プロレスリング・セム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

プロレスリング・セムは、プロレスリング・ノア主催の若手選手による興行

歴史[編集]

2006年1月、取締役の仲田龍は「若手選手ばかりの興行をやりたい」と発言。2005年12月、新人4名がデビューしたものの所属選手の数が飽和状態であり大物フリー選手も参戦しているためシリーズ内では試合の無い日も多い。代表取締役社長の三沢光晴は試合で選手が伸びるという方針のため試合数が少ない若手選手にチャンスを与えようと若手選手による興行を計画。

セムノアの息子の名前。つまりノアの2軍とも言える興行であり当初はプロレスリング・ノアを設立した際に三沢が描いていたプランである。

2006年3月21日ディファ有明で旗揚げ戦を開催。リングのマットの色はノアのイメージカラーである緑ではなくピンクと紫のを使用。

2008年8月14日宮城野体育館でノアの主力選手が参戦するSEM ex(セム・エクストラ)を開催。

若手選手にチャンスを与えるという名目で生まれた興行であったが設立のきっかけになった新人4名のうち太田一平伊藤旭彦青木篤志が退団。旗揚げ以降、2013年2月、熊野準がデビューするまで約7年新人がデビューしなかった。所属選手も2006年当時より大幅に減り「団体内の選手数が飽和状態であり試合数が少ない若手にチャンスを与える」という設立の概念が崩れてしまっている。そのためか2011年2月8日ディファ有明の興行を最後に開催していない。

前出の熊野のデビューに加えて他団体から若手選手が移籍したことにより2013年11月12日から14日、ラゾーナ川崎プラザソルでセムの興行を再び開催。

参戦選手[編集]