玉岡金太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

玉岡 金太(たまおか きんた、1977年8月17日 - )は、日本プロレスレフェリー。本名:玉岡 孝一(たまおか こういち)。兵庫県三田市出身。

経歴[編集]

闘龍門の4期生(同期は斎藤了)として入門するも、練習についていくことが出来ずレフェリーとしてデビューする。神田裕之がレフェリーに転向するまでは団体に所属する唯一のレフェリーとして活躍。神田やベーカリー八木が加わった後も公平なレフェリングをこなしていたが、神田の現役復帰に反発しマッスルアウトローズに加入、ヒールに転向する。

途中休憩の時、玉岡がロープワークをしてロープチェックするのが隠れた名物の一つである。

2006年10月20日の試合で旗持ちオヤジに負け、ヒールから元のレフェリーに復帰した。しかし、11月8日の試合にてマッスルアウトローズに再合流。再び、ヒールのレフェリーに転向した。

2007年5月12日の『マッスルライヴ』でGammaと組み2度目の試合に挑み、新人レフェリーの大宅龍則からフォール勝ちを収め、初勝利を挙げた(大宅のパートナーはCIMA)。

レフェリーながらもバックドロップやマッドスプラッシュ、ブレーンバスターやスタイルズクラッシュ等の大技を使うため、密かにマッスルのメンバー達と練習してるとの噂もある。

その練習に自信がついたのかどうか分からないが、2007年6月16日、大阪府立体育会館の試合で、アンソニー・W・森ドラゴン・キッドに対し、『お前のように背が低い奴なら俺でも勝てる』と暴言を吐いた。その結果、7月1日の神戸ワールドでの試合に参加が決定した。対戦相手はアンソニー・W・森ドラゴン・キッド。パートナーはGamma。当初玉岡のパートナーはDr.マッスルでGammaは同日のメインで行われたCIMAとのODG挑戦者決定戦に敗れたペナルティとして、ワールドの出場は禁止とし、自宅でおとなしくPPV観戦のはずだった。しかし納得のいかないGammaはDr.マッスルにGammaスペシャルを食らわせ、強引にDr.マッスルから出場権を手にしてしまう。

試合は玉岡がキッドのウルトラ・ウラカン・ラナを決められ、カウント3かと思われたが、Gammaがキッドのマスクを剥きGamma&玉岡組の反則負け。翌1か月後の8月11日の名古屋大会にて、再戦が行われることが決定。この試合はGamma&玉岡組が負けたら丸坊主に、アンソニー&キッド組が負けた場合はアンソニーは丸坊主、キッドはマスクを脱ぐと言うマスカラ・コントラ・カベジャラ戦となった。また前回のような決着はさけるため15分の制限時間内に決着が着かなければ全員敗者となり、Gamma、玉岡、アンソニーは丸坊主、キッドはマスク脱ぎとなる。結果はアンソニーが丸め込んだGammaを玉岡が見捨て、Gammaが丸坊主となった。この結果に納得のいかないGammaと9月22日の大田区体育館で「敗者マッスルアウトローズ追放マッチ」として対決したが、当初Gammaの味方と思われていたマッスルアウトローズのメンバーが、最後の場面でGammaを裏切り、玉岡が勝利した。勝った玉岡はこれからはレフェリーに専念すると誓う。

10月21日、マッスル・アウトローズを追放された。マッスルを追放されてからは真っ当なレフェリーに戻った。

その後も玉岡は本体でメインレフェリーを務めるなどレフェリング技術の向上のみならず、お笑い試合などでのマイクアピールにも成長著しいところを垣間見せていたが、2011年4月4日、覚醒剤取締法違反(使用)で兵庫県警須磨署に逮捕された。これにより、玉岡は同5日付で株式会社ドラゴンゲートより所属契約条項の重大な契約違反に伴う懲戒解雇処分を受けた。[1]

得意技[編集]

  • 高速カウント
玉岡がレフェリーをする時に使うカウント。相手がフォールを取る時は低速カウントにする。

その他[編集]

  • 歌はもの凄く上手いらしい。打ち上げの席で美声を披露しているところを各選手がブログで報告している。
  • 金髪、アフロ、編み込み、オールバックなど頻繁にヘアースタイルを変える。
  • 愛車は日産のシルビア(S13) 度々ブログでも登場する

脚注[編集]

  1. ^ http://spora.jp/dragongate/archive/1722/0 「ファンの皆様へ」2011年04月05日(火) ドラゴンゲート公式HPでのリリース。