

なお、WWEにも同名のユニットが存在したが同名なのは偶然であり、双方の関連はない。

概要[編集]

全日本で活動していたユニット、ラスト・レボリューション(L/R)が、2013年6月30日付けでメンバー5名中3名が退団するために解散を決定。同ユニットの発足メンバーで中心メンバーであった諏訪魔ジョー・ドーリングにより、ラスト・レボリューションを母体として新タッグ(ユニット)として次シリーズに発足した。ラスト・レボリューションの解散決定時、ドーリングが諏訪魔とラスト・レボリューションを「進化」させた「エボリューション」(英語で進化の意)を発足させる意向を語っており、それを実現した実行した形である[1][2]

2014年7月より、「暴力集団」となり、TwitterやFacebookなどで余計な言葉を発しない等の宣言を行う。

略歴[編集]

2013年7月19日、2013サマー・アクション・シリーズの水戸市東町茨城県立スポーツセンター大会のメイン・エベントにて初めてエボリューションとして諏訪魔とドーリングのタッグが試合を行った。潮崎豪&金丸義信と対戦し、21分10秒、ドーリングがレボリューション・ボムからのエビ固めで金丸を沈めて勝利した[3]

10月22日、三条市栄体育館大会で、秋山準&潮崎豪の保持する世界タッグ王座に諏訪魔とドーリングが挑戦。31分9秒、ドーリングがレボリューション・ボムからエビ固めで潮崎をピンフォールし、王座を奪取した。諏訪魔はこれが世界タッグ王座初戴冠となり、また三冠ヘビー級王座を保持中であったために「五冠王」となった[4]

11月30日から12月8日に開催された世界最強タッグ決定リーグ戦にも同タッグでエントリー。12月8日の大阪ボディメーカー・コロシアム第二競技場での決勝戦に駒を進め、潮崎豪&宮原健斗エクシードと対戦。25分53秒、諏訪魔がラスト・ライドからの体固めで宮原から3カウントを奪い、優勝した。諏訪魔にとっては、これが初優勝となった[5]

2014年2月16日、福岡大会で世界タッグ王座2度目の防衛戦を行い勝利した後、パンクラスMISSION佐藤光留が正式加入し、タッグチームからユニットへ文字通り「進化」した。 7月27日には、予てより諏訪魔が勧誘していた青木篤志が加入し、「暴力集団」化を宣言。

2015年5月31日のファン感謝デーにおいて、「武装化集団」化が完了。諏訪魔がバズーカ、青木がマシンガン、佐藤がギリースーツを装備し(当日いなかったジョーは手榴弾)、入場曲も銃声や爆発音が乱舞するものにさらに進化した。

10月23日、ともにパートナー不在であった宮原健斗とタッグを組み、世界最強タッグに出場。しかし、宮原がエボリューションに加入したわけではなく、リーグ戦優勝直後のセレモニーにて、宮原から差し出された握手を諏訪魔が蹴り飛ばし、青木、佐藤とともにいたぶり続けた。その直後に、2月からエボリューション加入を直訴していた野村直矢が正式加入。

2016年1月、諏訪魔が5度目の三冠ヘビー級王座を獲得するが、直後にアキレス腱断裂により欠場に入る。4月のチャンピオン・カーニバルにジョー、野村が出場予定だったが、ジョーの悪性腫瘍の治療のため、代わりに青木が初出場する。

2016年4月24日、脳腫瘍に冒されたジョー・ドーリングへの応援フラッグ。

7月14日、諏訪魔が復帰。2日後にはスーパータイガーが加入する。しかし、このスーパータイガー加入に反発を示した佐藤と諏訪魔が険悪になり、野村も、「エボリューションに入ったけど、自分はまったく成長していない」と脱退を表明。7月30日千葉大会にて野村は諏訪魔とのシングルマッチの後正式に脱退。しかし、佐藤は諏訪魔と後に和解。

メンバー[編集]

元メンバー[編集]

獲得タイトル[編集]

三冠ヘビー級王座
諏訪魔(第46代) : 結成時より所持 - 2013年10月27日
諏訪魔(第49代) : 2014年6月29日 - 7月27日
ジョー・ドーリング(第50代) : 2014年7月27日 - 2015年1月3日
諏訪魔(第54代) : 2016年1月2日 - 2016年1月12日
諏訪魔(第58代) : 2017年10月9日 -
世界タッグ王座
諏訪魔&ジョー・ドーリング(第66代) : 2013年10月22日 - 2014年6月28日
世界ジュニアヘビー級王座
青木篤志(第37代) : 加入時より所持 - 2015年3月27日
青木篤志(第39代) : 2016年2月21日 - 2016年6月19日
佐藤光留(第40代) : 2016年6月19日 - 2016年8月28日
佐藤光留(第43代) : 2017年4月28日 - 2017年7月30日
世界最強タッグ決定リーグ戦
諏訪魔&ジョー・ドーリング(2013年優勝)
諏訪魔&宮原健斗(2015年優勝)
Jr. TAG BATTLE OF GLORY
青木篤志&佐藤光留(2014年、2015年、2016年優勝)
Jr. BATTLE OF GLORY
青木篤志(2016年優勝)
アジアタッグ王座
青木篤志&佐藤光留(第99代) : 2016年7月24日 - 2016年11月27日
青木篤志&佐藤光留(第101代): 2017年6月20日 -
王道トーナメント
諏訪魔(2016年、2017年優勝)

主要連携技[編集]

エボリューション
旧称は、ラスト・レボリューション。諏訪魔が相手チームの1人にラスト・ライドを掛け、ジョー・ドーリングが相手チームのもう一方にレボリューション・ボムを掛け、二人同時に技を決めるというパワーボム系の両必殺技の共演。
柔術連携
これといって名称があるわけではないが、青木&佐藤が2014年のJr. TAG BATTLE OF GLORYのために行った柔術特訓の連携。
SEKAI-SHIN
青木と佐藤のロープワークを駆使した連携。Xceed潮崎豪&宮原健斗の「SHIN-SEKAI」をもじってつけた名前。

脚注[編集]

外部リンク[編集]