上田将勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
上田 将勝
基本情報
本名 上田 将勝
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1977年12月21日(37歳)
出身地 京都府京都市
所属 パラエストラ東京
身長 172cm
体重 60kg
階級 バンタム級
スタイル レスリング
テーマ曲 JAPAN(長渕剛
テンプレートを表示

上田 将勝(うえだ まさかつ、男性、1977年12月21日 - )は、日本総合格闘家京都府京都市出身。パラエストラ東京所属。元修斗世界フェザー級王者。

来歴[編集]

高校、国士舘大学レスリングを続け、大学卒業後に八隅孝平の紹介でパラエストラ東京に入門した。パラエストラの中でもレスリングだけを続けていたが、レスリングルールの変更を契機に2005年4月から総合格闘技の練習を始めた。

2005年9月18日、第12回全日本アマチュア修斗選手権ライト級(-65kg)に出場、決勝で石渡伸太郎に判定勝ちし優勝を果たした[1]

2005年11月29日、修斗でプロデビュー。

2006年3月21日、第3回全日本修斗グラップリング選手権・ライト級トーナメントに出場。決勝で鈴木徹に判定勝ちし、優勝を果たした。

2008年3月28日、修斗世界フェザー級(-60kg)チャンピオン決定戦で岡嵜康悦と対戦し、3-0の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2008年9月28日、修斗世界フェザー級チャンピオンシップでマルコ・ロウロと対戦し、1-1の判定ドローで初防衛に成功した。

2009年3月20日、修斗世界フェザー級チャンピオンシップで田澤聡と再戦し、3-0の判定勝ちを収め2度目の王座防衛に成功した。7月19日、修斗世界フェザー級チャンピオンシップで南米大陸王者エドゥアルド・ダンタスとタイトルマッチを行い、3-0の判定勝ちを収め3度目の防衛に成功した。

2010年3月22日、4度目の防衛戦で勝村周一朗と対戦し、ニンジャチョーク(修斗の公式記録はフロントスリーパーホールド)による一本負けで王座から陥落するとともにプロ初黒星となった。

2011年9月14日、ブラジルで開催されたAmazon Forest Combat 1ホイラー・グレイシーのMMA引退試合のオファーを受け、 通常より10kg上の70kg契約を呑む試合となったが、判定2-1で勝利した。

2012年1月8日、修斗で堀口恭司と対戦。熱戦を制し2-0の判定勝ち。

Bellator - ONE FC[編集]

2012年4月6日、Bellator初参戦となったBellator 64のバンタム級トーナメント1回戦でトラヴィス・マークスと対戦し、判定負け。試合後、Bellatorからリリースされた事が発表された[2]

2012年10年6日、ONE FC初参戦となったONE FC 6のバンタム級グランプリ1回戦でソン・ジョンミンと対戦し、判定勝ち。

2013年4月5日、ONE FC 8のバンタム級グランプリ準決勝でジェンス・パルヴァーと対戦し、2Rにダースチョークで一本勝ち。5月31日のONE FC 9の決勝戦ではケビン・ベリンゴンに判定勝ちを収めグランプリ優勝を果たした[3]

2014年5月2日、ONE FC 15でバンタム級王者ビビアーノ・フェルナンデスと対戦し、判定負けで王座獲得に失敗した。

戦績[編集]

プロ総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
25 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
19 2 4 13 0 2 0
4 0 2 2 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
ルイス・"ベタオ"・ノゲイラ 5分3R終了 判定3-0 PANCRASE 268 2015年7月5日
× ビクター・ヘンリー 3R 3:22 膝十字固め GRANDSLAM 2 -Way of the Cage- 2015年2月8日
× ビビアーノ・フェルナンデス 5分5R終了 判定0-3 ONE FC 15: Rise of Heroes
【ONE FC世界バンタム級タイトルマッチ】
2014年5月2日
ケビン・ベリンゴン 5分3R終了 判定3-0 ONE FC 9: Rise to Power
【バンタム級グランプリ 決勝】
2013年5月31日
ジェンス・パルヴァー 2R 3:52 ダースチョーク ONE FC 8: Kings and Champions
【バンタム級グランプリ 準決勝】
2013年4月5日
ソン・ジョンミン 5分3R終了 判定3-0 ONE FC 6: Rise of Kings
【バンタム級グランプリ 1回戦】
2012年10月6日
× トラヴィス・マークス 5分3R終了 判定0-3 Bellator 64
【バンタム級トーナメント 1回戦】
2012年4月6日
堀口恭司 5分3R終了 判定2-0 修斗 サバイバートーナメント決勝戦 2012年1月8日
ホイラー・グレイシー 5分3R終了 判定2-1 Amazon Forest Combat 1 2011年9月14日
佐藤ルミナ 1R 4:23 KO(左ミドルキック) 修斗 SHOOTOR'S LEGACY 03 2011年7月18日
ラルフ・アコスタ 2R 1:13 スピニングチョーク 修斗 SHOOTOR'S LEGACY 01 2011年1月10日
田村彰敏 5分3R終了 判定3-0 修斗 The Way of SHOOTO 03 〜Like a Tiger, Like a Dragon〜 2010年5月30日
× 勝村周一朗 2R 3:39 ニンジャチョーク 修斗 The Way of SHOOTO 02 〜Like a Tiger, Like a Dragon〜
【修斗世界フェザー級チャンピオンシップ】
2010年3月22日
エドゥアルド・ダンタス 5分3R終了 判定3-0 修斗 REVOLUTIONARY EXCHANGES 1 "UNDEFEATED"
【修斗世界フェザー級チャンピオンシップ】
2009年7月19日
田澤聡 5分3R終了 判定3-0 "修斗伝承 06" ROAD TO 20th ANNIVERSARY
【修斗世界フェザー級チャンピオンシップ】
2009年3月20日
マルコ・ロウロ 5分3R終了 判定1-1 "修斗伝承 03" ROAD TO 20th ANNIVERSARY
【修斗世界フェザー級チャンピオンシップ】
2008年9月28日
岡嵜康悦 5分3R終了 判定3-0 修斗 BACK TO OUR ROOTS 08
【修斗世界フェザー級チャンピオン決定戦】
2008年3月28日
山本篤 5分3R終了 判定3-0 修斗 BACK TO OUR ROOTS 07 2008年1月26日
徹肌ィ郎 5分3R終了 判定3-0 修斗 2007年12月8日
水垣偉弥 5分3R終了 判定1-0 修斗 BACK TO OUR ROOTS 04 2007年7月15日
田澤聡 3R 2:00 スピニングチョーク 修斗 BACK TO OUR ROOTS 02 2007年3月16日
松本輝之 1R 4:42 三角絞め 修斗
【新人王決定トーナメント フェザー級 決勝】
2006年12月2日
矢作尚紀 1R 3:49 TKO(右フック) 修斗 下北沢修斗劇場 第16弾 〜燃えろいい男〜
【新人王決定トーナメント フェザー級 準決勝】
2006年10月1日
マイク・ハヤカワ 5分2R終了 判定3-0 修斗 SHOOTO GIG WEST 5
【新人王決定トーナメント フェザー級 1回戦】
2006年6月3日
山下悟史 5分2R終了 判定3-0 修斗 2005年11月29日

アマチュア総合格闘技[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
石渡伸太郎 3分2R終了 ポイント46-39 第12回全日本アマチュア修斗選手権【ライト級決勝】 2005年9月18日
谷口智則 4分1R終了 ポイント27-20 第12回全日本アマチュア修斗選手権【ライト級準決勝】 2005年9月18日
吉川圭太 4分1R終了 ポイント29-20 第12回全日本アマチュア修斗選手権【ライト級2回戦】 2005年9月18日
本徳聖 4分1R終了 ポイント21-20 第12回全日本アマチュア修斗選手権【ライト級1回戦】 2005年9月18日
荒木浩太 3分2R終了 ポイント51-44 東京フリーファイト3 2005年5月29日

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
外薗晶敏
第5代修斗世界フェザー級王者

2008年3月28日 - 2010年3月22日

次王者
勝村周一朗