タンク永井

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
タンク永井
Tank Nagai
タンク永井Tank Nagaiの画像
プロフィール
リングネーム タンク永井
パンプキン永井
シンク永井
ニックネーム 進化する暴走戦車
身長 175cm
体重 100kg
誕生日 (1984-04-28) 1984年4月28日(33歳)
出身地 千葉県千葉市
所属 KAIENTAI DOJO
スポーツ歴 柔道
アメリカンフットボール
デビュー 2012年10月14日
テンプレートを表示

タンク永井(タンクながい、1984年4月28日 - )は、日本プロレスラー。妻は元女子プロレスラーの紫雷美央

概要[編集]

2011年4月に入門。千葉県を本拠地とするKAIENTAI DOJOとしては初の千葉県千葉市出身の選手である。陸上自衛隊に所属していた事もあり、体格が良くアマレスを主体とした試合を得意とする。

10月14日にデビューが決まると、その前々日に奇抜なモヒカンヘッドになり周囲の度肝を抜いた。また、絵が得意でデビュー前から手書きのポスターを持って他団体でチケットを売っている姿も話題になった。

梶トマトとタッグを組むときはたまにパンプキン永井という名前で登場する。

2013年にはZERO1の横山佳和とタッグを結成し多方面でも活躍した。

2014年3月5日、大石旭による自主興行にてシンク永井という名前で登場する。

経歴[編集]

2011年4月上旬、13期生として入門。

2012年10月14日、後楽園ホールでのvs本田アユム戦にてデビュー。

2013年5月6日、K-METAL LEAGUE 2013 優勝

2013年11月16日、真霜拳號の持つCHAMPION OF STRONGEST-K選手権のベルトに初挑戦し負ける。

2014年、KAIENTAI DOJOでかつてのタッグパートナー福田洋と決別しザ・タンクスを結成。メンバーには星野タン九郎タンク横山柴タンクを仲間としている。

2014年1月13日に横浜にぎわい座にて旭志織とかつての仲間福田洋の持つSTRONGEST-K TAG王座に柴タンクと挑戦するも敗北。

4月13日、スペシャルシングルマッチとしてWRESTLE-1のエースKAIと対戦し、KAIにスプラッシュ・プランチャを決められ敗北。

また5月20日のWAR IS OVER解散後は真霜拳號と行動を共にしていて凶月を結成する。

2015年9月6日に火野裕士を破りCHAMPION OF STRONGEST-K王座第20代王者となる。チャンピオン奪取により、凶月のリーダーの座を真霜拳號より譲られる。

得意技[編集]

  • ダイビングセントーン
  • ハングマンズホールド
  • スピアータックル

タイトル歴[編集]

KAIENTAI DOJO
K-AWARD
  • 年間最優秀選手賞(2015年)
  • ベストパフォーマンス賞(2013年)
  • 新人賞(2012年)

ザ・タンクス[編集]

  • 福田洋と決別したタンク永井がリーダーであるユニット。
  • いずれのメンバーはタンク永井と組まなくてもK-DOJO参戦時のリングネームは以下のものでコスチュームもタンク永井を基調としたものでヘッドギアもつけてある。
  • 星野タン九郎
  • 柴タンク
  • タンク横山

エピソード[編集]

  • 試合ではレスリング用のヘッドギアをしていた。2500円で同型のヘッドギアを販売していたが凶月加入後は使用しなくなっていてヘッドギアの在庫があることに悩んでいる。
  • 趣味はドラム缶風呂
  • 好きな食べ物は西京焼き
  • 嫌いなものは二頭筋のトレーニング
  • プロレスリング・ノアモハメド・ヨネに顔が似ていると言われていて、永井本人も、2014年5月11日に開催された『K-UP IMPACT in 千葉BlueField!』での対ヨネ戦の直前に「顔の似ている人間にとことんぶつかっていきますよ!」とツイッタ―に書き込んでいる。
  • だが、ヨネが坊主頭にした事で、前より似なくなってしまい、7月17日のツイッタ―にて「今日の対戦相手が俺に似てるハズだったのに、坊主だから全然似てないじゃねぇか!調子狂うじゃねぇか!」と書き込んでいる。
  • 絵は得意というだけあり、その実力は代表であるTAKAみちのくが認めるほどである。ちなみに、浮世絵風やエジプト壁画風など様々な絵柄を描ける。
  • 2013年に放送されたテレビドラマ「ファイヤーレオン」(TOKYO MX)では、劇中のプロレス団体「ストロング道場」練習生ナガイ役として「永井拓」の名義で出演した。
  • タイチからは元新日本の練習生ということをいじられている。
  • 2015年9月28日のニコニコプロレスチャンネル内のニコ生にて、元女子プロレスラーの紫雷美央と婚約している事を公表した。(10月10日入籍)
  • 高校では柔道部に所属していた。高校最後の団体戦では、残り30秒で掛け逃げを2回行い反則負けにより2回戦敗退。(反則がなければ引き分けとなり、所属高校が勝っていた。)なお、慕われていたため、タンクを責める部員は一人もいなかった。

外部リンク[編集]