ヒロ・トウナイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ヒロ・トウナイ
ヒロ・トウナイの画像
プロフィール
リングネーム ヒロ・トウナイ
本名 非公開
ニックネーム アームキラー
身長 175cm
体重 80kg
誕生日 (1983-10-08) 1983年10月8日(34歳)
出身地 大阪府
所属 KAIENTAI DOJO
トレーナー TAKAみちのく
デビュー 2006年11月19日
引退 2018年5月6日
テンプレートを表示

ヒロ・トウナイ1983年10月8日 - )は、日本の元プロレスラー。現役時代はKAIENTAI DOJO所属。

経歴[編集]

2006年11月19日、千葉Blue FieldでのvsTAKAみちのく戦にてデビュー。

2009年、同期である滝澤とともに、KAIENTAI DOJOという名のタッグリーグ戦を制する。

同年11月後楽園ホール大会において、試合終盤突如としてパートナーの滝澤を裏切りMONSTER Plantに電撃加入、ヒールターンを果たす。翌週の大会より髪を金に染め、赤いショートタイツが赤いロングパンツに変わるなど、別人のような風貌となる。ファイトスタイルもラフ殺法を多用するようになる。

2010年12月25日の後楽園ホールでの敗者ユニット離脱4WAYタッグマッチにて大石真翔旭志織組に敗れ、モンスター・プラントから離脱。以後半ば強制的に大石、旭と佐藤悠己と行動を共にするようになる(のちにリトル☆ギャラクシーとなる)。

2011年4月30日、旭・佐藤とのチームで千葉6人タッグ選手権王者決定トーナメントにエントリー。決勝でマリーンズマスク梶トマト、滝澤大志組を破って初代王者となる。

2012年9月8日、この日よりプロレスリング・ノアで開催された、日テレG+杯争奪ジュニアヘビー級タッグ・リーグ戦に旭志織とタッグを組み参戦。開幕戦で、優勝チームの石森太二&小峠篤司に勝利し、優勝は逃したものの、旭と共に技能賞を獲得する。

2013年7月14日よりプロレスリング・ノアで開催された、日テレG+杯争奪ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦に昨年と同じく旭志織とタッグを組み参戦。その後も限定参戦しつつ継続参戦をアピール。単発ではあるが、旭とのタッグでTMDKマイキー・ニコルス&シェイン・ヘイスト)やNO MERCYKENTA&杉浦貴)と対戦する。

2014年1月4日WNC主催の第2回デーブ・フィンレー杯で決勝に進み、土肥孝司を飛びつき胴締め固めで破り優勝[1]

同年5月3日、プロレスリング・ノア、ディファ有明大会にて旭志織とタッグを組み、小川良成ザック・セイバーJrが保持するGHCジュニアヘビー級タッグ王座に挑戦するも敗北。

同年7月19日、3年連続で日テレG+杯争奪ジュニア・ヘビー級タッグリーグ戦に出場。初戦で原田大輔&クワイエット・ストーム組と対戦し、旭が原田からフォールを奪い勝利する。しかし最終戦でジンゾー&ロッキー・ロボ組に敗れ決勝進出はならなかった。

2015年11月1日、梶を破り、キャリア10年目にして初のシングル王座となるUWA世界ミドル級王座を奪取。また、滝澤大志、吉野コータローとともに赤闘覇を結成し、打倒凶月を目標に掲げている。

2016年3月26日、結婚を報告。地元大阪への転居が発表。レギュラー出場は4月29日までとなる。

5月20日、大阪転居後初の試合として道頓堀プロレスに参戦。以降は道頓堀プロレスとK-DOJO大阪大会を中心に活動中。

2018年5月6日引退。

得意技[編集]

抱え式バックドロップのような体勢からのライトニングスパイラル
  • 飛鳥落とし(ひちょうおとし)
ジャンピングハイキック

入場テーマ曲[編集]

  • 初代 : CHANGE!
  • 2代目 : アームキラー

人物[編集]

  • 2015年よりK-DOJOの売店でトウナイオリジナルの手彫りのグラスを販売している。
  • YMZのレギュラーメンバーである。

タイトル歴[編集]

テレビ出演[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]