勝村周一朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
勝村 周一朗
KATSUMURA.JPG
基本情報
本名 勝村 周一朗
通称 リアルタイガーマスク
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1976-06-17) 1976年6月17日(42歳)
出身地 神奈川県横浜市
所属 リバーサルジム横浜グランドスラム
身長 172cm
体重 68kg
階級 バンタム級
バックボーン レスリング
テーマ曲 A Question Of Honour
サラ・ブライトマン
FORWARD (SHACHI)
テンプレートを表示

勝村 周一朗(かつむら しゅういちろう、1976年6月17日 - )は、日本総合格闘家プロレスラー神奈川県横浜市出身。総合格闘家としてはリバーサルジム横浜グランドスラム所属兼主宰。元修斗世界バンタム級王者[1]

経歴[編集]

綜合格闘技[編集]

高校生の頃は学校で暴力沙汰を起こすような不良少年であった。そんな勝村を見かねた親に勧められたのとプロレスに影響されたのもあって、高校1年生の時に木口道場レスリングを始め、大学時代に修斗を始めた[2]

大学卒業後は鎌倉児童養護施設の職員として勤務しながら格闘技を続ける。彼のニックネーム「リアルタイガーマスク」はここからきている。

アマチュア修斗全日本を制し、プロ修斗デビュー。

2004年1月24日のマルコ・ロウロ戦ではブラジリアン柔術黒帯の寝技に対抗できず敗北。この試合の後に養護施設を退職した。

2004年11月3日にZSTに初参戦。所英男に1Rフロントチョークで一本負け。引退も考えたが現役を続行する。所英男とはその後ZSTルールでタッグを組み、変則ルールながらレミギウス・モリカビュチスから三角絞めで一本勝ち。

2005年10月19日、カリフォルニア州で行われたヒクソン・グレイシー主催のブドーチャレンジ60kg未満級に参戦。1回戦を判定勝ちしたものの、決勝でビビアーノ・フェルナンデス三角絞めで一本負け。

2006年5月27日、ZST GT-F2(第2回フェザー級グラップリングトーナメント)に出場。1回戦でジェイソン・ラインハートに三角絞めで一本勝ち、準決勝で所英男に三角絞めで失神TKO勝ち、決勝でバレット・ヨシダに裸絞めで一本負け。準優勝となった。

2006年12月31日、K-1 PREMIUM 2006 Dynamite!!に大抜擢され永田克彦と対戦し、パウンドでTKO負けを喫した。

2007年7月16日、HERO'Sアレッシャンドリ・フランカ・ノゲイラと対戦し、右フックでKO負け。

2008年12月1日、神奈川県横浜市西区に自身のジム「リバーサルジム横浜グランドスラム」をプレオープンし[3]、12月15日に正式オープンとなった[4]

2009年1月4日、SWAT!-TXのタッグマッチで1年半ぶりの実戦復帰となった。

2009年5月24日、1年10か月ぶりの総合格闘技復帰戦となったZST.20で山城裕之と対戦し、ツイスター(グラウンドコブラツイスト)で一本勝ち。

2009年11月23日、5年10か月ぶりの参戦となった修斗で田澤聡と対戦し、フロントチョークで一本勝ち。

2010年3月22日、修斗世界フェザー級(-60kg)チャンピオンシップで王者上田将勝に挑戦し、ニンジャチョークで一本勝ちを収め王座獲得に成功した[5]

2010年9月23日、修斗でダレン・ウエノヤマと対戦し、パウンドでKO負けを喫した[6]

2011年2月25日、DEEP 52 IMPACTで行なわれた「宮下トモヤチャリティーエキシビションマッチ」に出場。KEI山宮とタッグを組んで、砂辺光久&石井大輔チームと対戦した[7]

2014年6月、総合格闘技大会GRANDSLAMの総合プロデューサーに就任。2016年9月にZST運営委員に就任[8]

プロレス[編集]

もともとプロレス好きで、憧れを持っていたが、DDTが開催するU系大会「ハードヒット」の噂を聞くや、関係者に出場直訴。2013年10月27日、新木場1st.RING大会における間下隼人戦で初参戦を果たした[9]。 2月28日、ハードヒットでプロレスラー・服部健太とグラップリングマッチを行ったことから、服部の所属先である花鳥風月にも参戦。6月8日、東京・王子小劇場での梅沢菊次郎戦で純プロレスルールを初体験。梅沢は高校、大学(和光学園)の3年後輩である[10][11]

10月27日付けでプロレス活動においての所属が、シアタープロレス花鳥風月となる[12]。同時に花鳥風月ブランドとして鎌倉花鳥風月(月闘)を旗揚げ[13]。2015年12月13日、矢郷良明を破りVKF王座を戴冠[14]。第7代王者となる。

12月29日、埼玉・さいたまスーパーアリーナで開催された総合格闘技イベント『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2015 さいたま3DAYS 〜SARABAの宴〜』で今成夢人とプロレスルールで師弟対戦。ニンジャチョークで勝利し、プロレス愛を叫んだ[15]

2016年1月3日に行われたFREEDOMS・新春!お年玉争奪ワンデー6人タッグトーナメントに竹田誠志山本裕次郎とのチーム・リバーサルで出場[16]。4月16日、花鳥風月・スターライズタワー(東京タワースタジオ)大会にて政宗と引き分け、VKF王座を初防衛。試合後ノンタイトルで延長戦が行われた[17]。5月31日、VKF・新木場大会でヤス久保田を相手に2度目の防衛[18]。しかし同試合で足首を負傷したため、6月5日に予定されていたとの防衛戦を延期した[19]。また6月16日、トモダチ軍(仮)プロデュース蕨大会では、異例の「勝村周一朗天覧試合」が決定した[20]。17日、広島大会で復帰。18日の忍戦でノーコンテスト。再試合を行いVKF王座を3度目の防衛[21]

9月22日、アゼリア大正でのVKF選手権試合で金本浩二と対戦し王座陥落[22]

12月2日、大阪城東区民センターで行われた上井文彦プロデュース興行「Strong Style History~Go for Broke!! Forever~」で元第一次UWFの森泰樹とUWFルールで対戦し引き分ける。

12月21日、レミギウス・モリカビュチスが銃弾に倒れたことを受け、所英男ら日本の有志と「レミーガ追悼委員会」を結成。レミギウスの子供たちの養育費を集めた[23]

2017年1月22日、ガンバレ☆プロレス王子大会でガンプロ軍としてあいさつ。シン・ガンプロ軍迎撃を誓った[24]。5月28日、唐澤志陽と出場した風流人2017タッグリーグ戦において優勝。初代風流人タッグ王座を獲得した[25]。8月16日、シアタープロレス花鳥風月からの退団を発表[26]

2018年1月からは岡田剛史と勝村軍(仮)を結成[27]

6月17日、成増アクトホールで石井慧介の持つインディペンデントワールド世界ジュニアヘビー級選手権に挑戦[28]

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
23 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
11 1 8 2 0 3 0
9 4 2 3 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 岡嵜康悦 2R 2:24 KO(右ストレート→パウンド) 修斗伝承 2011
【修斗世界フェザー級チャンピオンシップ】
2011年4月29日
× ダレン・ウエノヤマ 2R 3:53 KO(パウンド) 修斗 The Way of SHOOTO 05 〜Like a Tiger, Like a Dragon〜 2010年9月23日
上田将勝 2R 3:39 ニンジャチョーク 修斗 The Way of SHOOTO 02 〜Like a Tiger, Like a Dragon〜
【修斗世界フェザー級チャンピオンシップ】
2010年3月22日
田澤聡 1R 3:54 ニンジャチョーク 修斗 REVOLUTIONARY EXCHANGES 3 2009年11月23日
山城裕之 1R 2:56 ツイスター ZST.20 2009年5月24日
× アレッシャンドリ・フランカ・ノゲイラ 2R 1:55 KO(右フック) HERO'S 2007 ミドル級世界王者決定トーナメント開幕戦 2007年7月16日
× 永田克彦 1R 4:12 TKO(パウンド) K-1 PREMIUM 2006 Dynamite!! 2006年12月31日
今泉堅太郎 5分2R終了 時間切れ ZST.11 2006年11月23日
アーテミッジュ・シテンカーヴ 1R 2:29 三角絞め BUSHIDO ZST 2006年4月23日
小澤健一 5分3R終了 時間切れ ZST.9 2006年2月18日
キット・キウ 1R 4:21 腕ひしぎ十字固め ZST.8 2005年11月23日
セルゲイ・ユシュケビュチス 1R 2:51 オモプラッタ ZST BATTLE HAZARD 02 2005年9月10日
× 所英男 1R 0:38 フロントチョーク ZST-GP2 オープニングステージ
【フェザー級トーナメント 1回戦】
2004年11月3日
× マルコ・ロウロ 5分3R終了 判定0-3 修斗 2004年1月24日
エウジェニウ・コンコフ 1R 2:48 スリーパーホールド 修斗 WANNA SHOOTO 2003 2003年11月3日
× 今泉堅太郎 5分3R終了 判定0-3 修斗
【フェザー級サバイバー・トーナメント 準決勝】
2003年2月23日
アルフィ・アルカレズ 2R 3:04 腕ひしぎ十字固め 修斗
【フェザー級サバイバー・トーナメント1回戦】
2002年11月15日
今泉堅太郎 5分2R終了 判定0-1 修斗 WANNA SHOOTO 2002 2002年4月14日
ライアン・ディアス 5分2R終了 判定3-0 修斗 WANNA SHOOTO 2001 2001年4月8日
× 吉岡広明 2R 3:43 腕ひしぎ十字固め 修斗 R.E.A.D. 2000年7月22日
廣野剛康 1R 4:17 TKO(左目尻カット) 修斗 R.E.A.D. 2000年4月12日
× マモル 5分2R終了 判定0-3 III 修斗 the Renaxis 1999 1999年7月16日
西澤正樹 5分2R終了 判定3-0 修斗 1999年4月9日

グラップリング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× ビビアーノ・フェルナンデス 1R 三角絞め ブドーチャレンジ
【60kg未満級 決勝】
2006年5月26日
モリス・ゴファール 3R終了 ポイント ブドーチャレンジ
【60kg未満級 1回戦】
2006年5月26日
廣野剛康 5分2R終了 判定30-25 The CONTENDERS 2 1999年10月17日

入場曲[編集]

獲得タイトル[編集]

エピソード[編集]

  • 2003年10月より勤務先である児童養護施設内で「勝村道場」(K'z FACTORY鎌倉支部→グランドスラムKREW)を主宰し、格闘技を通して子供を育成している。
  • TOKIO長瀬智也と幼馴染であり、勝村のジムオープンの際には長瀬名義で花束が送られるなど交流が続いている。
  • 修斗王者時代、非常勤の小学校教師(曰く「ワルガキ押さえ係」)をしていた[29]。当時の生徒のひとりが格闘家の伊藤盛一郎であり、2015年4月12日開催の第2代GTタッグ王者決定トーナメントではタッグチームを組み出場した[30]

メディア出演[編集]

テレビ[編集]

雑誌[編集]

  • イケイケDJファイター!第1回、第2回(KADOKAWA横浜ウォーカー」) - 2016年3月号、4月号
  • KACHO-FUGETSU(2016年7月17日発売、ジータレント) − 表紙

インターネット[編集]

  • ぶるぺん(2016年、GYAO!)- イケメン格闘家
  • ROAD FC中継(2016年12月10日、AbemaTV)- 中継解説
  • ベラトール中継(2016年12月11日、AbemaTV)- 中継解説

CM[編集]

  • 忍者WARS事務局「忍者WARS決戦予告」勝村選手登場編(2016年9月 − )

ラジオ[編集]

  • ヨコハマウォーカーラジオ(2016年4月30日、Fm yokohama[32]

作品[編集]

書籍[編集]

  • 総合格闘技入門(2007年6月13日、池田書店) - 監修

DVD[編集]

  • 勝村周一朗 ニンジャチョーク(2010年、クエスト) - 出演、監修

脚注[編集]

  1. ^ 当時はフェザー級(-60kg)王座
  2. ^ 勝村周一朗選手ゲスト格闘技のチカラ☆TVライブオンライン Youtube 2013年4月9日
  3. ^ 本日よりプレオープンです! 勝村周一朗公式ブログ 2008年12月1日
  4. ^ パーティー 勝村周一朗公式ブログ 2008年12月15日
  5. ^ 【修斗】勝村周一朗が無敗王者の上田将勝に一本勝ち!世界チャンピオンの座に就く 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年3月22日
  6. ^ 【修斗】勝村周一朗が衝撃のKO負け!猿丸ジュンジはランバーに挑戦をアピール 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年9月23日
  7. ^ 【DEEP】田澤がメガトン王座を獲得!桜井は中西に一本勝ち、中村が今成に判定勝利 格闘技ウェブマガジンGBR 2011年2月25日
  8. ^ 【ZST】上原譲代表が辞任、新代表に桔川淳一”. eFight 【イーファイト】 (2016年9月21日). 2016年11月13日閲覧。
  9. ^ 勝村周一朗初参戦!10月27日ハードヒット決定カード”. DDTプロレスリング公式サイト (2013年10月9日). 2015年5月4日閲覧。
  10. ^ シアタープロレス花鳥風月参戦”. “グランドスラム”勝村周一朗 official BLOG (2014年6月8日). 2015年5月4日閲覧。
  11. ^ プロレスたのしっ”. “グランドスラム”勝村周一朗 official BLOG (2014年6月10日). 2015年5月4日閲覧。
  12. ^ G-TALENT”. Twitter (2014年10月27日). 2014年11月4日閲覧。
  13. ^ 鎌倉花鳥風月”. “グランドスラム”勝村周一朗 official BLOG (2014年10月31日). 2014年11月4日閲覧。
  14. ^ 花鳥風月12.13東京タワー大会 矢郷vs.勝村のVKFタイトル戦、秀樹&ロビンvs.政宗&梅沢、西村vs.松本”. バトルニュース (2015年12月14日). 2015年12月16日閲覧。
  15. ^ RIZIN内のイベントで元修斗王者の勝村とアウトサイダーから凱旋した今成が一騎打ち!たまアリをガンプロ色に染める”. バトルニュース (2015年12月29日). 2015年12月30日閲覧。
  16. ^ H28.1.3 新木場1stRING大会”. FREEDOMS フリーダムズ プロレス (2016年1月3日). 2016年1月5日閲覧。
  17. ^ 4・16 花鳥風月スターライズタワー大会 【VKFチャンピオンシップ】勝村vs政宗 山本&服部&三尾vs神楽&スペースレッド&黒い篠宮”. バトルニュース (2016年4月20日). 2016年4月21日閲覧。
  18. ^ https://twitter.com/yasukubota0723/status/737798629759422465
  19. ^ @shu_katsumura”. Twitter (2016年6月2日). 2016年6月2日閲覧。
  20. ^ 月16日トモダチ軍(仮)プロデュース蕨大会直前情報/負傷欠場のKAI来場! 勝村天覧試合も決定! チケットは残り僅か!”. DDTプロレスリング (2016年6月15日). 2016年6月15日閲覧。
  21. ^ シアタープロレス花鳥風月!柏、広島、王子3大会!勝村周一朗が王座防衛!”. 週刊ファイト (2016年7月22日). 2016年7月22日閲覧。
  22. ^ Clash of the Champions試合結果”. VKF オフィシャルブログ 「VKF is in the HOUSE !!」 (2016年9月23日). 2016年9月23日閲覧。
  23. ^ 【トピック】所英男らがレミギウス遺族支援チャリティ”. イーファイト (2017年3月2日). 2017年4月19日閲覧。
  24. ^ 【I’m proud 2017のまとめ】シン・ガンプロ軍の新メンバー、シバター乱入で大荒れ! 打倒シン・ガンプロ軍へ大家、勝村、三富が名乗り出て2・11王子で全面対決!/「ファイト! ファイト! ヒザ!」で手術前の翔太にエール/2・11王子でマーズvs今成、伊藤崇文vsタノムサク鳥羽/清水愛三番勝負最後の相手はカサンドラ宮城!”. DDTプロレスリング公式サイト (2017年1月22日). 2017年1月22日閲覧。
  25. ^ 【試合結果】5・28 花鳥風月スターライズタワー大会 【風流人タッグ】勝村周一朗&唐澤志陽vsAKIRA&矢郷良明 服部健太&マホロバvs ウルフ・スター☆&ウルフ・スター☆Jr. 政宗vs桐原季子”. バトルニュース (2017年5月31日). 2017年5月31日閲覧。
  26. ^ 勝村周一朗@shu_katsumura”. twitter (2017年8月16日). 2017年8月16日閲覧。
  27. ^ 【TRY ME 2018のまとめ】またも岡田のアームロックに敗れた今成は勝村からの勧誘に「勝つまでやるのがガンプロ」/勝村軍(仮)は2・11王子大会にリアルタイガーを投入!/生え抜き選手の鷲田周平が大家相手にデビュー!/翔太に敗れたアッキだが、大家に直訴して2・11王子に参戦決定!/これがフォースの力か? HARUKAZEの父ベイダー卿降臨!?”. DDTプロレスリング公式サイト (2018年1月21日). 2018年1月21日閲覧。
  28. ^ DDT ProWrestling”. DDT ProWrestling. 2018年6月16日閲覧。
  29. ^ 戦うフリーターは当然な格闘家の現実 ぶるぺん”. GYAO!. 2016年4月7日閲覧。
  30. ^ 勝村周一朗&伊藤盛一郎の“横浜師弟コンビ”が練習を公開!抜群のタッチワークで宇野のチョーク&植松の足関節対策は万全!?”. ZST.jp (2015年4月8日). 2016年7月27日閲覧。
  31. ^ TOKIO・長瀬智也と格闘家・勝村周一朗の友情。「勝たなくていいよ」に救われた。”. excite.News (2013年10月5日). 2016年07月08日閲覧。
  32. ^ 4/30 OA 「イケイケDJファイター」”. ヨコハマウォーカーラジオ - Fm yokohama 84.7 (2016年5月 1日). 2016年7月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
上田将勝
第6代修斗世界バンタム級王者

2010年3月22日 - 2011年4月29日

次王者
岡嵜康悦