R・E・D

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
R・E・D
概要
メンバー Eita
神田裕之
KAZMA SAKAMOTO
PAC
吉田隆司
ビッグR清水
DAGA
デビュー 2018年9月24日 (2018-09-24)
団体

R・E・D(リアル・エクストリーム・ディフュージョン)は、日本プロレス団体DRAGON GATEのユニットである。

歴史[編集]

2018年9月6日、後楽園大会のメインイベント終了後Eitaが9月24日大田区大会にて新ユニット名の発表を予告。また、他団体の選手、海外を含めユニットの勢力拡大を宣言し、大田区大会である選手の投入を予告した。

9月24日、大田区大会で鷹木信悟を除くANTIAS勢と共に新メンバーKAZMA SAKAMOTOが入場し、新ユニット名をREAL EXTREAM DIFFUSION(リアル・エクストリーム・ディフュージョン)と発表した。試合は、NATURAL VIBESとの5vs5全面対抗イリミネーションマッチが行われ、Ben-KKAZMA SAKAMOTOの2人残りでR・E・Dの初陣を勝利で飾った。リーダーのEitaはオープン・ザ・ブレイブゲート王座戦でドラゴン・キッドに敗れ、王座陥落となった。

10月2日、後楽園ホール大会で、鷹木信悟&BxBハルク vs Eita&XにおけるXとしてPACが登場。実に6年3ヶ月ぶりのドラゴンゲートマット復帰となった。

11月4日、大阪大会でEitaが予告していた3人目のX、DAGAが初参戦。同じ日に、清水、吉田がオープン・ザ・ツインゲート統一タッグ王座にBen-Kがオープン・ザ・ドリームゲート王座にそれぞれ挑戦した。

12月4日、後楽園ホール大会でPACがドリームゲートを奪取し、第28代王者に。

12月23日、福岡国際センター大会で、ビッグBenがツインゲートを、吉田、神田、KAZMAがオープン・ザ・トライアングルゲートをそれぞれ奪取。だがEitaはマスカラ・コントラ・カベジェラでドラゴン・キッドに敗れ、坊主となった。

2019年、4月27日、アクロス福岡大会で清水、Ben-Kの持つツインゲート王座が陥落し、新たにYAMATOとKAIが45代ツインゲートチャンピオンとなった。

メンバー[編集]

期間限定メンバー[編集]

元メンバー[編集]

  • Ben-K(2019年5月6日追放)

獲得タイトル[編集]

R・E・Dが保持する王座と保持者(2019年8月7日現在)
タイトル 保持者 歴代 防衛回数 次期挑戦者 日付・場所
オープン・ザ・ツインゲート統一タッグ王座 Eita
ビッグR清水
第46代 Kzy
堀口元気
8月24日
大田区総合体育館
R・E・Dが挑戦する王座と保持者(2019年8月7日現在)
タイトル 挑戦者 保持者 日付・場所

第28代:PAC
(2018年12月4日獲得、2019年7月21日陥落/防衛3回)
第35代:Eita
(2018年7月22日獲得、2018年9月24日陥落/防衛1回)
第44代:ビッグR清水&Ben-K
(2018年12月23日獲得、2019年4月28日陥落/防衛2回)
第46代:Eita&ビッグR清水
(2019年7月21日獲得、20xx年xx月xx日陥落/防衛x回)
第64代:神田裕之&吉田隆司&KAZMA SAKAMOTO
(2018年12月23日獲得、2019年7月21日陥落/防衛3回)