岡田剛史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岡田 剛史
岡田 剛史の画像
プロフィール
リングネーム 岡田 剛史
本名 岡田 剛史
ニックネーム 戦慄のアームロッカー[1]
アームロッカー
Don Esperanza
身長 170cm[2]
体重 60kg
誕生日 (1979-09-04) 1979年9月4日(39歳)[2]
出身地 広島県広島市
所属 TKエスペランサ
スポーツ歴 レスリング
ブラジリアン柔術
デビュー 2004年10月17日
テンプレートを表示

岡田 剛史(おかだ つよし、1979年9月4日 - )は、日本総合格闘家プロレスラー広島県広島市出身。総合格闘家としてはTKエスペランサ所属兼主宰。

経歴[編集]

総合格闘技[編集]

2003年9月15日、第10回全日本アマチュア修斗選手権大会バンタム級3位の実績を残し、2004年10月17日大阪府立体育会館で行われた修斗新人王決定トーナメント準決勝の対赤木敏倫戦でプロデビュー。デビュー戦では判定負けも、以後西日本地区の修斗グラップリングトーナメントで次々優勝を果たした。

地元広島で修斗オフィシャルジム、TRANK KEIRAS(トランクケイラス)を設立(のちにTKエスペランサに変更)。

プロレス[編集]

2015年4月18日、シアタープロレス花鳥風月・王子神谷大会における勝村周一朗戦でプロレスデビュー(月闘ルール)[3]。勝村に呼び掛けられる形で以後のプロレス活動が花鳥風月所属として行われることとなった[4]

同年7月20日、東京・王子で開催される花鳥風月タッグトーナメントに同郷のダブプロレス近野剣心と出場。準決勝で敗退し、「広島花鳥風月」の開催を引き受けた。

12月14日、VKF「MONDAY NIGHT ”Brawl”」大会でプロレスにおける他団体初参戦。対戦相手は矢郷良明&松本崇寿川島真織組(パートナーは勝村周一朗、奥田啓介[5][6]

2016年2月28日、FREEDOMS・広島産業会館西館大会でプロレスにおいての広島凱旋[7]を果たす。対戦相手は新井健一郎ダースバラモン戦(パートナーは神威&近野剣心)。

5月8日、ダブプロレス広島マリーナホップ大会に参戦[8]

広島花鳥風月を7月17日・広島県立広島産業会館にて旗揚げ[1][9]。17日午後の葛西純プロデュース興行「広島デスマッチカーニバル2016」にも竹田誠志とのタッグで出場した[10]

9月25日、ダブプロレスで青木雄基と組み、サウザー&木下亨平戦。木下デビュー戦の相手を務めた。

10月2日、ハードヒット新木場大会で岩本煌史と組み、鈴木鼓太郎&火野裕士組と対戦[11]

10月29日からはファイヤープロレスに巡業参戦。11月23日、福山大会では邪道ロケット&電流爆破デンジャラス鬼棒6人タッグデスマッチで大仁田厚保坂秀樹と組み、魔世軍1号&魔世軍2号&魁と対戦[12]。12月23日にはJFCファイティングフェスタに参戦[13]

2017年7月2日、2年ぶりにプロ修斗に参戦し、田原樹也に勝利[14]。11月29日、花鳥風月を退団。12月31日、ガンバレ☆プロレス in さいたまスーパーアリーナ~GANBARE SLAM 2017に参戦。

2018年1月からは勝村周一朗と勝村軍(仮)を結成[15]

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
22 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
11 4 1 6 0 2 0
9 2 2 5 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
田原樹也 1R 4:56 TKO TORAO NATION STATE「闘裸男20」 2017年7月2日
Dr. takuya 5分2R終了 引き分け 修斗 闘裸男15 〜 DIRECTION OF THE CAGE 〜広島土砂災害チャリティー 2015年06月21日
ヒロ・ヤマニワ 3R 0:43 TKO Heat 35 名古屋国際会議場イベントホール 2015年08月22日
× Takuya Ogura 2R 1:54 TKO 修斗 2014年05月25日
× 天草ストロンガー四郎 2R 2:19 腕ひしぎ逆十字固め Demolition 20 2010年03月02日
× 虎刃殺獅 5分2R終了 判定0-3 DEMOLITION 12 広島県立産業会館 2012年07月29日
土井大貴 1R 1:18 TKO GLADIATOR 31 広島県立産業会館 2012年04月01日
× 安谷屋智弘 1R終了 TKO(足の肉離れによる) TENKAICHI fight コザミュージックタウン 2010年07月11日
青山忍 1R 2:46 スリーパーホールド 修斗 2010年05月16日
× 越智晴雄 1R 2:16  腕ひしぎ十字固め 修斗 2009年06月17日
AKI 5分2R 判定2-0 修斗 2008年03月22日
× 木部亮 5分2R終了 判定0-3 修斗 Zepp Nagoya 2008年08月03日
赤崎勝久 5分2R終了 判定3-0 修斗 2008年05月18日
マイク・ハヤカワ 5分2R終了 判定3-0 修斗 2008年03月23日
廣野剛康 5分2R終了 判定2-1 GRAPPLINGMAN6 広島県立産業会館 2007年05月13日
廣野剛康 5分2R終了 判定0-1 CAGE FORCE EX -western bound- 米子産業体育館 2007年02月17日
加藤賢也 5分2R終了 判定3-0 修斗 Zepp Nagoya 2006年11月26日
× 正城ユウキ 5分2R終了 判定0-3 修斗 後楽園ホール  2006年09月08日
秋久哲也 1R 3:35 TKO GRAPPLINGMAN5 広島県立産業会館 2006年05月14日
春崎武裕 5分2R終了 判定0-3 修斗 & KICK 大阪府立体育会館 2005年11月13日
× 手塚豊 5分2R終了 判定0-3 GRAPPLINGMAN4 津山コミュニティーセンター 2005年04月23日
× 赤木敏倫 5分2R終了 判定0-2 修斗2004- 10/17 in 大阪府立体育会館
新人王決定トーナメント準決勝
2004年01月17日

得意技[編集]

腕ひしぎ逆十字固め

入場曲[編集]

獲得タイトル[編集]

  • 第3回全日本修斗グラップリング選手権 フェザー級チャンピオンシップ準優勝(2006年)
  • 第2回中国修斗グラップリングトーナメント フェザー級優勝(2006年)
  • 第4回九州修斗グラップリングオープン フェザー級優勝(2006年)
  • 第1319代アイアンマンヘビーメタル級王座

エピソード[編集]

  • デビュー直後は金髪であったが、2014年ごろからアゴヒゲを蓄えワイルドな風貌になる。
  • 食生活アドバイザーの免許を持っている。
  • 2015年11月6日、プロフェッショナル修斗公式戦 福岡大会「闘裸男17」にてレフェリーデビュー[16]
  • 2016年2月21日、全日本マスター柔術選手権に出場し、マスター2茶帯フェザー級において準優勝[17]
  • 2016年7月17日、広島花鳥風月のエキシビジョンマッチで生田誠と対戦。ブラジリアン柔術茶帯[18]から黒帯に認定される[19]
  • 広島電機大学附属高等学校レスリング部出身。獣神サンダー・ライガーに憧れ、母校に入学した[9][20]

メディア出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

インターネット[編集]

  • 花鳥風月Ustream(Ustream)2015年9月27日放送分

PV[編集]

  • レッツドリンク(ヤルキスト)2016年8月15日配信[21]

作品[編集]

アクション指導[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 「広島花鳥風月」7・17旗揚げ 本格的なプロレスで熱くする”. デイリースポーツ (2016年7月5日). 2016年7月5日閲覧。
  2. ^ a b 岡田 剛史”. HEATオフィシャルサイト 総合格闘技HEAT ~志村道場プロデュース~. 2015年6月26日閲覧。
  3. ^ 4.18鎌倉花鳥風月!”. シアタープロレス花鳥風月 写真部部長の写真ブログ (2015年4月21日). 2015年6月26日閲覧。
  4. ^ 【ご報告】岡田剛史 花鳥風月所属”. シアタープロレス花鳥風月 (2015年4月19日). 2015年6月26日閲覧。
  5. ^ VKFvs.IWA復興軍の興行権を賭けた最終決着やVKFvs.花鳥風月など、VKF 12.14新木場大会の全カード決定”. バトルニュース (2015年12月1日). 2015年12月6日閲覧。
  6. ^ VKF 12.14新木場大会 木藤&松田&バッファローvs.真霜&GEN&兼平、矢郷&松本&川島vs.勝村&奥田&岡田”. バトルニュース (2015年12月15日). 2015年12月16日閲覧。
  7. ^ H28.2.28 広島産業会館西館”. FREEDOMS フリーダムズ プロレス (2016年1月24日). 2016年1月24日閲覧。
  8. ^ 2016年5月8日 ダブプロレス「STRUGGLE FOR PRIDE2016」”. ダブプロレス公式 blog (2016年4月29日). 2016年4月29日閲覧。
  9. ^ a b 広島マットに新風 17日に旗揚げ”. 中國新聞アルファ (2016年7月14日). 2016年7月18日閲覧。
  10. ^ H28.7.17 葛西純プロデュース興行『Crazy monkey presents 広島デスマッチカーニバル2016』広島産業会館”. FREEDOMS フリーダムズ プロレス (2016年7月17日). 2016年7月20日閲覧。
  11. ^ https://twitter.com/hikaru310paipan/status/777171414684082177
  12. ^ ミスターX(青柳政司)vs大仁田厚のファイヤープロレス福山大会は邪道ロケット&電流爆破デンジャラス鬼棒6人タッグデスマッチに!”. バトルニュース (2016年11月8日). 2016年11月9日閲覧。
  13. ^ JFCファイティングフェスタ ~ 落日なき戦い in マリーナホップ”. ジムファイターズ (2015年4月21日). 2015年6月26日閲覧。
  14. ^ 里本一也、高橋孝徳にTKO勝ち。岡田剛史、1R TKO勝ち:7.2 広島”. バウトレビュー (2017年7月4日). 2017年7月16日閲覧。
  15. ^ 【TRY ME 2018のまとめ】またも岡田のアームロックに敗れた今成は勝村からの勧誘に「勝つまでやるのがガンプロ」/勝村軍(仮)は2・11王子大会にリアルタイガーを投入!/生え抜き選手の鷲田周平が大家相手にデビュー!/翔太に敗れたアッキだが、大家に直訴して2・11王子に参戦決定!/これがフォースの力か? HARUKAZEの父ベイダー卿降臨!?”. DDTプロレスリング公式サイト (2018年1月21日). 2018年1月21日閲覧。
  16. ^ @okada244”. twitter. (2015年11月18日). 2015年11月19日閲覧。
  17. ^ 第10回全日本マスター柔術選手権”. 一般社団法人日本ブラジリアン柔術連盟 公式サイト JAPAN BRAZILIAN JIU-JITSU FEDERATION OFFICIAL WEBSITE (2016年2月21日). 2016年2月25日閲覧。
  18. ^ グラスコ柔術アカデミー代表・桑原幸一先生がプロレス参戦!意気込み語る”. BJJ PLUS (2016年1月7日). 2016年1月7日閲覧。
  19. ^ https://twitter.com/okada244/status/756636288472625153
  20. ^ 2016年2月発行、演劇引力廣島刊「五十嵐伝2016広島版・オフィシャルパンフレット」より
  21. ^ 【MV】 レッツドリンク / ヤルキスト 【カンパイ!広島県】”. 「Yarukist」 (2016年8月15日). 2016年8月19日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]