オープン・ザ・ツインゲート統一タッグ王座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オープン・ザ・ツインゲート王座
詳細
現王者 CIMA&ドラゴン・キッド
獲得日 2016年11月3日
管理団体 DRAGON GATE
創立 2007年10月12日

オープン・ザ・ツインゲート王座(オープン・ザ・ツインゲートおうざ)は、日本プロレス団体DRAGON GATEが管理する王座。

特徴[編集]

2007年8月に行われたSummer Adventure Tag League優勝者である土井成樹吉野正人の発案で創設。

オープン・ザ・ツインゲート暫定王者の土井成樹&吉野正人組対インターナショナルジュニアタッグ王者新井健一郎&岩佐拓組との王座統一戦が行われてオープン・ザ・ツインゲート暫定王者組が勝利してインターナショナルジュニアタッグ王座がオープン・ザ・ツインゲートに吸収される形で王座の名称がオープン・ザ・ツインゲート統一タッグ王座になった。

チャンピオンベルトの左右に日本アメリカメキシコオーストラリアの国旗があり、チャンピオンベルトの革の部分の色が青となっている。

2009年7月に新調されて仕掛けはなく、皮の部分が黒で金色のチャンピオンベルトになっている。

旧チャンピオンベルトはCIMAGammaが勝手に持ち出してチャンピオンベルトのサイドに「ネ」と「ホ」が書かれていることからオープン・ザ・ネホゲート王座と名付けられて(チャンピオンベルト上部のTWINの部分にNEHOと書かれたテープが張られている)2人が勝手に王者組になった。

2010年9月29日天龍プロジェクトでインターナショナルジュニアタッグ王座が復活して王座の名称はオープン・ザ・ツインゲート王座になった。

歴代王者[編集]

レスラー 戴冠回 防衛回 獲得日付 獲得した場所(対戦相手・その他)
初代 土井成樹&吉野正人 1 2 2007年10月12日 後楽園ホール新井健一郎&岩佐拓
第2代 新井健一郎&岩佐拓 1 2 2008年2月8日 後楽園ホール
第3代 横須賀享&斎藤了 1 3 2008年5月5日 愛知県体育館
第4代 土井成樹&吉野正人 2 0 2008年9月26日 大阪府立体育会館第2競技場
第5代 YAMATO&サイバー・コング 1 4 2008年10月5日 博多スターレーン
第6代 横須賀享&Gamma 1 1 2009年3月1日 大阪府立体育会館第2競技場
第7代 堀口元気&斎藤了 1 3 2009年5月5日 愛知県体育館
第8代 鷹木信悟&YAMATO 1 3 2009年9月17日 後楽園ホール
第9代 CIMA&Gamma 1 0 2009年12月27日 福岡国際センター、王座返上
第10代 CIMA&Gamma 2 0 2010年2月10日 後楽園ホール、土井成樹&吉野正人
第11代 鷹木信悟&サイバー・コング 1 1 2010年3月22日 両国国技館
第12代 横須賀享&K-ness. 1 4 2010年5月13日 後楽園ホール
第13代 土井成樹&Gamma 1 1 2010年11月23日 大阪府立体育会館第1競技場
第14代 望月成晃&ドン・フジイ 1 0 2011年1月10日 名古屋テレピアホール
第15代 堀口元気&斎藤了 2 2 2011年2月6日 博多スターレーン
第16代 ドラゴン・キッド&PAC 1 0 2011年6月19日 博多スターレーン
第17代 CIMA&リコシェ 1 3 2011年7月17日 ワールド記念ホール、王座返上
第18代 B×Bハルク&戸澤陽 1 2 2011年12月1日 後楽園ホール、横須賀享&KAGETORA
第19代 ジミー・ススム&ジミー・カゲトラ 1 3 2012年3月4日 大阪府立体育会館第2競技場
第20代 B×Bハルク&谷崎なおき 1 0 2012年6月10日 札幌テイセンホール
第21代 ジミー・ススム&ジミー・カゲトラ 2 0 2012年6月17日 博多スターレーン
第22代 鷹木信悟&YAMATO 2 1 2012年7月22日 ワールド記念ホール
第23代 望月成晃&ドン・フジイ 2 6 2012年9月23日 大田区総合体育館
第24代 B×Bハルク&ウーハー・ネイション 1 1 2013年3月2日 大阪府立体育会館第2競技場
第25代 鷹木信悟&YAMATO 3 1 2013年5月5日 愛知県体育館
第26代 B×Bハルク&戸澤陽 2 0 2013年6月15日 博多スターレーン
第27代 土井成樹&リコシェ 1 0 2013年7月21日 ワールド記念ホール
第28代 ドラゴン・キッド&K-ness. 1 0 2013年8月30日 神戸サンボーホール、王座返上
第29代 T-Hawk&Eita 1 0 2013年11月3日 大阪府立体育会館第1競技場、ドラゴン・キッド&K-ness.
第30代 土井成樹&YAMATO 1 0 2013年12月8日 札幌テイセンホール
第31代 鷹木信悟&戸澤陽 1 5 2013年12月22日 福岡国際センター
第32代 T-Hawk&Eita 2 2 2014年7月20日 ワールド記念ホール
第33代 CIMA&Gamma 3 0 2014年11月2日 大阪府立体育会館第1競技場
第34代 T-Hawk&Eita 3 0 2014年12月3日 後楽園ホール
第35代 YAMATO&サイバー・コング 2 0 2014年12月28日 福岡国際センター
第36代 吉野正人&しゃちほこBOY 1 2 2015年3月1日 大阪府立体育会館第2競技場
第37代 土井成樹&YAMATO 2 9 2015年6月13日 博多スターレーン
第38代 T-Hawk&ビッグR清水 1 1 2016年3月6日 大阪府立体育会館第2競技場
第39代 ジミー・ススム&ジミー・カゲトラ 4 2 2016年6月19日 KBSホール
第40代 CIMA&ドラゴン・キッド 1 8 2016年11月3日 大阪府立体育会館

主な記録[編集]

外部リンク[編集]