砂辺光久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
砂辺 光久
基本情報
本名 砂辺 光久
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1979-08-04) 1979年8月4日(38歳)
出身地 沖縄県那覇市
所属 ハイブリッド・レスリング武∞限
→総合格闘技REAL
→TEAM reversal
→reversaL Gym OKINAWA CROSS×LINE
身長 172cm
体重 61kg
階級 スーパーフライ級
フライ級
ストロー級
バックボーン レスリング
テンプレートを表示

砂辺 光久(すなべ みつひさ、1979年8月4日 - )は、日本男性総合格闘家プロレスラー沖縄県那覇市出身。reversaL Gym OKINAWA CROSS×LINE所属。現ストロー級キング・オブ・パンクラシスト。元フライ級キング・オブ・パンクラシスト。元スーパーフライ級キング・オブ・パンクラシスト。

来歴[編集]

1999年12月26日、第1回アマチュアパンクラスオープントーナメント60kg未満級(23名参加)に出場し、優勝を収めた[1]

2000年11月19日、第2回アマチュアパンクラスオープントーナメント60kg未満級(29名参加)に出場し、2大会連続の優勝を収めた[2]

2001年6月26日、パンクラスでプロデビューし、出口直樹に2-1の判定勝ち。

2002年3月30日、DEEP初参戦となったDEEP2001 4th IMPACTで"ランバー"ソムデート吉沢と対戦し、2-0の判定勝ち。

2003年5月18日、パンクラスで前田吉朗と対戦し、0-3の判定負け。

2004年6月22日、パンクラスで亀田雅史と対戦。亀田にバックを取られたところで後ろに倒れた際に砂辺の後頭部が亀田の顔面に入ったため反則負けとなった[3]。8月22日、亀田と再戦するも判定ドロー[4]

2006年11月25日、CAGE FORCE旗揚げ戦となったCAGE FORCE 01でホベルト・マツモトと対戦。グラウンドでの攻防でマツモトが左膝を負傷し、1R終了時のドクターチェックで試合続行不可能となりTKO勝ちを収めた[5]

2007年8月16日、OZアカデミー代表、尾崎魔弓にスカウトされ、プロレスのリングにあがる。デビュー戦の相手は関本大介。この頃は、プロレス時のリングネームを琉魔(りょうま)としていた。

2007年9月5日、パンクラスで吉本光志と対戦し、0-1の判定ドロー。同月30日、欠場したエマニュエル・フェルナンデスの代役として藤原大地とメインイベントで対戦し、2R開始9秒左ハイキックでKO負け[6]

パンクラス提携の沖縄のジム「P's REAL」所属として活動していたが、2008年6月1日より「パンクラスREAL」とジム名称が変更された[7]。6月29日に沖縄で開催された「PANCRASE×REAL vol.1 MMA vs ROCK」のメインイベントで清水清隆と対戦し、3-0の判定勝ちを収めた。この試合よりフライ級に転向した。

2009年4月3日、初参戦となったシュートボクシングで石川剛司と対戦し、0-3の判定負けを喫した[8]

2009年6月7日、初代スーパーフライ級(-58kg)キング・オブ・パンクラス決定戦で江泉卓哉と対戦し、左フックでKO勝ちを収め王座獲得に成功した[9]

2009年10月25日、防衛戦で廣瀬勲と対戦し、3-0の判定勝ちで初防衛に成功した。

2010年2月7日、2度目の防衛戦で清水清隆と再戦し、0-2の判定負けを喫し王座陥落した[10]

2010年9月5日、パンクラス・スーパーフライ級王座次期挑戦者決定戦で修斗世界フライ級(-52kg)1位の田原しんぺーと対戦。田原が三角絞めを狙ってきたところをバスターで返しKO勝ちを収めた[11]

2010年12月5日、スーパーフライ級キング・オブ・パンクラスタイトルマッチで3度目の対戦となる清水清隆と対戦し、1-1の判定ドローで王座獲得に失敗した[12]。清水との対戦成績は1勝1敗1分となった。

2011年6月5日、スーパーフライ級キング・オブ・パンクラスタイトルマッチで4度目となる清水清隆と対戦し、2-0の判定負けを喫し王座獲得に失敗した。

2011年8月7日、新設された初代フライ級(-54kg)王者決定トーナメント1回戦で松永義弘と対戦し、3-0の判定勝ち。12月3日、決勝戦で阿部博之と対戦し、TKO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2012年5月20日、沖縄凱旋をはたし、メインイベントで三谷敏生と対戦。腕ひしぎ十字固めで見込み一本勝ち。

2012年11月10日、フライ級キング・オブ・パンクラスタイトルマッチで宇都木正和と対戦。3-0の判定勝ちを収め初防衛に成功した[13]

2013年4月21日、坂口道場×パンクラス合同興行のメインイベントでヤックル真吾と対戦。跳び膝蹴りでKO勝ちを収めた[14]

2013年7月28日、スーパーフライ級で島袋力と対戦。3-0判定勝利[15]

2013年9月29日、フライ級キング・オブ・パンクラスタイトルマッチ。田原しんぺーとの対戦。3-0の判定勝利で2度目の防衛に成功した[16]

2014年12月14日、沖縄にて曹竜也と対戦。2-1判定勝利。

2015年3月15日、小塚誠司戦。パウンドでTKO勝利。試合後に伊藤崇文に無差別級での対戦をアピールした。

2015年7月5日、伊藤崇文と無差別級で対戦し、チョークスリーパーで一本勝ち。

2015年9月9日、初代ライトフライ級(-52.2kg。後にストロー級に改名)キング・オブ・パンクラス王座挑戦にあたり、フライ級(-54.4kg)キング・オブ・パンクラス王座を返上した[17]

2015年11月1日、新設されたストロー級キング・オブ・パンクラス決定戦で阿部博之と対戦し、2-1の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。これにより、初代フライ級・初代スーパーフライ級と3階級の初代を制覇。2011年8月の松永義弘戦以降、連勝記録を13に伸ばした。

2016年6月12日、PANCRASE 278で八田亮と対戦し、3RパウンドでTKO勝ちを収め、連勝記録を14に伸ばした[18]

2012年からは地元沖縄の琉球ドラゴンプロレスリングに参戦している。

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
39 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
28 8 6 14 0 4 0
7 1 0 5 1
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
室伏シンヤ 2R 4:11 KO(喉輪落とし→パウンド) PANCRASE 295
【ストロー級キング・オブ・パンクラス タイトルマッチ】
2018年4月15日
北方大地 2R 0:48 チョークスリーパー PANCRASE 283
【ストロー級キング・オブ・パンクラス タイトルマッチ】
2016年12月18日
八田亮 3R 3:47 TKO(パウンド) PANCRASE 278 2016年6月12日
阿部博之 5分5R終了 判定2-1 PANCRASE 271
【ストロー級キング・オブ・パンクラス決定戦】
2015年11月1日
伊藤崇文 3R 0:27 チョークスリーパー PANCRASE 268 2015年7月5日
小塚誠司 2R 1:39 TKO(パウンド) PANCRASE 265 2015年3月15日
曹竜也 5分3R終了 判定2-1 TENKAICHI 74 2014年12月14日
井島裕彰 3分3R終了 判定3-0 PANCRASE 259 2014年6月29日
ジャン・ヨンホ 1R 4:33 腕ひしぎ十字固め TENKAICHI 70th Anniversary 2013年3月2日
田原しんぺー 5分3R終了 判定3-0 PANCRASE 252
【フライ級キング・オブ・パンクラス タイトルマッチ】
2013年9月29日
島袋力 5分2R終了 判定3-0 PANCRASE 250 2013年7月28日
ヤックル真吾 1R 4:23 KO(跳び膝蹴り) 坂口道場×パンクラス合同興行 2013年4月21日
宇都木正和 5分3R終了 判定3-0 PANCRASE 2012 PROGRESS TOUR 2012年11月10日
三谷敏生 1R 2:48 腕ひしぎ十字固め PANCRASE 2012 PROGRESS TOUR 2012年5月20日
阿部博之 3R 4:10 TKO(パウンド) PANCRASE 2011 IMPRESSIVE TOUR
【フライ級王者決定トーナメント 決勝】
2011年12月3日
松永義弘 5分3R終了 判定3-0 PANCRASE 2011 IMPRESSIVE TOUR
【フライ級王者決定トーナメント 1回戦】
2011年8月7日
× 清水清隆 5分3R終了 判定0-2 PANCRASE 2011 IMPRESSIVE TOUR
【スーパーフライ級キング・オブ・パンクラス タイトルマッチ】
2011年6月5日
清水清隆 5分3R終了 判定1-1 PANCRASE 2010 PASSION TOUR
【フライ級キング・オブ・パンクラス タイトルマッチ】
2010年12月5日
田原しんぺー 3R 2:32 KO(バスター) PANCRASE 2010 PASSION TOUR
【フライ級王座次期挑戦者決定戦】
2010年9月5日
佐藤ハヤト 1R 2:31 TKO(パウンド) PANCRASE 2010 PASSION TOUR 2010年4月29日
× 清水清隆 5分3R終了 判定0-2 PANCRASE 2010 PASSION TOUR
【フライ級キング・オブ・パンクラス タイトルマッチ】
2010年2月7日
廣瀬勲 5分3R終了 判定3-0 PANCRASE 2009 CHANGING TOUR
【フライ級キング・オブ・パンクラス タイトルマッチ】
2009年10月25日
江泉卓哉 1R 4:35 KO(左フック) PANCRASE 2009 CHANGING TOUR
【フライ級キング・オブ・パンクラス決定戦】
2009年6月7日
清水清隆 5分2R終了 判定3-0 PANCRASE×REAL vol.1 MMA vs ROCK 2008年6月29日
× 藤原大地 2R 0:09 KO(左ハイキック) PANCRASE 2007 RISING TOUR 2007年9月30日
吉本光志 5分3R終了 判定0-1 PANCRASE 2007 RISING TOUR 2007年9月5日
村田卓実 5分2R終了 判定2-0 PANCRASE REAL 2007 2007年4月8日
藤本直治 5分2R終了 判定0-0 PANCRASE 2007 RISING TOUR 2007年2月4日
ホベルト・マツモト 1R終了時 TKO(ドクターストップ) CAGE FORCE 01 2006年11月25日
× 井上学 5分2R終了 判定0-3 PANCRASE 2006 BLOW TOUR 2006年9月16日
ラス・ミウラ 5分3R終了 判定3-0 PANCRASE 2006 BLOW TOUR 2006年1月26日
築城実 1R 4:21 三角絞め パンクラスZ in 熊本 2005 2005年9月3日
亀田雅史 5分2R終了 判定0-1 PANCRASE 2004 BRAVE TOUR 2004年8月22日
× 亀田雅史 1R 3:52 反則(頭突き) PANCRASE 2004 BRAVE TOUR 2004年6月22日
× 志田幹 5分2R終了 判定0-3 PANCRASE 2004 BRAVE TOUR 2004年2月6日
× 前田吉朗 5分2R終了 判定0-3 PANCRASE 2003 HYBRID TOUR 2003年5月18日
渡辺匡宏 2R 1:17 フロントチョーク PANCRASE 2002 SPIRIT TOUR 2002年11月30日
和知正仁 5分3R終了 判定2-1 PANCRASE 2002 SPIRIT TOUR 2002年7月28日
"ランバー"ソムデート吉沢 5分3R終了 判定2-0 DEEP2001 4th IMPACT in NAGOYA 2002年3月30日
出口直樹 5分2R終了 判定2-1 PANCRASE 2001 PROOF TOUR 2001年6月26日

キックボクシング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 藤田大和 3R 0:50 KO(ボディ連打→左フック) RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 Final ROUND
【RIZIN KICKワンナイトトーナメント 準決勝】
2017年12月31日
× 石川剛司 3R終了 判定0-3 SHOOT BOXING 2009 武志道-bushido- 其の弐 2009年4月3日

獲得タイトル[編集]

  • 第1回アマチュアパンクラスオープントーナメント 60kg未満級 優勝(1999年)
  • 第2回アマチュアパンクラスオープントーナメント 60kg未満級 優勝(2000年)
  • 初代フライ級キング・オブ・パンクラス王座(2009年)
  • 初代スーパーフライ級キング・オブ・パンクラス王座(2011年)
  • 初代ストロー級キング・オブ・パンクラス王座(2015年)

脚注[編集]

  1. ^ 第1回アマチュアオープントーナメント パンクラス公式サイト
  2. ^ 第2回アマチュアオープントーナメント パンクラス公式サイト
  3. ^ [パンクラス] 6.22 後楽園:近藤、あわやの苦戦 BoutReview 2004年6月22日
  4. ^ [パンクラス] 8.22 梅田:前田、ゾンビの執念にガックリ BoutReview 2004年8月22日
  5. ^ 【ケージフォース】中原太陽が未知の強豪に一本負け、光岡と井上は快勝 格闘技ウェブマガジンGBR 2006年11月25日
  6. ^ 【パンクラス】藤原大地が砂辺光久を豪快にKO。藤本直治は引退を表明 格闘技ウェブマガジンGBR 2007年9月30日
  7. ^ パンクラス REAL・ 6.29沖縄大会に関しての記者会見 パンクラス公式サイト 2008年6月4日
  8. ^ 【シュートボクシング】4・3宍戸が大苦戦の末に辛勝、梅野は大野を破る! 格闘技ウェブマガジンGBR 2009年4月3日
  9. ^ 【パンクラス】北岡悟が凱旋試合で貫禄の一本勝ち!初代フライ級王者は砂辺光久 格闘技ウェブマガジンGBR 2009年6月7日
  10. ^ [パンクラス] 不動心、円熟期へ。近藤、暫定ミドル級王座防衛 BoutReview 2010年2月7日
  11. ^ 【パンクラス】桜木が川村をKO!井上が王座防衛、VS修斗はパンクラス完全勝利(2) 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年9月5日
  12. ^ 【パンクラス】近藤有己が王座陥落!川村亮、清水清隆はドロー防衛 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年12月5日
  13. ^ http://efight.jp/result-20121110_6535
  14. ^ http://efight.jp/result-20130421_16113
  15. ^ http://efight.jp/result-20130728_20368
  16. ^ http://efight.jp/result-20130929_22345
  17. ^ [パンクラス] 砂辺光久×阿部博之でライトフライ級王座決定戦。三浦広光×KAZZも追加:11.1 有明 BoutReview 2015年9月9日
  18. ^ 【パンクラス】UFC帰りの日沖が2連勝、高谷は完封負け eFight 2016年6月13日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
王座新設
初代パンクラスフライ級王者

2009年6月7日 - 2010年2月7日

次王者
清水清隆
前王者
王座新設
初代パンクラスライトフライ級王者

2011年12月3日 - 2015年9月9日

空位
次タイトル獲得者
神部建斗
前王者
王座新設
初代パンクラスストロー級王者

2015年11月1日 - 現在

次王者
N/A