千葉6人タッグ王座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
千葉6人タッグ王座
詳細
現王者 滝澤大志&本田アユム&最上九
獲得日 2020年1月10日
管理団体 2AW
創立 2011年4月30日

千葉6人タッグ王座(ちばろくにんタッグおうざ)は、2AWが管理、認定している王座。以前はKAIENTAI DOJOが管理、認定していた。

歴史[編集]

2011年4月30日KAIENTAI DOJO千葉Blue Field大会で行われた初代王者決定1DAYトーナメントに優勝した旭志織&ヒロ・トウナイ&佐藤悠己組が初代王者になった。

2012年6月に第5代王者組が誕生して以降は防衛戦が行われず自然消滅した形となっていたが、2018年4月22日のKAIENTAI DOJO後楽園ホール大会において、「復活!千葉6人タッグ選手権 新王者決定ガントレットマッチ」が行われ、勝利した遊馬&吉野コータロー&ダイナソー拓真組が第6代王者に認定された[1][2]

KAIENTAI DOJOが2019年6月2日より2AWに団体名を変更するに伴い、現在は2AWの管理下に置かれ、タイトルマッチが行われている。

歴代王者[編集]

歴代 選手 防衛回数 獲得日付 獲得場所
(対戦相手・その他)
初代 旭志織&ヒロ・トウナイ&佐藤悠己 3 2011年4月30日 千葉Blue Field
滝澤大志&梶トマト&マリーンズマスク(2代目)
第2代 リッキー・フジ&火野裕士&バンビ 3 2011年9月17日 千葉Blue Field
第3代 柏大五郎&梶トマト&マリーンズマスク(2代目) 3 2011年12月18日 千葉Blue Field
第4代 TAKAみちのく&真霜拳號&木高イサミ 0 2012年3月24日 REINAアリーナ
返上
第5代 藤澤忠伸&内田祥一&SATOSHI 0 2012年6月17日 大阪ミナミ ムーブ・オン アリーナ
HIROKI&房総ボーイ雷斗&関根龍一
自然消滅
第6代 遊馬&吉野コータロー&ダイナソー拓真 2 2018年4月22日 後楽園ホール
梶トマト&GO浅川&マリーンズマスク(4代目)
第7代 佐藤悠己&本田アユム&最上九 3 2018年7月29日 TKPガーデンシティ千葉
第8代 吉野コータロー&ダイナソー拓真&超人勇者Gヴァリオン 0 2018年12月24日 Blue Field
第9代 タンク永井&吉田綾斗&花見達也 4 2019年2月10日 Blue Field
第10代 ラッセ&ヤッペーマン1号&ヤッペーマン2号 1 2019年6月20日 新木場1stRING
第11代 ザ・グレート・サスケ&バラモン・シュウ&バラモン・ケイ 0 2019年7月13日 矢巾町民総合体育館
第12代 ラッセ&ヤッペーマン1号&ヤッペーマン2号 1 2019年7月14日 仙台ヒルズホテルみちのくホール
第13代 ザ・グレート・サスケ&バラモン・シュウ&バラモン・ケイ 0 2019年8月18日 エスモール屋上特設リング
第14代 ラッセ&ヤッペーマン1号&ヤッペーマン2号 0 2019年8月24日 新木場1stRING
第15代 最上九&本田アユム&十嶋くにお 0 2019年9月1日 後楽園ホール
第16代 梶トマト&ダイナソー拓真&CHANGO 0 2019年10月11日 新木場1stRING
第17代 タンク永井&吉田綾斗&吉野コータロー 1 2019年11月10日 TKPガーデンシティ千葉
第18代 滝澤大志&本田アユム&最上九 2020年1月10日 新木場1stRING

脚注[編集]

[脚注の使い方]