山本裕次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山本 裕次郎
山本 裕次郎の画像
プロフィール
リングネーム 山本 裕次郎
本名 山本 裕次郎
ニックネーム Bの遺伝子
シアタープロレスの門番[1]
怒れる門番[2]
The Gatekeeper[3]
身長 167cm
体重 70kg
誕生日 (1978-06-17) 1978年6月17日(41歳)
出身地 岡山県岡山市[4]
所属 リバーサルジム新宿Me,We
シアタープロレス東京花鳥風月
スポーツ歴 レスリング
デビュー 2007年10月7日
テンプレートを表示

山本 裕次郎(やまもと ゆうじろう、1978年6月17日 - )は、日本総合格闘家プロレスラー岡山県岡山市出身[4]。総合格闘家としてはリバーサルジム新宿Me,We所属。

経歴[編集]

プロレスラーを目指し上京。アニマル浜口ジムでトレーニングするが、167センチと低い身長のため、入門テストすら受けられない日々が続く[5]。プロレスラーの夢を諦めた時、プロレスラーの肩書で総合格闘技のリングで活躍する桜庭和志の姿を見て、総合格闘技の道へ。

総合格闘技[編集]

2007年10月7日、東京・ディファ有明で行われた「ZST.14」ジェネシスバウトでの松田真吾戦で総合格闘家としてプロデビュー。当時の所属はチーム太田章。その後、チーム太田章の先輩、タカ・クノウの紹介で格闘探偵団バトラーツの代表兼プロレスラー・石川雄規と知り合った[6]。ZSTで活動したのち、バトラーツの道場にも並行して通い、カール・ゴッチ式の関節技を学ぶ。

格闘探偵団バトラーツ[編集]

2008年6月1日、東京・北千住シアター1010ミニシアターでの矢野啓太戦でプロレスデビュー[6](バトラーツルール)。8分57秒、チェーンレスリングに翻弄されたのち、足取りゆりかもめに沈み悔し涙を流した。この時30歳[6]。石川雄規からは「お前は遅れてきたUになれ」[6]と声をかけられ、以後バトラーツの準レギュラー選手となる。

総合のリングに帰ると、悔しさをぶつけるがごとくライト級で一本勝ちを量産。のちの「ZST.40」では本戦デビューを果たした。

2009年4月12日、東京・シアター1010ミニシアター大会における石川雄規&臼田勝美組戦(パートナーはスーパータイガー)でメインイベント初登場。以降、2011年11月5日、新宿フェイスでのバトラーツ解散興行まで総合格闘技とプロレスを並行して出場する。

バトラーツ解散興行では田中稔日高郁人組と対戦した(パートナーは臼田勝美)。解散とともにプロレス活動を休止。「目標と行き先を無くしてしまった」[7]ことが理由だという。

以降、リバーサルジム新宿 Me,We所属となり、総合格闘技へ専念へ。

プロレス回帰[編集]

2014年10月、プロレスリングHEAT-UPでの田村和宏田中稔のシングルマッチを見て、「心に火が点き」、HEAT-UPに入門。あえて練習生からの再デビューという形を取った[7]。2015年1月12日に石川修司戦で再デビュー[8]。場所はくしくも自身のプロレスデビューの地、北千住1010シアターであった。

3月18日、HEAT-UPを退団[9]。また3月28日付けを持ってシアタープロレス花鳥風月所属となったことが、運営するG-TALENTより発表された[10]

5月24日、半年ぶりに総合格闘技ZSTに参戦。減量を乗り越え顔を腫らすが、3日後のプロレス大会に出場しセミファイナル(宮本裕向塚本拓海組。パートナーは梅沢菊次郎)で勝利。今後も両立を図っていく。

11月3日、東京・北千住大会にて、矢郷良明が保持(第6代)するVKF王座へ挑戦[11]し敗北するも、4日後となる7日・ハードヒット[12]では9月26日、ザ・ブルーシャーク興行で沈んでいた原学にリベンジ勝利した[12]

2016年1月3日に行われたFREEDOMS・新春!お年玉争奪ワンデー6人タッグトーナメントに勝村周一朗竹田誠志とのチーム・リバーサルで出場[13]

7月18日、月闘のメインイベントでHEAT UP時代の後輩・兼平大介と対戦し、引き分けた[14]

2017年7月16日、ハードヒット新木場大会でU-FILE・小林裕と対戦[15]し、ヒールホールドで敗北[16]

10月1日よりフリーとなる[17]

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
23 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
9 1 8 0 0 5 0
9 1 5 1 2
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 上田厚志 5分2R終了 判定0-3 ZST.46 2015年5月24日
× 有村脩也 5分2R終了 判定0-3 ZST.43〜旗揚げ12周年記念大会〜 2014年11月23日
× 太田裕之 2R 4:32 腕ひしぎ十字固め ZST.41 2014年5月25日
伊澤寿人 1R 1:19 アームロック ZST.40 2014年4月12日
浅野誉也 2R 0:34 膝十字固め ZST.38 2013年11月23日
× 河西和希 5分2R終了 判定0-3 ZST.37 決勝戦 2013年9月23日
加賀谷大 1R 1:05 アンクルホールド ZST.36 一回戦 2013年07月14日
× 斎藤彰文 1R 0:24 総合一本 掣圏 2011年12月6日
× モリス・シェルトン 2R 3:43 KO SWAT! 2011年6月12日
× 高橋良明 1R 0:53 腕ひしぎ十字固め 掣圏 2011年5月24日
上田厚志 2R 1:38 KO SWAT! 2011年2月6日
増田浩一 1R 5:00 アンクルホールド SWAT!-VTX2 2010年9月5日
佐久間亮 1R 2:24 腕ひしぎ十字固め Swat! in Face 5 2010年7月3日
平信一 5分2R終了 時間切れ ZST.24 2010年4月18日
高橋重智 5分2R終了 時間切れ SWAT!-VTX1 2010年2月7日
安井隆 2R 2:08 腕ひしぎ十字固め SWAT! in FACE vol.3 2009年9月21日
佐々木誠[要曖昧さ回避] 1R 4:22 ヒザ十字固め SWAT!25 2009年6月7日
× 荒牧拓 1R 5:35 キムラロック SWAT!-SBRX1 2009年5月3日
赤広洋介 2R終了 時間切れ SWAT!20 2008年6月25日
稲田豊 1R 2:05 アンクルホールド SWAT!20 2008年9月7日
× 上田厚志 2R 2:51 三角絞め SWAT!17 2008年5月4日
× 岡澤弘太 1R 1:19 腕ひしぎ十字固め ZST.15 1回戦 2007年11月23日
二ツ森敬浩 5分2R終了 時間切れ SWAT!14 2007年10月28日
松田真吾 5分2R終了 時間切れ ZST.14 2007年10月07日

得意技[編集]

クルックヘッドシザース

脚注[編集]

  1. ^ たこ焼きマシン.com刊「ローカルプロレスラー図鑑+2016」2016年2月10日発行、153項
  2. ^ たこ焼きマシン.COM刊「ローカルプロレスラー図鑑++2016」2016年10月1日発行、0頁
  3. ^ https://twitter.com/shingdamM16/status/795429012503805952
  4. ^ a b 山本裕次郎(リバーサルジム新宿Me,We)”. ZSTオフィシャルサイト. ZST.JP. 2014年10月26日閲覧。
  5. ^ “小さなリアルプロレスラー”山本裕次郎インタビュー”. ZSTオフィシャルサイト (2014年3月19日). 2015年3月28日閲覧。
  6. ^ a b c d 6.1北千住大会外伝”. 石川雄規のオフィシャルブログ 【情念の部屋】 powered by BATTLARTS (2008年6月4日). 2015年3月28日閲覧。
  7. ^ a b 山本裕次郎入団のお知らせ”. プロレスリング HEAT-UP (2014年10月27日). 2015年3月28日閲覧。
  8. ^ HEAT-UP1.12北千住大会 田村&アミーゴvs.アラケン&那須、岩本vs.兼平、山本裕二郎の再デビュー戦”. バトルニュース (2015年1月13日). 2015年3月28日閲覧。
  9. ^ 山本裕次郎選手退団のお知らせ”. プロレスリング HEAT-UP (2015年3月28日). 2015年3月28日閲覧。
  10. ^ @gtalentp”. @gtalentp (2015年3月26日). 2015年3月28日閲覧。
  11. ^ October 03, 2015”. ★矢郷良明 LIFE Philosophy★ (2015年10月3日). 2015年10月11日閲覧。
  12. ^ a b ハードヒット11.7横浜大会 KEI山宮プロ格闘技100戦目記念試合/山宮vs.川村、光留vs.奥田、青木vs.セオドア”. バトルニュース  (2015年11月7日). 2015年11月15日閲覧。
  13. ^ H28.1.3 新木場1stRING大会”. FREEDOMS フリーダムズ プロレス (2016年1月3日). 2016年1月5日閲覧。
  14. ^ 7・18 月闘王子大会 山本裕次郎vs兼平大介 矢郷良明&関友紀子vsマッチョ・マイケルズ&HAMATANI”. バトルニュース (2016年7月22日). 2016年7月22日閲覧。
  15. ^ メインは高橋“人喰い“義生復活戦!ハードヒット7.16新木場大会「ALL格闘技総進撃」の試合順決定!”. バトルニュース (2017年7月14日). 2017年7月16日閲覧。
  16. ^ “ニコプロpresentsハードヒット「ALL格闘技総進撃」”. ハードヒット オフィシャルサイト. (2017年7月16日). http://hardhitpro.com/304 2017年7月16日閲覧。 
  17. ^ “山本 裕次郎@‏5e104c8bed0e408”. twitter. (2017年10月2日). https://twitter.com/5e104c8bed0e408/status/914811290522021888 2017年10月2日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]