小林瑛太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小林 瑛太
小林 瑛太の画像
プロフィール
リングネーム Eita
小林 瑛太
本名 小林 瑛太
身長 170cm
体重 75kg
誕生日 (1991-10-27) 1991年10月27日(25歳)
出身地 長野県
所属 DRAGON GATE
デビュー 2011年5月30日
テンプレートを表示

小林 瑛太(こばやし えいた、1991年10月27日 - )は、日本プロレスラーリングネームEita(エイタ)。

経歴[編集]

  • 2011年5月30日 兵庫・ドラゴンゲートアリーナ【DRAGON GATE NEX】対KAGETORA戦にてデビュー。
  • チョップを武器とし第一回キング・オブ・チョップでは先輩レスラーを抑え見事優勝し、特典としてメキシコ修行を直訴した。
    • この際、CIMAからメキシコの公用語であるスペイン語が喋れない事を指摘されて、メキシコ帯同のためのテストを受ける事になった。課題はスペイン語で1(ウノ)〜100(シエン)を言えるようになる事で、次回の神戸サンボーホール大会(第一回キング・オブ・チョップも神戸サンボーホール大会)で試験をする事になった。その結果は詰まりはしたもの、なんとか言い切り合格。晴れてメキシコ修行に行く事になった。
  • 修行中にリングネームをEitaに改め、9月に一時帰国。その際にドラゴン・キッドオープン・ザ・ブレイブゲート王座への挑戦を表明し、ボディメーカーコロシアム大会でのタイトル戦が実現することとなった。
  • その後、長期遠征を行い新ユニットミレニアルズを結成させて帰国。
  • 2013年9月28日、タッグリーグ優勝決定戦でT-Hawkと共にYAMATOB×Bハルクと対戦。そしてドリームゲートチャンピオンのYAMATOに勝利し、見事に優勝。そしてツインゲート暫定チャンピオンとなった。
  • 10月26日、元・ドリームゲートチャンピオンのYAMATOとシングルで対戦。しかし胴締めスリーパーで5分43秒でレフェリーストップがかかり敗北。
  • 11月3日、ツインゲート暫定チャンピオンの2人(T-HawkとEita(本人))はキッドの負傷欠場で仕方なくツインゲートのベルトを返上する事になったドラゴン・キッドとK-ness.と対戦し、勝利。正式なチャンピオンとなった。
  • 12月5日、T-Hawkとフラミータと共にトライアングルゲートに挑戦し、見事に勝利。トライアングルゲートを獲得し、ツインゲートとトライアングルゲートを持つ二冠王になった。
  • 12月8日、土井とYAMATOとツインゲート戦を行うも自身が土井のマスキュラーボムで敗北。ツインゲートのベルトを防衛回数0で失った。
  • 12月22日、ベテラン軍(CIMA/望月成晃/ドラゴン・キッド)とジミーズジミー・ススム/斎藤"ジミー"了/Mr.キューキュー"谷嵜なおき"豊中ドルフィン)とトライアングルゲート戦を行うも望月の腕固めでギブアップしてしまいチャンピオンであるにもかかわらず最初の脱落チームになってしまった。
  • 2014年3月16日、ジミーズの持つトライアングルゲートにT-HawkとU-Tと挑戦。そして勝利し、トライアングルゲートを取り戻した。しかし、6月14日、U-TがKzyの韻波句徒で敗北。トライアングルゲート王座を失った。
  • 7月20日、T-Hawkと共に鷹木信悟戸澤陽の持つツインゲートに挑戦。T-HawkのナイトライドE.N.D.が鷹木に炸裂。ツインゲートを取り戻し、その後、8月17日に望月とキッド、10月5日にジミー・ススムとジミー・カゲトラを相手に防衛。しかし、11月2日、大阪06(CIMAとGamma)とツインゲート戦を行い、敗北。ツインゲート王座を失った。
  • 11月6日、ミレニアルズの一員としてT-Hawkとフラミータとマリアと組み、ベテラン軍の大阪06の二人とドン・フジイスペル・シーサーと対戦。ミレニアルズはメキシコ強制送還、ベテラン軍は解散がかかった試合にT-Hawkが勝利。その後、大阪06にリマッチを要求。12月の後楽園ホールでもう一度、ツインゲート戦を行う事が決定した。
  • 12月3日、ツインゲート戦を行い勝利したが、観客からはブーイングを浴びる。
  • 12月28日、YAMATOとサイバー・コングを相手に防衛戦を行うもT-HawkがYAMATOに敗北。
  • 2015年1月12日、Dr.マッスルとブレイブゲート王座決定戦を行うも、数々の反則技に翻弄され、最後は韻波句徒で敗北。
  • 2016年7月20日、スーパーJカップに出場、1回戦で獣神サンダー・ライガーと対戦し敗北。
  • 7月24日、マリアの持つブレイブゲート王座に挑戦し、Numero Unoで勝利。ついにブレイブゲート王座を獲得する事に成功した。
  • 9月10日、ドラゴン・キッドと組み参加をしたSummer Adventure Tag League 2016の優勝決定戦を土井成樹、"brother YASSHI組をNumero Uno で破り、優勝。
  • 10月2日、ドラゴン・キッドと組んで、ジミー・ススム、ジミー・カゲトラの持つオープン・ザ・ツインゲート統一タッグに挑戦するも、ジャンボの勝ちで敗れる。
  • 11月3日、フラミータを挑戦者に迎え、オープン・ザ・ブレイブゲートの防衛戦に臨み、Numero Unoで退け、3度目の防衛に成功。
  • 12月25日、ジミー・カゲトラに防衛戦で勝利し、4度目の防衛に成功。

得意技[編集]

Numero Uno
現在良く使う変型腕固め。うつぶせの相手の片腕を自分の膝の裏に挟み込み、相手の体を跨ぎつつ、もう片方の腕にストレートアームバーをしかける。現在の主なフィニッシュ技。
アポカリシス
Numero Unoとエスペランサを混ぜ合わせた様な技。
トーテムキラー
イダルゴのように腕を固めてからのバックドロップホールド。
Numero Uno ORIGINAL
Numero Unoから入る変型の丸め込み。
Numero Dos
前屈みになった相手の左腕をコブラクラッチのように固め右腕を股から通し、そこから一気に持ち上げて叩きつける変形パワーボム。
ムーンサルトプレス
美しい放物線を描くムーンサルトプレス。その場飛びでも使用される。
チョップ
小林の最も得意とする打撃技。その威力はドラゴンゲート内でもトップクラスだが、「ミレニアルズ」の一員として帰国後は使っていない。理由は「メキシコでは通用しなかったから」(2016年2月14日 福岡・博多スターレーン大会“TRUTH GATE 2016” の第4試合での解説コメントより)。但し封印している訳ではない。コーナーに振られて帰ってくる勢いを活かしたフライング式ダブルチョップもある。
イダルゴ
変形のリバース・ゴリー・スペシャル・ボム。リバースゴリーの状態から、相手の両足を自分の左肩に担ぎ直し、尻餅をつくようにして相手をマットに叩き付ける。
トレス
腕極め式のテキサスクローバーホールド
バスタ
トップロープとセカンドロープの間をノータッチでくぐり抜けてから回転する式のトペ・コン・ヒーロ。勢いそのままに背中からぶち当たっていく。
アルト・バスタ
トップロープ越えノータッチ式トペ・コン・ヒーロ。リングを往復するように走ってから放つので勢いがあり、リング下の相手を飛び越しそうになる事もある。
トペ・スイシーダ
リングを往復するように走ってから放つ。その為勢いがある。トップロープとセカンドロープの間をくぐり抜ける際に、セカンドロープを掴んで反動をつけ、更に勢いを増した形で突っ込んでいく事もある。
Rティーチ
相手の腕をひねり上げつつ、相手の脇に頭を入れるようにして自分の肩に担ぎ上げ、そのまま後方に投げる。相手の手を引っ張りながら落とすので、最終的にフェイスバスターの形になる。この技は、リッチ・スワンに教えてもらった技。
NOVA
相手の背後にカサドーラの要領で飛び付ついて回転エビ固めで丸め込む技。
エスペランサ
うつ伏せの相手の足を、サイドからリバース・インディアン・デスロックの状態に固め、爪先を梃子の要領で締め上げる。
Perros(ペロス)
リバースゴリースペシャルの状態から、スパインバスターの要領で、開脚しながら前方に投げ下ろし顔面を叩きつける変形のフェイスバスター。
クアトロ・カミノス
足を4の字固めのように決め、そのままチキンウィングアームロックで腕を固める技。
1991
レイ・ミステリオ・ジュニアの「619」と酷似した技。入り方や形はほぼ同一だが、相手の顔面ではなくロープに凭れ掛かった相手の後頭部を両足で蹴るのが異なる点である。
MÉX(メークス)
ロープ際で相手が両足を持ったさいに、トップロープを両手で掴み、相手がシーソーの要領で体を引き寄せた時に膝を畳むと同時に相手の頭部に抱きつき、そのまま背中からマットに落ちる勢いを利用して、相手の顔面に両膝を打ち込む技。

T-Hawkとの連携ではグランデという技名になる。

サラマンダー
雪崩式のカサドーラ。初公開は博多スターレーンで行われたCIMA&Kzy戦。KING OF GATEでCIMAをこの技で破っている。
ビブリア
巻投げのような形から入る変形の逆さ押さえ込み

タイトル歴[編集]

外部リンク[編集]