敬老の日特別興行・R-60

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

R-60(アール-ろくじゅう)は、日本プロレス団体KAIENTAI DOJOの開催する興行である。

概要[編集]

人生の先輩を敬おうという企画意図により観客を60歳以上に限定した大会である。ただし同伴者は60歳以下でも入場が可能であり、観戦料金は500円である。

昭和時代の日常を描写した映画である「ALWAYS 三丁目の夕日」(東宝)を見た筑前りょう太が「あの頃のような活気を取り戻す為、幅広い世代にプロレスを見て元気になっていただこう」と発案。地域に密着した活動の一環として開催となった。

2006年4月13日、第1回では会場内では実況アナウンスが流れる中、選手たちによる試合が繰り広げられた。他に津軽三味線などの演奏も行われ85人が観戦した。

2006年9月18日敬老の日)、第2回では試合の他に地元のアコーディオン奏者の演奏なども行われ、読売新聞の地方版に同日の記事が掲載された。