ヘラクレス千賀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
バナナ千賀
バナナ千賀の画像
プロフィール
リングネーム バナナ千賀
ヤッペーマン1号
ヘラクレス千賀
ヘラクレスオオ千賀
かめっしー1号
千賀 達人
本名 千賀 達人
身長 170cm
体重 75kg
誕生日 (1984-01-02) 1984年1月2日(35歳)
出身地 大阪府豊中市
所属 フリー
トレーナー ウルティモ・ドラゴン
デビュー 2004年5月16日
テンプレートを表示

バナナ千賀(バナナせんが、1984年1月2日 - )は、日本プロレスラー。本名:千賀 達人(せんが たつひと)。

経歴[編集]

2004年5月16日、闘龍門の13期生としてメキシコ・アレナ・コリセオにて大椙努(現:ツトム・オースギ)戦にてデビュー。後にサルサチーム「ロス・サルセロス・ハポネセス」の、ひよっこ団員としてバナナ千賀に改名。

片腕に大きなバナナクッションをはめて皮をむく入場スタイルに黄色い声援が飛び交う。その後、Ken45゜に「負けたら軍団Ken入りマッチ」を組まれて軍団入り。すぐに調子に乗る生意気な構成員としてKen45゜の手を焼かせる。

みちのくプロレスに主戦場として参戦。プロレスリングElDoradoに所属。大鷲透の軍団に入るべくリングネームをヘラクレスオオ千賀に改名する。

2007年8月30日、みちのくプロレスのふく面ワールドリーグ戦に登場した、しばてんは彼の変身で、しばてんとしては普段は見せないパワーファイトも見せて以降、みちのくプロレスには「しばてん」として参戦していた。

2007年4月、ARABAKI ROCK FEST.にて千賀永吉で登場(あくまでパロディ)。

2008年、ElDoradoの解散後に親会社のソウルコネクション所属となる。そして、ツトム・オースギとタッグチーム「Speed of Sounds(SOS)」を結成。この頃から大日本プロレスにも参戦してMEN'Sテイオーが率いる「MEN’S CULB」に加わっている。

2009年、SOSに大鷲透を加えたユニット「鷲OS」を結成して自主興行「紅白プロレス合戦」開催を発表。11月、ソウルコネクション解散になり、フリーとなる。主に、みちのくプロレスと大日本プロレスとプロレスリングBASARAに参戦している。

2018年7月12日、プロレスリングBASARAで行われた「二大改名マッチ ノンブレ・コントラ・ノンブレ」でベストストレッチマンV3に敗北してバナナ千賀に再改名させられた。

兄がグラビアアイドルの山崎真実のマネージャーをしており、山崎が試合を観戦に訪れたことがある[1]

みちのくプロレス[編集]

ヤッペーマン1号
しばてん

河童をモチーフにした日本の覆面レスラー。

ヤッペーマン1号

ヤッターマンをモチーフにした日本の覆面レスラー。

2009年3月14日、みちのくプロレス矢巾町民総合体育館大会でヤッペーマン2号と共にデビュー。

2013年、酔っていた際に、みちのくプロレス専用車のフロントガラスに虫が止まっていたことから蹴りを繰り出しガラスを破壊してしまう。次回大会からガラス弁償代、臨時レンタカー代、その他諸々の費用が興行でのギャラでは不足のため、「ヤッペーマン1号お助け募金」を各試合会場に設置して呼びかける始末となる。

2014年2月15日、みちのくプロレス新木場1stRING大会で正体を明かした。

得意技[編集]

バナナ千賀
ヘラクレス千賀
  • ヘラクレスシュート
  • シェイパー
  • 黄龍
  • トラースキック
  • 展覧会の絵
ツトム・オースギとの合体技でオースギが右サイド、千賀が右サイドから抱えて回転させて落とす技。旧名は「展覧会の絵」より「小人」。オースギに試合権利がある場合は、みちのくドライバーIIの形でフィニッシュする。千賀に試合権利がある場合はフィッシャーマンズスープレックスの形でフィニッシュする。技名は千賀の愛読である漫画『恐怖新聞』で千賀の好きなキャラクターエリナ松岡が白目になって「展覧会の絵」を演奏する場面がありオースギが「俺らと言えば小人だね」という理由が由来。
ヤッペーマン1号
  • 白い竜巻の術
スカイツイスタープレスと同型。
  • トラースキック

タイトル歴[編集]

エピソード[編集]

  • みちのくプロレス大日本プロレスなど観客の荷物をゴミのように扱ったり(観客のバーバリーのコート(15万円)も被害に遭った)、嫌われるような行為や空気を読まない行動を多くとるため、「千賀死ね」コールが定着してしまっているほか実況からはMEN'Sテイオーの嫌な部分だけを受け継いだプロレスラーと言われている。
  • ニコニコ動画ニコニコプロレスチャンネルでも大日本プロレス新木場1stRING大会で鈴木健.txtのマイクを奪ってリングに上がるなどニコプロ民(ニコプロ視聴者)の反感を買い、「千賀○ね(「死ね」と入力すると弾かれる為)」のコメントが大量に流れる(時には弾幕になる事も)。挙句の果てにはニコプロ民によって「千賀を許さないニコプロ民の会」まで作られる程。
  • 仲の良いプロレス関係者からは「千賀つまんね」というハッシュタグで自身の日常をよくツイートされている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]