西川潤 (プロレスラー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
西川 潤
プロフィール
リングネーム 西川 潤
本名 西川 潤
身長 180cm
体重 85kg
誕生日 (1986-12-10) 1986年12月10日(32歳)
出身地 岩手県盛岡市
所属 フリー
スポーツ歴 レスリング
ブラジリアン柔術
トレーナー マサ斎藤
佐々木健介
中嶋勝彦
デビュー 2010年5月9日
テンプレートを表示

西川 潤(にしかわ じゅん、1986年12月10日 - )は、日本プロレスラー

メディアには引退と発表されているがダイヤモンド・リングを退団しただけであるという。

経歴[編集]

幼少期からプロレスラーに憧れ、学生時代はレスリング部に所属する。佐藤ルミナのジムに所属し、修斗協会会長からブラジリアン柔術等を学ぶ。

2008年11月、第4回健介オフィス入門オーディションに応募。書類審査、体力テストを受けて合格。

2009年3月、大学卒業と同時に健介オフィス入門。1年間の厳しい練習に耐えるが、デビュー直前に背骨圧迫骨折の重症を負ってしまい、デビュー戦が延期になるも、無事プロテストに合格。

2010年5月9日、福島県郡山市総合体育館で行われたベアー福田戦でプロデビュー。

2010年5月26日、アメーバブログにて芸能人有名人枠で「雨ニモマケズ」を開始。また、モバイルサイト・プロレス格闘技DXでコラムもスタートする。デビュー以降、所属団体以外にもプロレスリング・ノアをはじめとする各他団体にも定期的に参戦し、セコンド業務もこなす。ノアでは丸藤正道KENTAとシングルマッチで対戦した。

11月14日、健介オフィス小田原アリーナ大会では会場に、所属していた修斗ジムroots代表の佐藤ルミナらが応援に駆けつけた。

2011年5月4日、被災地チャリティープロレスでは、岩手県宮古市のふれあい公園で行われ、地元初凱旋試合はメインに抜擢された。

8月27日には、日本武道館にて開催された新日本プロレス全日本プロレス、プロレスリング・ノアのメジャー3団体の32年ぶりの合同興行となる夢のプロレス・オールスター戦東日本大震災復興支援チャリティープロレス「ALL TOGETHER」の第6試合デストロイヤー杯争奪スペシャルバトルロイヤルに出場し、ベスト8まで残った。なお大会に出場したレスラーのなかで、唯一被災地・岩手県出身の選手である。

9月4日、「ALL TOGETHER」の東北版「みちのくTOGETHER」に岩手県代表として出場。

2011年9月、健介オフィスが引退を発表。

メディア出演[編集]

テレビ[編集]

DVD[編集]

  • 東日本大震災復興支援チャリティープロレス「ALL TOGETHER」2011.8.27日本武道館 -テレ朝版-(2011年10月19日、TCエンタテインメント)
  • 東日本大震災復興支援チャリティープロレス「ALL TOGETHER」2011.8.27日本武道館 -日テレ版-(2011年10月19日、バップ)

外部リンク[編集]