坂口征夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
坂口 征夫
Yukio Sakaguchi
坂口 征夫Yukio Sakaguchiの画像
2015年8月23日第54代KO-D無差別級王者に
プロフィール
リングネーム 坂口 征夫
ニックネーム 狂気の金狼
荒鷲二世
狂気の荒鷲
身長 177cm
体重 77kg
誕生日 (1973-07-26) 1973年7月26日(43歳)
出身地 東京都
所属 DDTプロレスリング
スポーツ歴 柔道
空手
テンプレートを表示
坂口 征夫
基本情報
本名 坂口 征夫
通称 荒鷲二世
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1973-07-26) 1973年7月26日(43歳)
出身地 東京都
所属 坂口道場一族
身長 177cm
体重 77kg
階級 ライト級
バックボーン 柔道空手
テーマ曲 BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY布袋寅泰
テンプレートを表示

坂口 征夫(さかぐち ゆきお、1973年7月26日 - )は、日本総合格闘家男性プロレスラー

東京都出身。坂口道場代表、DDTプロレスリング所属、土木施工管理技師、水道管工事会社代表。

柔道出身でありながら、荒々しい蹴り技と打撃を得意にしている。

プロレスラー坂口征二を父に、俳優の坂口憲二を弟に持つ。

来歴[編集]

明大中野中学・高校柔道を経験。柔道二段の腕前であり、父親が代表を務める坂口道場の柔道コーチも務めている。

当初はプロレスラーを目指していたが身長が低く断念。高校卒業後、建設会社に就職し、土木作業員として勤務。2004年には一級土木施工管理技士免許も取得している。著名な父・弟と比較されコンプレックスの塊だったと語っている。

27歳で空手を始め、東都空手道選手権で準優勝、ルーキーチャレンジカップで優勝した。

30歳の時に、柔道時代の先輩にあたるGRABAKA菊田早苗に相談し、総合格闘家になることを決意。

2006年9月16日、パンクラスのアマチュア試合「パンクラスゲート」に出場。小野明洋と対戦し、2R膝蹴りによるKO勝利。

パンクラスゲートでの勝利により、12月2日にプロデビュー予定であったが、練習中に右足薬指を骨折し、プロデビューが遅れた。

2007年4月27日、パンクラスでプロデビュー。チェ・ヒュンソクと対戦し、左ストレートでKO負け。父のテーマ曲「燃えろ荒鷲」で入場した。33歳でのプロデビューとなった。

2007年7月27日、パンクラスでチェ・キーソクとプロ第2戦目を行い、スタンディングでのチョークスリーパーで一本勝ち、プロ初勝利を挙げた。

2007年10月14日、パンクラスで本田朝樹とプロ第3戦目を行い、喧嘩のような打撃戦を繰り広げたが、ヒールホールドで一本負け。

2008年4月27日、階級をライト級に下げ、パンクラスで高橋渉とプロ第4戦目を行い、打撃・サッカーボールキックであと1歩のところまで追い詰めたが、腕ひしぎ十字固めで逆転の一本負け。

2008年5月に自ら横浜市都筑区仲町台に「坂口道場横浜」を設立。

2008年6月1日、パンクラスで倉持昌和とプロ第5戦目を行い、膝蹴り・踏みつけで相手を追い込み、1RサッカーボールキックでKO勝ち。

2008年6月28日、TRIBELATE vol.18で北崎鎮とエキシビションマッチを行った[1]

2008年10月26日、パンクラスで同団体ライト級4位の五十里祐一とプロ第6戦目を行い、1Rに右フックでKO勝ち。試合後には、「実力が及ばないのは分かっている。でもお祭り的な要素として、呼んでいただけるなら出たい。憲二を担ぎだしてもいい」と年末年始のビッグマッチ参戦をアピールした[2]。また、この勝利でパンクラスライト級4位となり、初のランキング入りを果たした。

2008年12月31日、Dynamite!! 〜勇気のチカラ2008〜アンディ・オロゴンと対戦。右アッパーでダウンしたところにパウンドを受け失神、KO負けとなった。

2009年6月7日、パンクラスで戦極ライト級王者北岡悟と対戦し、アキレス腱固めで一本負け。

2009年9月19日公開の映画『カムイ外伝』(松竹配給)で俳優デビューし、「渡り衆」として出演した[3]

2009年11月23日、修斗で行われた修斗 vs. パンクラスの対抗戦で朴光哲と対戦し、ストレートでダウンをとりあと1歩まで追い詰めたが、カウンターの左フックで大逆転の失神KO負けを喫した。

2010年2月21日、パンクラス事務所で会見を開き、身体のダメージなどを理由に現役引退を発表[4][5]。2010年4月4日、パンクラス興行で引退セレモニーが行われた[6]

2010年7月、専務として勤務していた建設会社から独立し、水道管工事を主に手掛ける会社を設立。

引退後は、2010年10月5日にドラマ『クロヒョウ 龍が如く新章』に地下闘技場ファイター、TOMOKIとして出演したほか、2010年11月に劇場公開される映画『裁判長!ここは懲役4年でどうすか』に田崎被告役で出演するなど、俳優としての活動が主となっていたが、同年12月30日に行われる『戦極 Soul of Fight』にて格闘家として現役復帰することを発表。引退から8か月での復帰となった[7]。なおスポーツ紙の取材に対しては「次にリングを下りるときは死ぬ時」と語っており、今後は生涯現役を貫く構えを示している[8]

2010年12月30日、戦極 Soul of Fightでジョン・ジンソとSRCジャケットルールで対戦し、3-0の判定勝ちを収めた[9]

2011年3月、東日本大震災の被災地である茨城県の水道管復旧工事を請け負い赴いた[10] が、急遽、福島県小名浜地区での工事を依頼され快諾、5月までに地域全ての水道管復旧工事に従事した[11]

プロレス[編集]

2012年
2013年
  • 12月23日、DDT後楽園ホール大会でHARASHIMAの持つKO-D無差別級王座に挑戦。激闘を繰り広げるも、HARASHIMAの蒼魔刀で敗れる。同時にアイアンマンヘビーメタル級王座の防衛にも失敗。
2014年
  • 2月2日、DDT名古屋大会でKUDOとの因縁が勃発、2月23日DDT後楽園ホール大会でのシングルマッチが決定。
  • 2月23日、DDT後楽園ホール大会でKUDOとのシングルマッチ「殺るか殺られるか!?タイマンマッチ30分一本勝負」が行われ、最後はKUDOのバックスピンキックが顔面を直撃、カウント3を許し敗北。
  • 3月2日、DDT梅田ナスキーホール大会でKUDO、マサ高梨からのユニット結成の誘いを快諾。後にユニット名が「酒呑童子」と決定。
  • 4月29日、DDT後楽園ホール大会でマサ高梨とタッグを組み、勝俣瞬馬のデビュー戦の相手を務め、勝俣をスリーパーで絞め上げ勝利。
  • 5月4日、DDT仙台大会でゴールデン☆ストームライダースの持つKO-D6人タッグ王座に酒呑童子で挑戦。坂口がPKで佐々木に勝利。酒呑童子が第10代王者となる。坂口が乾杯の音頭をとり、リング上で酒盛りを行う。
  • 10月1日、DDTドラマチック総選挙にて17位で選抜入り。直後にリング上で「自分の最後の格闘家人生をこのDDTで終わらせたいです。自分をDDTの所属の選手にしてください。」と、高木三四郎に直訴。高木は即答でOKし、DDT所属となる。
2015年
  • 4月29日、ユニオン後楽園ホール大会にて木高イサミの持つインディペンデント・ワールド・ジュニアヘビー級王座に挑戦するも敗北。
  • 6月6日より開催されたKING OF DDTトーナメント2015で優勝、8月23日のDDT両国大会メインイベントでのKO-D無差別級王座挑戦を決めた。
  • 8月23日、DDT両国大会にて時の王者であり、酒呑童子の盟友であるKUDOを神の右膝で仕留め、KO-D無差別級王座初戴冠、第54代王者となる。[14]

得意技[編集]

神の右膝
コーナーへ詰めた相手への走りこみの右飛び膝蹴り。主なフィニッシャー。
煉獄
左右のハイキック連打。当初は右ハイキックに連なる5連撃のコンビネーションだった。
エプロンPK
場外の相手にリングのエプロンを走ってのPK。
変形コブラクラッチ
スリーパーホールド
スワンダイブ式ナックルパンチ
バックドロップ

タイトル歴[編集]

DDT

SEDアマチュアプロレス

  • SED認定エンターテインメント・ワールド王座(第4代)

テーマ曲[編集]

BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY-SAMURAI MIX布袋寅泰
入場曲。同曲中盤の効果音と台詞がイントロ前に編集されている。
刃(THE BACK HORN
勝利時に流れる。

戦績[編集]

プロ総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
12 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
5 2 2 1 0 0 0
7 3 4 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 伊藤崇文 2R 1:28 アームロック PANCRASE 252 2013年9月29日
ジョン・ジンソ 5分1R終了 判定3-0 戦極 Soul of Fight
【SRCジャケットルール】
2010年12月30日
× 朴光哲 1R 1:54 KO(左フック) 修斗 REVOLUTIONARY EXCHANGES 3 2009年11月23日
ハン・スンファ 1R チョークスリーパー 日韓親善国際格闘技大会 GLADIATOR 岡山大会 2009年11月3日
× 北岡悟 1R 1:26 アキレス腱固め PANCRASE 2009 CHANGING TOUR 2009年6月7日
× アンディ・オロゴン 1R 3:52 KO(右アッパー→パウンド) Dynamite!! 〜勇気のチカラ2008〜 2008年12月31日
五十里祐一 1R 0:21 KO(右フック) PANCRASE 2008 SHINING TOUR 2008年10月26日
倉持昌和 1R 2:01 KO(サッカーボールキック) PANCRASE 2008 SHINING TOUR 2008年6月1日
× 高橋渉 1R 4:23 腕ひしぎ十字固め PANCRASE 2008 SHINING TOUR 2008年4月27日
× 本田朝樹 1R 0:52 ヒールホールド PANCRASE 2007 RISING TOUR 2007年10月14日
チェ・キーソク 1R 0:44 チョークスリーパー PANCRASE 2007 RISING TOUR 2007年7月27日
× チェ・ヒュンソク 1R 1:51 KO(左ストレート) PANCRASE 2007 RISING TOUR 2007年4月27日

アマチュア総合格闘技[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
小野明洋 2R 2:47 KO(膝蹴り) PANCRASE 2006 BLOW TOUR
【パンクラスゲート】
2006年9月16日

脚注[編集]

  1. ^ 【トリビュレート】K-1 JAPAN GP3位の瀧川、総合ルールで逆転勝利。天昇山は判定勝ち 格闘技ウェブマガジンGBR 2008年6月28日
  2. ^ 坂口征夫が憲二と参戦?年末年始出陣宣言 デイリースポーツ 2008年10月27日
  3. ^ カムイ外伝:坂口憲二の兄・征夫、超緊張の俳優デビュー 松山ケンイチと舞台あいさつ 毎日jp 2009年10月15日
  4. ^ パンクラス 坂口、4.4ディファで引退式。弟子のISAOは大石戦 BoutReview 2010年2月21日
  5. ^ 【パンクラス】引退する坂口征夫、ラストマッチは否定「殺し合いの駆け引きではない」 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年2月21日
  6. ^ 【パンクラス】坂口征夫、涙の引退・・・「刀は錆び付かないように磨き続ける」 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年4月4日
  7. ^ 引退式から8カ月…坂口征夫が現役復帰 - デイリースポーツ・2010年12月9日
  8. ^ 坂口征夫が現役復帰…戦極ソウル・オブ・ファイト - スポーツ報知・2010年12月9日
  9. ^ 【SRC戦極】第1部:中井りんが一本勝ち、神村エリカはヒジで衝撃のTKO勝ち 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年12月30日
  10. ^ 俳優の坂口憲二の兄・格闘家で土木施工管理技士の坂口征夫、被災地の水道復興のため茨城へ出発。10日分の食料持参で車に寝泊まりシネマトゥデイ・3月23日
  11. ^ 坂口憲二の兄・征夫、福島県小名浜での水道復興工事に従事 命懸けの工事で地域すべての水道管復活シネマトゥデイ・5月8日
  12. ^ バトル・ニュース|試合速報・結果|新生ハードヒットが見せる現在進行形のU!城主・佐藤光留は川村の掌底の嵐に轟沈!マイケルが坂口征夫から執念の1エスケープを奪う!
  13. ^ スポーツナビ|格闘技|速報LEGEND THE PRO-WRESTLING 2013
  14. ^ “荒鷲2世”坂口征夫が42歳で初戴冠=DDT スポーツナビ 2015年8月23日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]