旭志織

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
旭 志織
旭 志織の画像
プロフィール
リングネーム 旭 志織
本名 非公開
ニックネーム ファイティングコンピューター
身長 175cm
体重 78kg
誕生日 (1978-02-17) 1978年2月17日(39歳)
出身地 福岡県宗像郡(現:福津市
所属 KAIENTAI DOJO
スポーツ歴 学生プロレス
トレーナー TAKAみちのく
デビュー 2002年7月9日
テンプレートを表示

旭 志織(あさひ しおり、1978年2月17日 - )は、日本プロレスラー九州産業大学卒業。

学生プロレス時代は「ヒマワリ」のリングネームで活動していた。若鷹ジェット信介とは大学生時代からの友人。

経歴[編集]

2002年
2004年
  • 若手の登竜門である大会「K-METAL LEAGUE」で優勝し注目される。
2005年
2006年
2012年
2013年
  • 7月、プロレスリング・ノアで開催された、日テレG+杯争奪ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦に昨年と同じくヒロ・トウナイとタッグを組み参戦。その後も限定参戦しつつ継続参戦をアピール。単発ではあるが、トウナイとのタッグでTMDKマイキー・ニコルス&シェイン・ヘイスト)やNO MERCYKENTA&杉浦貴)と対戦。シングルマッチにおいても小川良成と対戦している。
2014年
2015年

得意技[編集]

モダンタイムス
2回連続した逆さ押さえ込みである。3回連続だとモダンタイムスタイムスという名前になる。
月食
超低空のラナである。お互い座った状態にあるとき、足で相手の頭を掴んでラナの形で丸め込む技。
レッグスプレッド
必殺の股裂きである。足と手を使って相手の股を思い切り広げる技。
裏レッグスプレッド
レッグスプレッドが仰向けの相手に使う技であるのに対して、こちらはうつ伏せの相手に使う。形は浅子覚のマックス・ペインと同型だが、極める重点が異なる。
阿吽
体を地に這わせて旋回するようにして放つ延髄斬り。619(レイ・ミステリオ)のような型になる。座っている相手に対して使用する。相手が立っている場合は阿吽で足を刈ったり、相手もろとも前転して座らせてからもう一度放つ。また、コーナー上や大石の背中の上など、様々なバリエーションが存在する。TAKAみちのくは「クルクルキック」と呼んでいる。
HIMAWARI-BOM
肩車した相手をミステリオ・ラナの様に反転させながら、パワーボムに移行する技。
スワンダイブフットスタンプ
大石との連携で使用することが多い。
卍固め
タッグマッチの時は二人の相手に同時にかけることも。
ハードコア・クラッチ(with大石)
ハードコアマッチ限定で使用する押さえ込み技。エビ固めにした相手の上にパイプ椅子を被せて押さえ込む。ラダーを使うバージョンもある。
ダブルスワントーンボム(with大石)
大石と二人で肩を組んで行うスワントーンボム。

タイトル歴[編集]

KAIENTAI DOJO
DDTプロレスリング

入場テーマ曲[編集]

  • 「SUNSHINE」(MAKIKO)※キングレコード「KAIENTAI DOJO」に収録(旧テーマ)
  • 「スーパーヒーロー」(FOUR・SQUARE)※「KAIENTAI DOJO 3 SUPER BEST」に収録

特記[編集]

  • 決めゼリフは「では、ごきげんよう。」
  • 相手の背中にチョップを叩き込んだ後、ニー・ドロップを投下して「どーしたオラー!」とお客さんと唱和するのがお約束となっている。
  • 趣味は映画鑑賞と玉突きである。
  • ZERO1-MAXに所属していた山笠Z゛信介は学生プロレス時代からの友人である。
  • 大石真翔とはプライベートでも共に過ごすタッグパートナーを超えた関係である。大石がDDTに移籍して以降も継続中。
  • 小嶺麗奈が好みである。
  • レッグスプレッド(股裂き)をプロレス界に定着させる野望を持っている。

テレビ出演[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]