ツーブロック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ツーブロックとは、髪型の一種。頭頂部から耳の上ぐらいまでの髪は長めに残し、そこから下の部分はかりあげにしている髪型のこと。長い部分の髪を下ろしているときと、束ねたり・ブローによって、かり上げ部分を露出させた時とでは大きく表情が変わる。 もう一つは普段髪を下ろしている場合は頭頂部からの髪の毛で刈り上げは見えない。なお風が吹いたり走っていたりすると上からの髪が揺れ刈り上げがすこし見える。 ツーブロックは日本では1980年代中盤 - 90年代初頭、若い男性を中心に爆発的に流行したが、YMO(イエローマジックオーケストラ)のグループがやっていたテクノカット+ツーブロック +ボブが流行りそれ以降も吉田栄作の影響とされる[1]。2011年頃からツーブロックが再流行したが、俳優の小栗旬伊勢谷友介オダギリジョーらの影響もあるとされる[2]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ いつ頃どこの国からの発祥かは不明。1989年ワールドカップバレーボールではアメリカ男子チームのアダム・ジョンソン選手がツーブロックヘアをしていた。
  2. ^ 木村カエラや山田優だけじゃない 「刈り上げ女子」が増殖中 20130720